調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

若りし時の日誌 『スリルと葛藤の宝塚記念 '93』(2)

2009/01/03 14:13 幼き競馬ファンの詩 [オースミロッチ イクノディクタス 宝塚記念 ]
若りし時の日誌 『スリルと葛藤の宝塚記念 '93』(1)の続きです。

前編のあらすじ・・・・独自の超時計指数で、まずは人気馬であるメジロパーマーメジロマックイーン、そして人気薄のイクノディクタスオースミロッチを抜擢した。 これの馬連BOXと考えたが、もし人気馬同士で決まると 配当が2倍程度で ガミる可能性が高く、また当時のJRAによる「1,000円単位発売」という無茶苦茶な制約もあり、資金配分が出来なかった。 そこで、イクノディクタスを泣く泣く外すことにしたのだが・・・。



土曜日、暑いくらいの晴天である。いったい 梅雨入り宣言はどうなっているのだろうか? この時点で気象庁を疑うくらいの聡明さが有れば 良かったのに・・・。

(中略)

「痛恨の購入ミス」

実は馬券を買うとき、ちょっとした事があった。

マークシートの記入ミスらしく(ダブリがあった)、何かおばさんが言うのだが、 それが自分の馬券か 人に頼まれていたものか、よく判らないので戸惑っていたら、
①-⑥,①-③,①-⑥ という馬券を手渡された。 後でよく考えたら・・・僕のだった。 抑えの ③パーマー=⑥マックイーン が抜けちゃったのだ!

・・・もう宝塚はダメかもしれない・・・
ブービー人気のオースミロッチからの流し馬券だなんて・・・。

オースミロッチが盲点となっていた理由」

オースミロッチが人気薄なのは 訳があったらしい。

近走では 連対どころか 複勝にもう貢献せず、京都記念では ブービー12着。 しかも京都でしか健闘していないという「コース相性(ジンクス)」もあった。

でも、僕に言わせれば、オースミロッチは重い斤量ばかり背負わされていた馬だし(58~61kg,今走 56kg)、 それに このオースミロッチ、これまでの古馬15戦のうち 9戦が京都。
元々 「コース相性」というものに あまり気を使わない僕にとって、このオースミロッチが そんなクセ馬とは思えない。 厩舎側もデキに関しては 自信がありそうだし・・・。

指数重視でタイムにこだわらない僕も、さすがに思った。
「何だよ、いくら凡退しているからって 秋の京都大賞典でレコードを出している馬なんだぜ!?
いつも "レコード勝ち"とか 大騒ぎするオマエラが みんなして無印かよ !? 」ってね。

「外れた天気予報 外したイクノディクタス

いよいよ、レース当日。
天気予報の「雨」でオースミロッチイクノディクタス 500倍馬券(当日は 270倍にまで落ちた)に未練を残しつつ、イクノディクタスを消し、 マークシートの記入ミスでパーマーマックイーンという鉄板の支えを失った。
手元にあるのは、オースミロッチパーマーと、オースミロッチマックイーンの2点だけ。 オースミロッチは 近走凡退続きのブービー人気馬、もう外れたも同然だろう。

僕は もう「宝塚」を見る気が無かった。サッカーを見ていた。
・・・が、やはり ちょっと見たい気がした。

阪神・・・馬場状態「良」!

・・・ズッコけた。
ぬわにぃ~? 良馬場だぁ~?!
じゃ、イクノディクタスは? イクノディクタスが? もし罷り間違って ①=②だったら?
そんなもんが入ったら、あまりの悔しさで何をするか判ったもんじゃない。

「気象庁のウソつきーぃ! この税金泥棒ーぉ! 雨だって言うから イクノディクタスを消したのにぃ!」
何を言っても 今さら 小雨が降り始めても、時 既に遅し。
出走のファンファーレ。

(次編に続く)

補足説明

「指数重視でタイムにこだわらない」
当時、予想の研究に熱を上げていたのが、「ペース展開の解析を含む時計指数」でした。 だから、時計指数系の予想スタイルでありながら、成績上の走破時計に大きく依存するものではありませんでした。
時計指数論は、当時 先進的なイメージの予想法でしたが、 言うまでも無く これはペースや位置取りに対応できない致命的な欠陥があります。
この展開解析時計指数に関する研究資料は あまり残ってはいない(今の予想法は まったく異なるアプローチなので・・・)のですが、 1992年の天皇賞・秋のトウカイテイオーを この展開解析に掛けると、「0.9秒の損失」と算出されていたようです。これは天皇賞は凡退でも その内容は評価していたことになります。
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/688-6e0f539c

[コメントの投稿] 若りし時の日誌 『スリルと葛藤の宝塚記念 '93』(2)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。