調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

調教通信の適切な参考度合いとは

2008/07/19 16:18 調教通信資料室 [調教診断 調教評価 ]

久しぶりに、調教評価・調教通信の使い方について、調教診断している私自身の考えていることを、ちょこっと書いてみます。今更な内容ですが、ここ半年内で ブログを知った方も居られると思うので。

私は実際に調教を診たりもするし、また調教以外で予想をする人間でもあるので、 調教診断というものを どういう場合に効果的だったりするかを書いてみる意義はあるんじゃないかな?と思った次第です。


≪千差万別の馬が相手だけに、評価抜けは起きる≫

まず、調教評価というものは、調教や馬の状態の完全な把握が難しいために、 どうしても評価抜けの馬を出してしまうものです。

だから、調教評価だけで買うと、 時計指数などと異なり、普通に予想するよりも 抜けが出る確率が高めです。 (そのかわり 時計指数よりも 穴馬を察知する能力に長けている) もし集計してみたら、ワイドの回収率が最も高く出る気がします。

予想に調教診断を用いる場合は、常に「評価抜け」の危険を意識して置いた方がいいです。 明らかに悪い評価 でもなく、明らかに良い評価でもない、そういう場合に特に多く起きるようです。

予想してみて、買いたい馬が良い評価ではないとしても、それだけで消すのは 問題が多いと思います。 有力馬が「悪材料・好材料」のどちらでも無い場合は、調教評価軽視(スルー)の方向が良いと思います。

≪調教だけで勝敗が決まるものではない≫

また、競馬は 調教の良し悪しだけで決まるようなものではありません。 必ず、他の予想要素も絡ませておいた方が良いです。

馬の特性や騎手の特性は、コースとの相性なども絡んで、勝負の行方が変わってきます。 休み明けに減量騎手が大型馬に乗ってくるようなら 一絞りの叩き台かもしれませんし、 勝春は 小回りコースでダメだろうけど、藤田だったら 小回りで活躍しやすいでしょうし、 また内枠外枠、脚質、それぞれがさらに複雑に絡んできます。

調教診断のプロの多くが、調教(診断)だけで評価を得ようとするために、 調教診断に 勝手な予想の要素を多分に含ませる人が多いのは、 このような事情もあると思います。

私は 調教だけで判断するようにしているので、彼らよりかは 的中度は落ちることが仮にあったとしても 仕方ないと思ってます。 調教通信は 「馬券予想」としてではなく、「加工された情報」と捉えてください。

調教評価がカギとなる場面≫

調教評価 それ自体が そんな簡単なものではないので、万能とはとても行きませんが、 こういう事例では 見ておいた方が良いというものはあります。

(1)休み明け・・・仕上がり状態は 調教を見る場面です。
近年は放牧先の牧場で仕上げてくるケースがあり、かつてのような本数で評価はできませんが、 調教を診ている人間なら、放牧先で乗り込まれてきたかどうか、調教から だいたい判ります。 今は本数云々で語る時代ではありません。
また、仕上がりも把握できますが、残る問題は「馬自身の適応度」「調教後の輸送の影響」と「陣営のヤラズ」です。 こればかりはパドックや陣営の手法傾向しか 判らないでしょうね。
(2)潜在的能力馬・・・能力は有るのに 結果が出せない。そういう馬は 多く存在します。
馬の気質や気性によるもの コースや脚質などの適合度などもありますが、 中には 調教手法の不適合(ガレやすい牝馬のダート長追いなど)もあったり、 陣営の 馬に対する教育能力の低さ、身体的心理的なケアの未熟さなどもあります。
かつて 「能力はあるけど この陣営では結果が出ない」というように書いた馬が、転厩して 復活勝利した例もあるし、 厩舎の能力は 想像以上に大きい要素かもしれません。
こういう馬は コースや騎手などを変えてきたときに 戦いぶりが変わるときがよくあります。 ただ、逆に言えば、相変わらず 凡退する可能性も大きいということでもあります。
(3)調教異変馬・・・調教に異変があった場合です。
本来の調教量よりも少ない、軽度である。そういう場合、有力馬でも 凡退することがよくあります。 大型馬の脚部不安、若駒の歯替わり、前走の疲労残り、そういう場合で見られます。
逆に、もりもりと調教をこなしだした馬の一変も、ときに起きます。 これまでの不安箇所が解消できた場合なのです。
有力馬で、調教が軽い、あんまり評価できない、という否定材料が出てきた場合は、 取捨を再吟味してみる価値はあります。

以上のように、調教で察知できそうな部分もありますので、 そのあたりは 巷の調教診断と併せて 見てもらえると、いいのかもしれません。

≪調教通信の特徴≫

私の調教診断の特徴としては、 まず「人気に捉われ(とらわれ)ない」ことと、 そして「調教を評価するのに、指数と寸評の併用」、 さらに「あんまり調教映像を処理する能力が低い」あたりだろうと思います。

調教だけの評価を全面的に信頼されて、訪問者の予想を乱すことが 私は怖いです。 ですから、寸評で ちょっと調教以外の予想要素も 必要に応じて 書くようにしています。 本来は、調教評価で蛇足なものではありますが、 ここは予想のポイントだろうと思われるコース適性や騎手のタイプなど 専門外のことも書くことはそのためです。

あと、経験的な雑感ですが、3~7番人気あたりの高評価馬で美味しい思いをしやすいような感じがします。そのあたりで 高評価の馬なら、面白い配当になりやすい気がします。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/636-18e57f89

[コメントの投稿] 調教通信の適切な参考度合いとは




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。