調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

≪NHKマイルC≫とおる観戦記~新たな歴史を作った名牝誕生の瞬間

2005/05/08 21:16 とおるのコラム

桜花賞を制した馬が、距離適性を考え臨んだNHKマイルカップ。


勝ったのは、ラインクラフト・・・


以下、続く

とおる氏の予想が発走前に掲載できませんでしたので、ここで掲載いたします。なお、早く確実にとおる氏の記事を読みたい方は厩舎掲示板にて、ご覧になれます

桜花賞を制した馬が、距離適性を考え臨んだNHKマイルカップ。


勝ったのは、ラインクラフト。

圧勝といっていい内容だった。
ラインクラフトは、中団からレースを進めた。
進路は、内側。
これが最大の勝因だろう。
芝コースの内側は、かなりいい状態で、先行してもすぐにはバテない。


また、外から差し切る馬はなかなか現われなかった。


主戦の福永騎手は、先団の少し後ろを進み、タイミングを見て追った。
力強い末脚は、本当に素晴らしかった。
もうあの位置取りを福永騎手がしたときは、もう勝たれたと思いました。
それくらい鮮やかな騎乗だったと思います。


正直、桜花賞からあまり間隔がなく、この激しいレースは厳しいと感じていましたがそれを覆した走り。
見事としかいいようがない。
初めてクラシックホースがこのNHKマイルに参戦したが、すぐに力の違いを証明した。
変則2冠達成。
このNHKマイルに新たな歴史が生まれた。
そして、馬自身も新たな挑戦が始まるだろう。


話を戻すが、福永騎手は本当に騎乗技術が向上している。
引退した岡部騎手も言っていたが、最近クラシックホースに乗る機会も増えている。
キングカメハメハやネオユニヴァースなど本番には乗っていないが肌で感じている。
騎手にとって貴重な経験…と、岡部騎手は語っていました。
このラインクラフトは、デビューから乗り続けている馬。
その馬で制し、人気もある馬。
だからこそ、自信にも繋がるだろう。


関西には、武豊という日本の誇る天才騎手がいる。
もう武豊騎手一人勝ちの時代は、終わりを遂げる気がする。
武豊騎手を脅かす天才肌の騎手がようやく本格化した感じがします。
父である洋一氏のような華麗さも加われば、本当の一流騎手となれるだろう。


2着は、デアリングハート。

今年の牝馬もレベルが高い。
分かってはいたが、デアリングハートがここまでしぶとく粘るとは…。
エイシンヴァイデンがかかり気味に逃げて、その後ろをディープサマーやビッグプラネットが追走。
その後についていったことが、最後の粘りに繋がった。


テン乗りとなった後藤騎手の好騎乗でしょう。
調教も良く、桜花賞後疲れが出たと聞いていたがそんな素振りもなく走っていた。
この馬の配合から、マイルは男馬を相手にするには長いと思ったが、本当にうまく乗ったし、頑張ったと思います。
府中のマイル戦を克服した今、牝馬同士の重賞なら、すぐに手にするだろう。



3着は、アイルラヴァゲイン。

レースの流れだから、仕方ないがもう少し前に位置していれば、ラインクラフトと接戦を演じていたかもしれない。
2着に首差は、本当に惜しかった。


パドックで本当に良く見えた。
父もそうだったが、春の時期はあまり良く見えなかったが秋になり、急激に成長した。
それが父であるエルコンドルパサー。
ただ、母方が単調のメドウレイクが入っているため、この力が維持できるかが心配だが父の血が優先されているなら、面白い。
父は偉大だが、それに近い成長があると感じた。
本当に楽しみな馬です。


4着は、ペールギュント。

差し馬にとって流れも向かなかった。
だが、武豊騎手もいつもより前に位置して走っていた。
ラインクラフトの少し後ろくらいを。
だが、コース取りの差がかなり出た気がしてならない。
馬場の真ん中から外目に進路を取ってしまった結果、いつもの切れ味が見れずに終わってしまった。
それくらい今の府中の馬場は、止まらない。


マイル適性があり、期待したが多少疲れも出ていたかもしれない。
陣営は、ダービーに出したいだろうが血統的にも将来がある馬。
昨年夏から使い詰めのため、このまま少し休ませたほうがいい気がする。


