調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

【再録】サンエイサンキュー事件に関して(2)~12年後の工作

2011/03/09 13:59 競馬雑記 [サンエイサンキュー 競馬「裏」事件簿 ]

こちらは、2004年に書かれたものです。 某競馬本の「サンエイサンキュー事件を再検証する」という題で書かれた記事について、 そのスポーツ紙擁護論に、強い違和感と憤懣がありましたので、書いたものです。

・・・やっぱり内容は青臭いです(^^;


12年も経ってからのサンエイサンキュー事件

関連記事:田原元騎手に思う
「騎手と記者と」初出 2004/10/05(掲示板『12年も経っちゃうとなぁ』)
「馬と人間と」初出 2004/10/17(掲示板『ヴァルキリーさんの書き込みで思い出したこと』)
2004/10/24 再録

騎手と記者と

競馬ネタに飢えた私が競馬雑誌を買いに行くと、そこに目当ての競馬雑誌はもう無かった。代わりに『競馬「裏」事件簿』(宝島社)という雑誌が。。

その中で気になるネタが一本。 「12年目のサンエイサンキュー事件」なる記事が高岡弘氏によって書かれていた。 このサンエイサンキュー事件なるもの、もはや12年が経過し、ご存知で無い方も多いと思う。 まぁ、早い話が「田原(元)騎手」と「関東サンケイスポーツ」のサンエイサンキューという馬に関する発言から始まったイザコザである。

若い方には、「昔のどうでもいいような揉め事」なんですけどね。 ただ、競馬の取材とか競走馬の管理という面で、一石を投じた事件なのでした。

この「田原騎手の'爆弾'発言を再検証」を読んでみて、こりゃ参ったなぁ・・・とは感じた。 どういう内容かは実際に買って読んでとしか言えないのですが。 一応、私はこのときのことに関しては、サンスポ批判派の立場でアレコレと書いたしね。

いまさら12年前のこと持ち出されても、国立国会図書館に行って、当時のサンスポやら他のスポーツ紙や、氏が反サンスポ派記事として挙げられている競馬雑誌を探し出して検証せねばならない状態である。 新たな発見や有力な新証言もない記事なのに、12年も後になって書くような記事なのかな。 個々の部分部分についての疑問点も書きたいが、いまさら12年前の、しかも新たな材料もない状況で、的確なことも書けないと思うけど、私の感想。

第一に、氏の言うような「田原騎手によって競馬法、施行規定違反の疑いがある発言がなされ、それを見逃さずに書いた水戸記者に・・・」という書き方が引っ掛かる。 これだと他の媒体で事件を知らない読者が読めば、「サンスポは、競馬運営上の問題を見逃さずにきちんと記事にした」という素晴らしい新聞ということになる。

しかし一方、片山氏(当時サンスポ記者、このサンスポの報道姿勢を問題だと認識していた)の競馬雑誌の記事には、片山記者がサンスポ紙の一連の田原報道について、自社のデスク(サンスポ)と議論したとき、「面白かったろう?それならいいじゃないか」「おまえも組織の人間なんだから、会社の方針に従え」という結論であったことを書いている。

このあたりのエピソードについては、全く触れられていない。

報道マスコミとしての使命か、ゴシップ煽りの放火犯か、この温度差について、何も述べられていない点が腑に落ちない。

というか、「2着に来れば坊主になる」というサンスポ記事と 「あそこ(「このデキでG1を勝とうなどと思うのは甘い」)まで言って、これで来たら、阪神タイガース(優勝)の例もあるし、頭を丸めなきゃならんかな」という発言と、この二つを、同等同質の発言としてゴッチャにしているのは、ちょっと問題がある気がする。

この二つには、言っている内容は似ているが、ニュアンスは大分違うように感じられる。 確かに文言としては微妙な線(競馬法違反など)にきているかもしれないが、しかし揚げ足取りしたいのか、本当に由々しき発言として取り上げたいのか、そこで記事の扱いが変わってきたと思う。

そもそも、この「現場でその発言を聞いていない水戸記者が、発言者の趣旨をきちんと把握していたのかどうか。また取材を重ねて、真実を把握しようとし、正しく伝えようとする意識がサンスポにあったのかどうか」がサンエイサンキュー事件のそもそもの根源ではなかったか。

この肝心な部分について、今回の検証記事は、巧くかわしているように感じる。 私が、全体としてどこが歪んでいるような感覚を覚えたのは、このあたりなのかもしれない。

第二に、これが不可思議なのだが、 競馬雑誌でサンエイサンキュー事件の検証記事を組んだとき、「残念ながら、ここには当時の新聞(サンスポ)を転載することは出来ないが」とある。

それなのに、12年経ってからの、このサンスポ擁護記事については、しっかりと当時のサンスポ紙面が掲載されている。 これがどうにも引っ掛かる。

なぜ、今回のサンスポ擁護の記事になって、あっさりと掲載できているのか。 なんか奇異な感じが漂っちゃうんだよね。

私には、この際、他の誰かに、このサンエイサンキュー事件をもうちょっと深く再検証して欲しい気がした。


≪今の私が振り返ってみて(2011年3月)≫

まず第一に、文章がめちゃめちゃですね(^^;

それと、ディープインパクトの薬物騒動も、こうやって密かに情報操作されるのかと思うと、ちょっと怖いところもあります。 というか、このサンエイサンキュー事件粉飾があったからこそ、イプラ事件の粉飾に楔を打ち込もうと、敢えて書き残そうと思った動機となったんですよね。

当時を知らない方に言いたいのは、 サンエイサンキュー事件を知るために、この再検証記事を読むな!とは言いませんが、 もし真実を知りたいなら 当時の競馬雑誌(競馬最強の法則、競馬王など)また 当時のNumber も、併せて読んで欲しいですね。 そうすれば、より正確な状況を知ることが出来ると思います。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/772-9d100be5

[コメントの投稿] 【再録】サンエイサンキュー事件に関して(2)~12年後の工作




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。