調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

騎手免許に危機感を持たせろ(騎手改革案 後編)

2011/01/18 00:00 競馬会に対して

私のJRA騎手の制度改革案は、前回の「騎乗数制限」だけではなく、 「免許更新制」とセットとなって、初めて機能するものです。 今回は いわば、騎手改革案の後編です。

(・・・まぁ、こういう 改革案立案ゴッコしている自分って、宇宙船設計図を描いている子供のようですね。)

先の騎乗数制限によって、「騎乗馬利権による談合体質」の利権構造にメスを入れて、 騎乗馬をより自由に得やすくすることだけでは、却って 「勝負に対する意欲を減退させる」ことに なりかねません。

そこで、騎手の免許更新制が登場するのです。 「え? 今までも そうじゃなかったっけ?」とお思いかもしれませんが、 私の考える更新制は、次のようなものです。


≪JRA騎手免許の 一年更新制≫

JRA騎手の免許の更新枠を120人に限定するものとし、 そして有効期間を一ヵ年とする。

騎手免許更新の優先権を以下の条件に沿って与える。

  1. 5年以内にGIを優勝した騎手、3年以内にGIIを優勝した騎手、1年以内にGIIIを優勝した騎手に、 更新第一優先権を付する。
  2. 1年以内に重賞に3着以内に入着した騎手に、更新第二優先権を付する。
  3. デビュー5年以内の新人騎手は、更新第三優先権を付する。
  4. 以上の優先権数を除いた 定数枠については、 過去2年のうち成績の良い 勝利度数(勝利数が同数のときは2着数で比較、以下同様)の順位に応じて、上位から一般更新権を与える。

これらは何を意味しているのかというと、 重賞で好結果を出すか、平場で勝利を得られないと、 騎手免許を取り上げる ということです。

また、日頃 成績が思わしくない騎手でも、 重賞で一発逆転する機会が与えられます (重賞で3着に入れば、自動更新となるため)。

新人騎手には、一定期間の恩情措置を与えます。

これによって、騎手は 勝利を目指さないと 免許没収 ということになります。

そして、不足する人数については、海外騎手・公営騎手で補充できる道を作ると良いと思います。 なお、障害免許については、省略いたします。

≪海外騎手短期免許・公営騎手短期免許騎手≫

  1. 海外騎手短期免許に於いては、3ヶ月更新の制度は維持する。 その期間に重賞勝利した者は、自動更新ができるものとする。
  2. 5年以内のGI優勝、3年以内のGII優勝、1年以内のGIII優勝した海外騎手については、 3ヶ月限定のJRA短期騎手免許を得ることができる。
  3. ただし、過去3年の累計制裁点が 規定を超える者については、 日本中央競馬会の審査による特別な認可を必要とする。
  4. 地方競馬の騎手も、これに準ずる。

個人的には 海外騎手をもっと増やしても良いと思います。

≪騎乗手当ての見直し≫

騎乗するだけで 報酬が与えられることも、騎乗利権の温床となっていると思います。 そこで、 騎乗手当てを減額することも必要になってくるでしょう。

「馬に乗ること」で満ち足りるようでは、スポーツに成り得ません。 やはり「馬に乗って、勝ちに行くこと」まで行かないと、勝負は生まれません。

一つでも上の着順を目指すように、本来は 騎手は賞金でお金を稼ぐようにしなければならないのです。

そのためには、下に手厚い付加金・補助金の類を抑制し、5着以内で報酬を得る賞金本位に立ち返るべきだと思います。

≪いかなる制度であっても腐敗する≫

改革案を提示しておきながら、こういうのも何ですけど、 制度は道具であり、運用するのは人間です。 ですから、こんな方法でも どんな方法でも ヤラズは起きるでしょう。

「仲の良い騎手に免許更新させてやりたい」とか考えれば、 それは起きることでしょう。

それでも、現状の騎手免許制度に適応した談合意識を粉砕するには、 制度改革というショックを起こすしかないと思います。

そして、最後に。 やはりJRAは、とくに裁決委員には、審判する実力を伴った威厳と実行力を持って欲しいものです。 そして 日頃から鋭く目を光らせ、騎手の小ざかしい小細工を戒めて欲しいものです。 アクション仮面に振り回されず、庇いヤラズに騙されなず、無気力騎乗を叱責する、そういう存在が求められます。

結局、競馬(レース)が腐るかどうかは、裁決委員の人間性に掛かっているのだと思います。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/768-ab3586a1

[コメントの投稿] 騎手免許に危機感を持たせろ(騎手改革案 後編)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。