調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

〔天皇賞・春〕回顧雑記

2008/05/04 21:45 競馬回顧 [回顧 天皇賞 ]

まずは・・・。
アドマイヤジュピタの調教を見誤ったことは申し訳ないっス。 見誤った原因は判ってます、診断していたときに判断に悩んでいた部分が現実化しただけだから。 これは経験不足が招いた失態です。


で、普通の回顧は 他でやってくれると思うので、気ままに私らしい視点で。

≪優勝:アドマイヤジュピタ≫

調教を見誤った原因は、近走の調教の不勉強と、今回の勝負仕上げによる急変に、私の判断が追いついていけなかっただけ。もっと馬を信じてあげるべきだった。

出遅れても 慌てずに、自分のペースを堅持したことが、岩田騎手の好判断だよね。 この騎手は 以前から長距離戦のツボが判っている騎手だと 先ほど思い出したよ。

メイショウサムソンをビッチリとマークし、きっちりと出し抜けを食らわし、差し返そうとするメイショウサムソンを封じる脚。 なんとなく 凱旋門賞ディープインパクトレイルリンクのような場面に似ていたね。 マークする立場 と マークされる立場 の違いが 改めて思い知らされました。 またマークした相手が「ペース判断でもっとも信頼できる武豊」と「実質実力馬筆頭のメイショウサムソン」であったのだから、 見事な優勝劇でした。

≪2着:メイショウサムソン≫

あれほどのハードな仕上げで、パドックでどうなるか?と気になってましたが、 私の目からするとパドックは良かったです。

適度な気合を持ち、生き生きとした目つき。ヤル気を見せていました。 そして、イレ込んでいなかったし、しかも 余所見をしたり、アクビまでしているのだから、精神的に余裕を持っているなと。 馬体も引き締まっていましたよ。腹袋がよく言われるけど、スッとしてましたよ。脾腹も絞れてましたし。 この時、「単勝勝負は頂いた」・・と思ってたんですけどねぇ・・・。

前走 大阪杯の敗因は 以前に述べたとおり。(→メイショウサムソン

今回、武豊が溜め殺しをしないと なぜ言い切れたか、その点を述べてみます。 理由は簡単です。今回の追い切りで 武豊が「バテないサムソン」を確信したはずだと思われたからです。

前走の追い切りは、よくある4Fからの好時計でした。しかも休み明けということもあり、大阪杯は普通の競馬をして 勝負にならなかった。 武豊のコメントなどの様子からして、「前走は 追い切り時計は良くて 能力は有るはずなのに、なぜだか反応が悪かった。」と考えたかもしれない。

この天皇賞の一週前の調教を付けた武豊は、栗東DWの5F前から速いラップを出し、さらに速いラップで周回し、それでいて終いを12.1で締めくくっています。 この結果から「5Fから仕掛けても バテない。多少の捲くりを仕掛けても、芝なら 11秒台で残れる」と実感したはずです。

武豊が 残り5Fからの馬だ と理解を持てたのなら、あとは王道の競馬に手馴れた武豊が結果を出すのは容易に想像できます。

ただ、アクセルとブレーキが利きづらいメイショウサムソンにとって、勝負どころでアサクサキングスなどに走路を邪魔されたのは痛かったですね。 実際、調教師もそう悔しがったみたいですし。

≪3着:アサクサキングス≫

馬が 幾らか 気を逸って(はやって)いた感じがしますね、四位も折り合いを何とか付けていました。 パドックでも メイショウサムソンの余裕っぷりとは違って、アサクサキングスは 強く気合が入っていましたし。 短中距離戦なら これでもいいのですが、長距離戦で これはいささか苦しいですね。 もう少し気性が落ち着いていたら、もっと勝負に出来たと思う。

いつもは「四位へっぽこ!」と思っている私ですが、今回は それなりに巧く乗ったようなイメージがあります。 ま~、勝負所でメイショウサムソンに迷惑かけた部分は 個人的に怒り心頭ですけど。 他人の騎乗にアレコレ言う前に、自分がキッチリせいと思いますが。 彼なりに良い騎乗でした。

≪4着:ホクトスルタン≫

さすが、横典の逃げです。溜め過ぎず、それでいて良い粘りを持たせる。 こういう勝負の目をきちんと作りながら 絶妙の逃げを打つ、そして結果として レース全体が面白くなる。 柏木集保さんがこの騎手を好きになるのが 理解できますね。

距離適性と好騎乗での4着という感じですね。

≪5着:アドマイヤフジ≫

問題は距離適性だったと思うのですが、巧く乗ったんじゃないでしょうかね。 距離適性に難があったゆえに、直線手前までに脚を溜めなければいけなかった。その分、流れに取り残された。 勝つ騎乗ではなかったけど、勝てる見込みもなかったから、この馬にとってベストの騎乗をするのみであったと思います。

≪そのほか≫

なんだってぇ~~? ドリームパスポートが ゴールデンウィークの渋滞に巻き込まれて、輸送に手間取っただとぉぉぉ~?馬運車に12時間監禁状態だあぁ? ゴルァァ!稲葉ぁ~~!お前ってやつぁ~!

ポップロック角居厩舎は 訳わからん。まともに仕上げた気配が無い。 昨日の青葉賞マゼランもそうだけど、この人って 「レースに合わせて仕上げる」ってことしないのね。 マゼランは 賞金も足らないままなのに ここ(青葉賞)で仕上げないまま どうするの? まさかヤラズ確信犯(←誤用)での連闘策とか ?と思ったら、ほんとに連闘の気配みせてるし。 この厩舎は、「仕上げる」のではなく、「そのうち仕上がるだろ」って 成り行きまかせっぽいことが 特に最近 多い気がする。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/598-b709bb9e

[コメントの投稿] 〔天皇賞・春〕回顧雑記




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。