調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

ダイタクヘリオス死亡の報を聞いて

2008/12/14 06:23 競馬雑記 [ダイタクヘリオス ]

ダイタクヘリオスの死亡は、ちょっと心に刺さったニュースでした。 もしかしたら、このブログを見てくれいる半数以上の方にとっては 知らない時代の古めかしい馬かもしれませんね。

私が競馬というものを初めて知ったころの活躍馬で、 調教でも レースでも 闘争心を剥き出しにするような、負けん気の強い ちょっとクセのある馬でした。 追い切りでは 掛かっていって 終いバテバテになっちゃったり、天皇賞では メジロパーマーと喧嘩レースして トウカイテイオーをも巻き込む 超ハイペースの大波乱を生んでみたり。 この馬が レースで見せる この期待通りの負けん気は、レースの面白みの一つでした。

あとこの馬には ダイタクルビーとのロマンス(?)という話題もあったりなかったり。 マイル戦線では いつものように レースで出会い 着順を争う ヘリオスルビーの2頭。 これには当然 馬なり1ハロンシアターの餌食になりました(笑)し、また この漫画が さらに火をつけた感じでしたね。

あの頃から もう10年以上も経ったんだなぁ と感慨ひとしおです。

よく競馬論議で語られる 競馬の魅力として、「最強」とか 「世界(国際競走)」とかがありますが、 そういうものってのは「一般レベル」「国内レース体系」とかいうものが しっかりと存在して、その上で初めて価値が付くような 相対的なもの です。 極論すれば、全てが 世界レベルになったら、それは全てが平凡となるのです。 つまり「最強」「世界クラス」「ハイレベル」なんてものは、競馬そのものの魅力だけではなくて、ナショナリズムやヒーロー信仰というものまでが含まれているがゆえに 熱を持つものなのです。

1990年代を思い起こすと、オグリキャップメジロマックーントウカイテイオーなどもいましたが、 そういう名馬でもないのに 「強さ」とか「見た目」では冴えないのに、ナイスネイチャホワイトストーンという なぜかファンに愛されたキャラたちが思い出されます。さっぱり勝てないのに、いや 勝てなくても いつも通りに頑張る姿が そこにありました。その健気さを ファンは称えていました。

私の好きだったライスシャワーも名馬に挙げられたもしますが、実際には この馬も 4歳(当時は 5歳表記)の天皇賞・春以降、勝てない時期が長く続きました。当時のファンの私とすれば、「勝てない」でも「好き」だったのです。その華奢な馬体と、カワイイ表情。そして 当時は 「ヒーロー潰し」として 悪しざまに 冷たく扱われていた その淋しい立場も含めて、応援したい馬でした。

ダイタクヘリオスが名馬として扱われるかどうかは判りませんが、実績は充分に残せた馬です。そして こんな昔の馬でも、ニュースとして扱われ、また あちこちのブログでも取り上げられているようです。そのくらい この馬は競馬の思い出の名俳優 ということだと思います。競馬が 普通のギャンブルと大きく異なっている 素晴らしい部分ってのは、こういう思い出を共有できることです。そういうことを このダイタクヘリオスに 改めて 示唆されたようなお思いです。

競走馬の見せるキャラクター,競走馬に投影するキャラクター。 そういうものが競馬を盛り上げて、競馬の思い出に 「彩り(いろどり)」や「匂い(におい)」を加えていくんだな・・と思います。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/679-f11634e1

[コメントの投稿] ダイタクヘリオス死亡の報を聞いて




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。