調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

騎手に騎乗数制限を設けよ(騎手改革案 前編)

2011/01/16 16:05 競馬会に対して [JRA 騎手 ヤラズ ]

≪腐っているJRA騎手とレースぶりに、不満は多い≫

年が明けての新年開催も、売り上げ下降には歯止めが掛からない状況。 その原因の一つとして、「レースが面白くない」「無気力騎乗」があります。

極論を言う方からすれば、とにかく、動かない、勝負に行かない。。 「みんなと同じ乗り方だから、俺は悪くない」とばかりに、馬群でダンマリ 直線ペチペチ・・・だと。 そこに検量室でも ヘラヘラ笑って談笑している上位騎手は 高収入と来ている。

不景気の昨今、こんな ふざけた姿勢で 腑抜けな仕事をして 高収入を得ている一流騎手などに、 応援する気など起きるものだろうか?と苦笑してしまいます。

そんな中、昨年末の外国人騎手の怒涛の好結果で JRA騎手のヘタレが明々白々に証明されてしまった。 外国人騎手の勝つための攻めの騎乗、勝つための賭けの騎乗に目を見張るとともに、 これで「やっぱり、JRA騎手は ヘタクソ」と再確認した人も多いと思います。

ヘタクソで、真剣さが無く、言い訳ばかりで、高収入。 かててくわえて、外国人騎手や地方騎手の受け入れを批判するまでの 恥ずかしい限りのへたれっぷり。 こんな騎手、いや こんな人間、誰が応援するのでしょうか?と不思議です。 そして、こんな騎手で負けた馬券を買ったファンは、どう思うのでしょうか?


≪私が愕然とした 「人間関係ヤラズ」≫

調教分析のブログ主としては、 競走馬の仕上げには 浮き沈みがあることは 確信していますし、それを否定することでもありません。

しかし、そんな私が 衝撃的だったのが、馬とは関係の無い「庇い(かばい)ヤラズ」でした。

それは或る宝塚記念で、騎手ラインの先輩格の馬に不利を受けた騎手が、追うのを止めたことでした。 この馬の好調さは調教から判っていたので、不満でした。 そして、追わず凡走のその馬は、次のレースで人気を落としながら馬券に絡んで そこそこの高配当を演出しました。

なぜ、仲間の騎手に不利を受けると追わないのか。 理由は、こうです。 裁決のガイドラインとして、「不利を受けても脚色が無いと、懲罰が軽く済む」のです。

すると、「脚色が無いフリをして、懲罰逃れをさせてあげて、保険として仲間に貸しを作る」ということが起きます。 先ほどの宝塚記念の例がそうです。また、問題のオークスのときも そうでした。

これを逆に言うと、残った脚色を見せれば、降着劇が発生します。昨年のジャパンカップを思い出せばお分かりでしょう。 エリザベス女王杯の降着劇も、騎手間で感情的もつれがあった関係でした。

裁決委員の多くは、手腕不足 もしくは 判ってても手出し出来ないため、 追わない騎手に 騙されているか、舐められているのです。

不利を受けたレースで消耗するよりかは、余力を残して 次に臨む・・という意味合いも確かにあるでしょう。 しかし、余力を残したからといって 次に 馬が好調かどうかは 誰にも判らないのです。 ですから、勝ち負け確実な余程の実力馬で無い限り、そんな言葉は 言い逃れと言って良いでしょう。

厩舎が懸命に仕上げた大舞台だというのに、、 騎手の身勝手な思惑によって、競走馬の晴れ舞台が犠牲になるというのは、本当に悔しいことでした。 だから、これらのシガラミヤラズを知ったときは、衝撃を受けたものでした。

ちなみにタイプが違うヤラズですと、 また某騎手などは 飴と鞭で子分仲間を作り、自分に有利な状況を作っていることも、良く言われる話です。 古典的なものでは 騎手引退日のレースで 空気を読んで 手加減するケースもありますね。。

