調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

オーシャンエイプスの敗戦の感想

2007/02/11 23:03 「競走馬」個論

きさらぎ賞は「少頭数で馬券的魅力はどうか?」と思っていたけど、世間的には 興味が高かったようですね。

オーシャンエイプスの凡走には、 「経験不足」とか「底が見えた」、はたまた「ライバル馬の経験迫力に威圧された」という集保節もあるわけですが、 ミュー的視点でも ちょっと書いてみます。

まず「調教を緩めた」ことですね。これが最後の直線で 甘さが出た原因の一つかもしれません。

調教をなぜ緩めたか?という点については 陣営にしか判らないことですが、これは「馬を競走馬として大成するように大きく育てていく」際には 調教を緩めたために 取りこぼすなんてことは ありそうだなぁ…とは思います。

これはあくまで妄想で仮説ですよ。。。

(1)… 併せ馬の失敗のツケ?

本当は 併せ馬で馬体を併せておく勉強をするつもりが、 オーシャンエイプスは能力が高い上に 稽古駆けする馬で、逆に相手馬は動かな過ぎた。 併せ馬のために緩めた追い切りにしたのに、馬体を併せるまで待つ前に 相手馬を突き放してしまい、併せ馬が失敗した。

そこで仕方なく きさらぎ賞ぶっつけで 馬群で控えることを学ばせることになった。 武豊だけに 掛かり気味ながらも、これは見事に成功したものの、 スローペースの切れ勝負になったことで 追い切りで緩めたこと(掛かり気味になったことも?)が最後に脚を甘くしたのが響いた。

(2)…相手を舐めていた、自馬を買いかぶり過ぎた?

また、今後を考慮して 余裕残しのために 調教を甘くしたこともあったかもしれない。 そこでの経験したことの無い 重賞の上がり勝負のペースには、上積みは出来なかったとも考えられます。

ともかく、追い切りの時計は優秀だけれども、併せ馬の失敗が 逆に「能力差を過剰に演出してしまった」という印象は受けていました。 それは終い2Fの時計面でも現れています。

  • 前走:栗東坂路(重) 12.3-12.4 強め
  • 今走:栗東坂路(良) 12.0-12.0 馬なり

栗東坂路は 重馬場になると 普通は時計が掛かります。 それを考慮すると、併せ馬では圧巻の突き放しでしたが、時計としては 前走と あまり変わりが無かったということです。

あと第3の理由として残る要因は、脚か馬体に まだ幼さや弱さを抱えていたのかもしれないという可能性ですね。

石坂厩舎は 坂路専門厩舎ですが、 さて ここから 松国厩舎のようにビシビシと仕上げ捲くって 3歳戦で燃え尽きるか、 伊藤雄二厩舎のように 加減をはさみつつ 古馬まで持たせるのか、 森厩舎のように 短距離・ダート偏向になるのか、 どーなるんでしょうかねー。


アサクサキングスは、能力は高かったので 前目に出て行ってくれれば 勝機はあると思ってました。 正直、四位騎手から幸四郎騎手に変わった時点で 「人気は下がり、勝機が上がる」と踏んでいましたが、その通りに。 作戦通りに 果敢に先手を取ったことが良かった。四位騎手なら、自分のスタイル主義を優先しかねなかったから。

ナムラマースは、調教量の不安は杞憂に終わり(というか、私が見る目無かっただけか?)、馬体重は微増で出てきて良し良しと。 追い込み馬の調教は見方にコツが要るので苦労します。

アドマイヤヘッドは、馬体に緩みもあったのでしょうが、騎乗もまずかった。 勝負どころでズルズルと下手に抑えたので、どうしようもない。

休み明けで調教量が足りない馬は、無駄なハイペースでエネルギーを浪費しないように、 ペースに緩急を付けないようにするか、ペースに無理があるなら 始めから 脚を溜めておくことが重要だと思います。 馬の特性からして、今回は先行バテなら ともかく、ブレーキを掛けてはいけない場面ですね。中途半端でした。 (まぁ、休み明けの競馬の実戦練習と見ておいてやるか)

