調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

〔東京優駿〕調教通信的回顧~アンライバルド編

2009/06/20 18:59 「競走馬」個論 [アンライバルド ダービー 皐月賞 折り合い 調教 ]

前回で「ロジユニヴァース編」と銘打ってしまった以上、こっちも書かなくてはいけないような責任感が出てしまいました。 回顧記事としては異例の遅さですが、私が記事を書くのは ペースに限界があるので仕方ないですね。 調教通信を休眠中にしているからこそ 何とか書けそうです。

今回は「アンライバルド編」です。皐月賞で見事な勝ち方を披露し 一番人気となりながら、 馬場と気性難で 凡退をしてしまいます。

なぜ「折り合いを身に付けた」はずのアンライバルドが掛かって 凡退し、 なぜ「折り合い不安」が叫ばれたリーチザクラウンが 落ち着いて好走できたのか。

この2頭の違いはどこから来たのか、調教通信的に回顧してみます。

(6月14日 記事内 一部修正)

折り合い対策完璧のスプリングステークス≫

  • 11日 CW:97.2-80.4-64.9-51.1-38.4-12.8 一杯
  • 18日 CW:----80.1-65.2-51.0-37.9-12.7 強め 併せ先着

おそらく気性難とクラシック(距離)を考えてのことで、ここまで主調教は CW:6F~7Fの調教を重ねています。

かつては調教さえ困るような気性の難しい馬ということだそうですが、 調教では併せ馬で 落ち着いたペースも維持できており、そういう掛かり易い馬だとは感じませんでした。

「掛かる馬には見えなかった」ということは、そういう「気性対策の出来た調教」の裏返しでも有ると思います。 調教では 目一杯に仕上げないよう、将来 ダービーを勝たせようという意気込みが伝わってきそうな調教です。

《86》 派手に激しくはないが 充分に調教を消化してきているという感じで、好印象の調整。 【スプリング ステークス】調教通信'09

≪SLのような迫力の皐月賞

調教映像で この馬をじっくり診たのが、この時が初めてでした。

フォームや首・脚の動きなどは 普通でした。そして 首が若干 せせこましい動きが気に成る程度。 しかし、後肢・股関節の動きを見て 私は感嘆したのです。 それは 蒸気機関車の動輪のような、なにかドドドン ドドドン と音が聞こえてきそうなほどのダイナミックな筋肉の躍動でした。 それを調教通信では「走りの全体のモーション」という言葉で述べています。 速度(スピード)だけではなく 馬力(トルク)も持ち合わせている証でしょうね。 これは 坂路調教と平地調教の組み合わせが上手だからこそ出来ることです。

CW(不良):95.7-79.2-50.7-37.7-12.7 〔一杯 追走先着0.7〕
《88》 映像の様子を診ていて、掛かりクセのある馬だとは信じられなかったですね、そのくらい 余裕が感じられました。 中長距離馬にしては 首使いが ちょっと小ぶりな感はありましたが、馬場が悪かったせいかも。 走りの全体のモーションは とても良い素質のものがありました。これからもっと良くなりそうな走り。 あとは念のために、この仕上がりで 長距離輸送したときの、馬体点検などを。 皐月賞】調教通信'09 (1)

調教手法は 変わっていません。 私は、(馬場状態も考慮すると)前走よりも時計が速くなったので、 これは陣営側による調教強化と思ってしまいました。 今、回顧してみると それは間違いだったかもしれません。。 馬自身が強くなっていたことによる 自然な時計短縮だったようにも考えられます。 (調教を診るって 難しいと改めて思うわ)

調教通信でも書いたように、ここでも調教で折り合いは身に付いていたと思います。 実際、見事な勝ち方をしました。 最終コーナーの鋭い抜け出しは「戦闘意欲」と(先に述べた)「高馬力のトルク(=加速力)」が成せる業です。

≪丁半 勝負を賭けたか 日本ダービー

いよいよ 最大目標の日本ダービー。 ここまで折り合いをクリアし、見事な勝ち方を見せた この馬に、 陣営は 思う存分の勝負調教を掛けました。

  • 20日 CW:94.4-78.6-64.0-50.4-38.3-13.4 〔叩き一杯〕
  • 27日 CW:94.7-77.7-62.4-48.7-36.3-12.7 〔一杯 追走先着〕