5着は、セイウンニムカウ。

この馬も位置取りの差が出ての敗戦。
伸びてはいるが、前半の位置取りが後ろ過ぎた。
レースの3ハロンの上がりが34.2では、ものすごい脚を使わなければ届かない。
差し馬に取って、辛い流れだった。
このレースは、予想通りあまり速い流れにならなかった。
レースの上がりタイムや6着・エイシンヴァイデン、7着・ビッグブラネットが粘っている結果を見れば分かると思います。


この流れを読み切った福永騎手の判断力、それに答えたラインクラフトの器用さが見られたレースだと思います。
今年に限っては、流れも落ち着き、例年に比べてあまり消耗度の激しくないレースだったと思います。
変則2冠を手にしたラインクラフトのこの先が本当に楽しみです。



付記


とおる氏の予想が発走前に掲載できませんでしたので、ここで掲載いたします。とおる氏の記事は厩舎掲示板にてご覧になれます

≪NHKマイルC≫とおる氏の予想


3歳のマイルGⅠ・NHKマイル。
過去に9回行なわれた。
歴史の浅いGⅠレースだが、衝撃の印象をいつも受ける。
舞台は、府中。
このコースは、府中が改修される前から荒れる傾向にあった。
スピードだけでは、通用しないコース。
底力とパワー、そしてスタミナが要求される。
第一回目のレースでそれを実感した。
また、3歳のこの時期で体が出来ていない時期のマイルGⅠ。
以前、別な場所でもコラムを書いて話したことがありますが、このレースの消耗度は異常に激しい。
鮮やかに勝ったとしても、この後の競争生命は、補償できない。
それぐらい、壮絶な戦いとなるのがNHKマイルカップです。
しかし、歴史的名馬も生まれるレースでもあります。
シーキングザパール、エルコンドルパサー、クロフネ、キングカメハメハ。
日本競馬の歴史に名を連ねる名馬が歴史の浅いこのレースで生まれている。
それだけ価値のあるレースでもあります。
話は長くなりましたが、予想をしたいと思います。
◎ ペールギュント
○ ビッグプラネット
▲ インプレッション
△ マイネルハーティー
本命は、ペールギュント。
このレースは、先にも話しましたがスピードとスタミナ、パワーを全て要求される。
ペールギュントは、これに当てはまらない馬です。
何故、本命にしたか?
これは、平成13年のNHKマイルに当てはまるからです。
例年見ると、強烈に飛ばす逃げ馬が何頭かいた。
しかし、いまやダービーが外国馬に解放され、強い馬はダービーを目指すようになり、ダート部門も整備されてきた。
今年の場合、スピード任せに飛ばす馬が見当たらない。
これはまさに13年型。
中団付近に位置して、差し切るレース。
13年に勝ったクロフネは、エンジンのかかりが遅い馬だったため、ギリギリ差したが、近走の走りを見る限り、確実に切れ味を生かせるペールギュントの決め手がこのレースに生きると思います。
手綱も武豊騎手に戻り、万全の態勢で臨める。
ただ心配なのは、昨年7月の阪神競馬から休みなく使われている点が気になる。
今まで酷評してきた馬だが、この馬の末脚には魅力がある。
経験を武器に、頂点に立てる気がする。

対抗は、ビックブラネット。
13年もグラスエイコウオーが気分良く逃げ、クロフネを苦しめた。
ビックプラネットの一人旅になるような気がしてならない。
アーリントンCのようにうまく溜めて逃げることが出来れば勝利も見えてくる。
皐月賞は、大敗したがあまり体力的に消耗していない気がする。
鞍上も蛯名騎手に強化された。
血統的にも昨年、姉のダイワエルシエーロを輩出し、クラシックシーズンに強い血脈である。
府中で困難の逃げを見せて欲しい。
単穴にインプレッション。
やはり、血統的に魅力がある。
母は、シェイクハンドでスピードは自信あり、サンデーサイレンスの勝負強さがうまくマッチすればハマる気がする。
好走しても人気にならないのが不思議な馬。
今期好調の松永騎手の久しぶりのGⅠ制覇を見たい。
あとは、マイネルハーティー。
内田博騎手の華麗な手綱捌きに注目したい。
また、馬の方も走るたびにしぶとさと強さが増してきた気がする。
狙っていたGⅠ。
軽視は、出来ない馬です。
今年は、傑出した馬がいないがこのレースから一気に飛躍する馬がいるかもしれない。
それくらいの原石が揃っている。
壮絶なマイル戦。
激しく熱いレースに期待したい。
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/97-a403a0dc

[コメントの投稿] ≪NHKマイルC≫とおる観戦記~新たな歴史を作った名牝誕生の瞬間




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。