ともかく、オーシャンエイプスは まだ底を見せたと言い切れるわけじゃないので、もうちょっと見ていきたいですね。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(1)》 【Comment(2)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/463-871e62de

[Comments]オーシャンエイプスの敗戦の感想 投稿欄

158 ★ ミュープル さん…URL @ 2007/02/16 00:04 [編集]
祭るにも早し、見限るにも早し
ブログにあまり関わる時間が持てないので、すぐにお返事が出来なくて すみません。

たしかに、限界の厳しさを知らない 新馬戦楽勝馬には、いきなりのレースは厳しかったでしょうね。これは昇級の壁ともいうやつでしょうか。
新馬戦時の2着馬が大敗したことで、能力の高さに強い疑問を抱くことは、レースの能力比較として ひとつの答えにはなると私も思います。

いまのところ 大型馬でブワーっと走るタイプで 最速34秒台でのオーシャンエイプスと、小型馬で 新馬戦で いきなり33.1の上がりを出しているディープインパクトと重ね合わせるのは、可哀想すぎましたね。

というか、タイプが全然違いますし。
ディープは明らかに中長距離の芝向きですが、オーシャンエイプスは パワー型ダート馬の可能性もあります。

騎手のリップサービスは 私は大目に見てあげたいと思っていますよ。「また、武がご機嫌 吹いているよー」と楽しんだほうが面白いでしょ?
関係者への気遣いばかりで ファンに何も喋れない 公務員騎手よりかは イイじゃあ~りませんか。

むしろ その武の発言に乗っかって 相変わらず 変な煽り方でしか 競馬を扱えない 某系列のテレビ中継&新聞の方が、どうしようもない人たちだな思いました。ディープ祭りと同じことしか出来ないのかなぁと。
(たかが一勝馬 しかもタイプが違う馬なのに…)

オーシャンエイプスは、新馬戦の追い切り(栗東坂路)で 37.0-24.7-12.4 というラップを叩き出しています。
これは一般的には 相当な能力が無いと 出てこない時計(きさらぎ賞の追い切りよりも価値がある)ですので、底はまだまだだと思いますよ。

追記… なんか ソエが出ているって話が…
157 ★ ミスタ-ケイバ さん…URL @ 2007/02/12 00:23 [編集]
冷静な判断
エイプスの敗因は、調教に問題があった訳ではなく今の時点では中の上クラスで、重賞で好走してきた馬にはキャリアも含めて能力で劣っていただけなのである。根拠は新馬戦でオ-シャンエイプスの1.3秒差2着だったタマモウェ-ヴが5R未勝利で勝馬から1.3秒差の8着大敗を見て新馬戦がいかに低レベルであったかが判断できる。初戦は上がり34.3秒と言っても全体の走破タイムは速くないので、特筆されるものではない。陣営としての重賞選択は誤りではないと思うが、乗り役が「軽く飛んだ」とか「この馬でクラシックを」とか大絶賛し過ぎた感がある。馬に対する期待はわかるがあれほどの騎手なのに珍しく何を錯覚したのか大物と位置付けた発言には疑問が残ったのでは?最後にオ-シャンエイプスはまだまだこれからの馬。今後の成長をお祈りします。                                 

[コメントの投稿] オーシャンエイプスの敗戦の感想




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

[Trackback]オーシャンエイプスの敗戦の感想

きさらぎ賞 結果 ~オーシャンエイプス4着に敗れる!

競馬予想ブログ 複勝馬券生活 【2007/02/13 01:39】
2007年2月11日(日) 2回京都6日 11R 第47回 きさらぎ賞(G3) サラ系3歳 1800m 芝・右 外 (混合)(特指) オープン 別定 本賞金: 4200、 1700、 1100、 630、 420万円 発走 15:45 天候:晴 芝:良

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。