調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

調教において時計以外に診ていること

2011/01/22 22:16 調教通信資料室 [調教診断 有馬記念 ヴィクトワールピサ トゥザグローリー 距離適性 ]

週に一つ、とにかく何かを書いてみよう・・・と思ったのですが、 ん~・・・、ネタが見つからない。。。

休養前のブログを知らない方のためにも、私の調教診断の話でも書いてみます。 今回は 調教診断でも、(能力)指数以外の部分について、好きに書いてみます。

私が調教通信を出すときには、調教を解析して 能力を算出し、それを調教指数として出しています。 でも、それ以外にも、調教からヒントを得ることってあるのです。


馬の賢さ、器用さ、走りの良さ

記憶の新しいところで、まずは先日の有馬記念から。

まずブエナビスタです。 牝馬で使われているのに、落ち着いた走りと素直な反応を見て取れました。 これなら気性も問題も無さそうなので、脚質を問わないだろうな・・と。 そして、鞍上の指示に対して スムーズに反応したことからも、中山コースでも何とかなりそうかな・・と。 調教通信で「素直な娘」「自在脚質」と書いたのは、競馬雑誌などの予備知識ではなくて、 調教の様子から 判ったことでした。

これは2009年の菊花賞 8番人気で優勝したスリーロールスも似ていますね。 この子も、ほんとに素直な良い子で、折り合いは付いていたし、動けと指示すれば スッと動いた。 これなら菊花賞で面白そうだと思いました。 ましてや内枠ですから じっと走力を温存して スパッと差し切る という 長距離戦に適していると感じたものです。

菊花賞の長距離適性と言えば 同じ年の菊花賞、6番人気で3着のセイウンワンダー。 大型馬だから菊花賞はどうかな?と思っていたけど、この子は調教を頑張っていたし、 長距離に耐えうるスタミナを付けていました。だから、下馬評のような距離不安なんて無かったのです。

でも、セイウンワンダーって、ちょっと気を抜くというか、馬を励ましてあげないと 気が抜けちゃうんですね。 こういう馬に、福永騎手というのは不安だったのですが、結果として その不安が的中してしまいました。 騎手が馬の力を信じきれずに 脚を溜め込んでしまい、この馬に適さない切れ味勝負に持ち込んでしまった。 しかも、JRA騎手症候群の悪い癖で 馬を追えないと来た。 あれが外国人騎手なら 間違いなく 優勝できていたと思います。

有馬記念に話を戻すと、優勝したヴィクトワールピサ。 距離不安が囁かれましたし、騎手のコメントなども距離適性に課題があるような話でした。 ただ、調教を見ると、首の使い方とか良いですし、素直ですし、2400前後で不安のあるようなものではありませんでした。 結局、距離適性とされていたのは、そうではなくて、脚の使い方とか馬の経験不足からくるものだったのかもしれませんね。

調教悪い兆候が判ることがあります。これもよくあることで、 先述のスリーロールスセイウンワンダーも菊花賞で走ったあと、有馬記念で調子が落ちました。

印象深い2頭の 「無敗馬が負ける予兆」

同じく 菊花賞で優勝のあと調子を落としたと言えば、 有馬記念で土が着いたディープインパクトもありましたね。 併せ馬で 反応の悪さに、相手が戸惑ったかのような場面があったような記憶があります。

また、同じく無敗だったロジユニヴァースが皐月賞で惨敗したときも 映像的に 異変がありました。 このときは、首が伸びてはいるのですが、少しくたびれているというか、余裕の無い表情動作が気に成りました。

調教を見ていたはずなのに、このような「無敗馬の不調」を見破れないというのは、 これから調教を見極めるように励めという教訓になりますから、許される部分もあると思います。

悪質なのは、調教で判断する気も無く、勝手な競走馬の能力評価で 調教診断として出していると疑わざるを得ない人間がいることです。

実は、この両馬のような 「無敗馬の不調(負け時)を見極める」というのは、 調教診断するものにとって、ここ一番の仕事を要求されます。 好調と祭り上げられる超人気馬に わざわざ抗って ダメ出しをするのですから、技術的にも 精神的にも 難しくもあります。 しかし、それを見破った時の感想としては、 複雑ながらも 大きな達成感があるものです。


こんな感じで、何も不思議な術を使っているわけでもないし、馬を見る目が良い訳でもありません。 基本的な部分を 素直な目で見るようにしているだけです。申し訳ないですが、それだけなんです。

色々な新聞やテレビの調教診断、いろいろな方の調教診断のブログなど、探してみてください。 真摯に調教を見ている方もいらっしゃると思いますし、違いもあると思います。 「調教診断」って難しくも奥のある世界なんです。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/769-3f6ee5fe

[コメントの投稿] 調教において時計以外に診ていること




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。