≪競馬のスポーツ性を腐敗させたエージェント制度≫

エージェントというのは、代理人です。 そもそもは 騎乗馬の調達や 厩舎への営業などを忙しい騎手に代わって行なう存在でした。

以前は 認められていなかった制度でしたが、近年になって 制度として公式な存在となっています。

しかし、一部のエージェントが一流騎手を含め 複数の騎手を抱えるようになると、 今度は エージェントの仲間が 一体の利害組織として動き出します。

有力エージェント組織に入っておけば、騎手は 騎乗数が確保できる。 また、厩舎からしても 有力騎手への騎乗する人脈として、エージェントに一目置かざるを得ません。

「純粋な人馬の勝負」という力学だけでなく、競走にエージェントなどの利害関係の力学が働きます。 騎手にとっては、エージェント組織下の安定した騎乗数は、堅実な生き残り策として麻薬のような存在でしょう。

そこで垣間見せたのが、、先ほどの宝塚記念やオークスの庇いヤラズなのでした。

ちなみに関東騎手没落が目立ったのは、関西よりも その組織化が先んじていたからでしょう。 しかし、もはや 関西でさえも、公営騎手や外国人騎手よりも ヘタレ化していることが、 見えてきている状況です。

さらに、「レースを壊さない」という暗黙の雰囲気があるそうです。 これで 2流以下の騎手にとっては さらに動きづらい心理状況を生み出します。

JRA騎手には、ハングリー精神や、スポーツ性を見せる 気力が、失われつつあるようです。 そんな騎手に、ハラハラドキドキのドラマ性を生む力は無いでしょう。 そんな競馬に、ファンの一部は 呆れ始め、失望しつつあります。

≪騎乗数に制限かけろ≫

これを解決するには、「騎乗数の制限」です。

これにより、エージェント組織による騎乗馬の寡占化を防ぎ、 「騎乗馬の確保」という利権を抑制するのです。

騎乗数制限により、 一流騎手も 否が応にも 、有力馬や有力馬主を優先させることになり、 それなりの結果を目指さざるを得ません。

また、これによって、騎乗数の少なかった騎手にも、騎乗機会が増えることになります。 そこで多くの騎手の実力が試され、人気薄の馬で果敢に勝負を挑むようにもなり、 レースに動きが生まれ、騎手の切磋琢磨が活発化することでしょう。

≪「騎乗保障特例」≫

私は「一日あたり、3鞍」でも充分だと思います。 また、特例として「騎乗保障制度」、すなわち「一定数までの登録で、その登録騎乗馬に関しては 制限外の騎乗が許される」というものはあって良いとは思います。 これは「有力騎手の騎乗関係を安定させること」が目的です。

ただ、これを緩めすぎると、騎乗数制限の効力が消えますので、許されるのは数頭まででしょう。

付記(23:00)・・・現状で 単純に 実際に 一日3鞍にしてしまいますと、 騎手の人数が足りなくなってしまいます。この点は、私の思慮不足・説明不足でした・・・(^^; でも、海外騎手や公営騎手の受け入れ枠の拡充、騎乗保障特例の拡充などを行なうことも併せて、5~6鞍までの制限で良いのではないでしょうか。ただ、騎乗数を皆に行き渡らせる施策と併せて、騎手の褒賞制度・賞金制度に 格差を設けることも必要です。でないと、却って 勝負への意欲を減退させてしまう危険があることも付記しておきます。

≪渋いコンビよ、甦れ≫

かつては、一流騎手じゃない、2流3流の騎手だけども、 「この馬には この騎手」という存在が 一つの話題でした。 そして、それの多くは、逃げ馬だったり 追い込み馬だったり、癖馬だったりしたものです。 そして、華の無い騎手の 愛馬に対する思い入れも、競馬の舞台裏として 一つの味わいでした。

今、不景気の昨今、むしろ こういうコンビこそが、注目され 共感される騎手像ではないのかと思います。

そのためにも競馬会には、騎乗馬の寡占化を駆逐し、騎乗機会を広げて欲しいと思います。 多種多様な人馬が、レースの予想も レースの成り行きも、面白くさせることと思います。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/767-6aa24729

[コメントの投稿] 騎手に騎乗数制限を設けよ(騎手改革案 前編)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。