これまでと異なるのは、3F時計が強化されたことです。 事実上の11秒台(調教としては異例な速さ)で駆け抜けています(その分 終いが甘くなっています)。 これは 12秒台で折り合いに釣り合わせてきた従来の調教とは性質が異なっています。

これまでの気性難の遠慮を解いて、勝負を賭けた調教と言えるかもしれません。

アンライバルド《92》
映像では 外の馬に遮られて 馬の様子が よく判りませんでした。 首の使い方が 皐月賞ほどでは無かった気もします。
切れ味と勝負根性を鍛えるような追い切りで、高い能力ならではの好時計です。 ただ、当週追い切りの併せ馬を ちょっと強引にやってしまった感がありますね。 それは 陣営としたら 目一杯の仕上げをしたという意図なのかもしれませんが。 ともかく これが吉凶 どちらに出るか、 どういう影響をもたらすのか、注意が必要です。
おそらく馬体重を減らしてくるのでしょうが、それがどの位の減り方なのか、 また当日のイレ込みや発汗などが無いか、調教強化の影響を点検すべきだと思います。 状態次第では 大外枠から引っかかる恐れも有ります。
【東京優駿(日本ダービー)】調教通信'09(1)

ただ、私は、調教映像を見ていて、違和感がありました。 実は、調教でミスを起こしていたのではないか?と・・・。

≪実は 調教失敗が起きていた?≫

さて、問題は 調教強化だけじゃない、その もっと奥に有ると 私はそのときから思っていました。 「ただ、当週追い切りの併せ馬を ちょっと強引にやってしまった感がありますね。」という件です。ここでは、その辺りも解説してみます。

当時の調教映像が手元にあるわけではないので、ここからは記憶を遡ることになりますが・・・。 そして ここからは 私の完全な推測です。

最重要調教となる当週追い切り。ここで、併せ馬が行なわれました。 それは 従来の追い切りのように 「併せ相手を先行させ、その後ろから追いかけて、直線では 程々の強さで併走させ、ちょっと先着させて終わる」 という形ではありましたが、中身の本質は違いがありました。

ダービーの追い切りで、周回部に来たころには、アンライバルドの併せ相手アドマイヤダーリンが、遥か先方まで走って行ってしまったのです。

そこで追いかける側の アンライバルドの攻め役は 何とか直線までに併せ追い切りの形にしようと、必死に追いかけさせました。

このときの終い4Fの調教ラップが [12.4-11.8×2-12.3]。 しかも、 周回部の11秒台は 馬場半ばを回ってきているので、実質は 11秒5 以速 に相当すると言っていいでしょう。

私は これが ダービーの調整に於いての失敗だったと思います。 もしかしたら 重め残りでもあったのかもしれませんが、 こういう気性と調教のバランスが微妙な馬に こういう強引な調教は、あまり芳しくありません。

距離延長となるダービーで、もともと気性難だった馬に、従来の調教とは異なった形で、 直前で「強力に速いラップで 前の馬に追いつかせる」ことをさせれば、当然 折り合い不良の危険は増します。

もし、併せ馬が失敗しそうだというときに、 臨機応変に 単走追い切りに切り替えていたら、結果が違ってきていたかもしれません。 しかし、眼前の 日本ダービー という権威の大きさに、それは なかなか酷な要求だとも思います。

≪復活を期待して≫

怖がって 仕上げ切れなかった ロジユニヴァースに軍配が上がり、 勝負にいったものの ちょっとしたトラブルと焦りが出たアンライバルドが 惨敗。

人気有力馬の双方とも 調教が万全では無かったのに、 枠順や 馬のタイプ、馬場状態など、その様々な要素が 勝負を大きく分けたような気がします。

あと、「瞬発力勝負の馬」と言われますが、私はそれは違うと思います。 この馬は、ペースを問わない馬だと思います。 もし天皇賞(春)に出走したら 3コーナーから仕掛けて 勝負できるぐらい、 有馬記念で 先行逃げ切ることが出来るくらい、 それほど融通が利くぐらい 馬と陣営には その可能性が有ると思ってます。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/731-d5aadc69

[コメントの投稿] 〔東京優駿〕調教通信的回顧~アンライバルド編




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。