調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

[雑文]ジャパンCと冷め切っている私

2006/11/23 22:12 競馬雑記

もうじきジャパンカップなんだけども、G1の無い週と違いが感じられない私です。

私の中で「ディープインパクト」は、「凱旋門賞の挑戦・引退決定 シンジケート結成・薬物騒動」という一連の出来事で終わっちゃったんです。

海外馬が淋しいジャパンカップで、ディープが幾ら 強い勝ち方をしても、例の一件での心の中のモヤモヤがスッキリと晴れそうもなく、 よもや負けるようなことでもあれば、そこで競走馬としてのディープインパクトが終わってしまうわけです。

今年のジャパンカップは、海外出走馬のメンツのあまりの寂しさに、アレコレと物議になっていますけど、 これはもっと以前から、予想できたものだと思うのですが。。

思い出してみると、ジャパンカップの参加馬には以前から、 やれ「社台が手をつけた馬」だとか、「JRAが手をつけた馬」がやってきていたわけで、 しかも その多くが、結果を出しもせず さっさと日本で繁殖入りして、馬券を買ったファンをバカにしている結果になっていたわけですよ。 (近年で結果を出したのは、ピルサドスキーぐらいじゃなかろうか。)

これじゃ、社台とJRAが金を使って これまでのジャパンカップのサクラを用意していたようなもんです。

今年は 海外馬には とことん袖にされるわ、社台にちょうどいいサクラもいなくて、出走馬確保に ほぼ失敗したと。

なにせ今年は、あの世界的大富豪&競馬主催団体幹部&世界的競走馬生産のダーレーの殿下を、ついに怒らせたわけで、ジャパンカップに義理立てて協力なんかしないでしょうしね。こわいよー、あんまし怒らせると。


しかし、池江厩舎を見ていると、 例の一件を「あぁ、運が悪かったな。俺たちゃ何も悪くないんだからよ。あんなことはさっさと忘れよーぜ。」 という「悪びれない反省していない姿」に映るのはなぜなんだろう。

それでもって、陣営も、周りをうごめく人々も、「あぁ、災難だったね」程度のあっけらかんとした空気。 「事故だ、不運だ」として穏便に通り過ごそうとしているけど。単なる不幸な偶然じゃないでしょう、今回の件は。

陣営が可能性として言い訳をした内容を事実と仮定したとしても、 「馬が暴れて 薬こぼしちゃいました。調教師は、その薬の名前も内容も知らなかったばかりではなく、フランスの薬物規定さえも知りませんでした。その寝藁を競走前日まで使い続けて、しかもその古汚い不衛生な寝藁を 大事な競走前日に食べさせてしまいました。だから薬が馬体に入っちゃいました。」 ってことを国際的に公言しているわけですよ。

これって、凱旋門賞に出走するホースマンとしての恥とか、厳粛に受け止めるとか、無いんだろうか。

ま、たぶん、「厩舎解散の後に備えて、ディープの管理業務ほぼ総てを助手に一任して、池江調教師本人は 形だけの責任者だった」ということなんじゃないのかな。

でなきゃ、こんなアホなことは無いし、心当たりが無いとか自信を持って沈黙しているだとか 当事者意識の無さは非常識だし、あとから「薬 ばらまいちゃいました」というホントか嘘か判らない言い訳を聞いたというへんてこな流れも、そうでなきゃ理解しようがないよ。


ジャパンカップを前に、日本(JRA?)が国際パート1入りを実現しそうだとのニュース。

これが十年前なら、たぶん、よかったね~!と喜んでいたと思う。

しかし、今の私は 競馬を斜に構えて見るようなひねくれモノになっているのかもしれない。 はっきり言って、「どーでもいいよ、そんなもん」というのが正直な感想。

格を認めてもらえたことは喜ばしいけど、その内実 足元がグラグラと危ないと思わせる出来事が起きていた最中でしたよね。 ディープ薬物失格、カワカミプリンセス 1位入線降着、ジャパンカップ辞退馬続出。

もっといえば、騎手の若手育成の問題、エージェントのグループ派閥化の弊害、馬主の減少、売り上げ下落傾向の底が見えない状態、社台の一人勝ち状態と生産牧場の減少、 地方競馬の衰退、、、挙げればキリが無いのかもしれないけど どれも問題なわけで、

しかももっと問題なのは「JRAが問題を問題としてマトモに取り組んでいない姿勢自体が大問題」なわけです。

不祥事を起こすわ、客足も売り上げも落ちまくりの料理店が、 「ガイドブックに載せてもらえたぞー!」と喜んでいるぐらい、お寒くてモノ悲しいように聞こえてしまうんですなぁ、今回のパート1入りがさ。

まずは料理を美味しいものを出すようにして、店内を清潔で快適な雰囲気にして、接客態度も改めろよと、思う次第でございます。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(1)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/421-c5a87131

[Comments][雑文]ジャパンCと冷め切っている私 投稿欄

149 ★ とおる さん…URL @ 2006/11/24 22:09 [編集]
今更何を言ってるんだか…
今更、何を言ってるんだか…
ジャパンカップ施行当初から、下級競争に位置付けられているのに、何を言ってるんだか。
日本の競馬競馬競馬界が変わらない限り、大レースに位置付けにならない。
日本の中のGⅠとして見ないといけない。
また、ディープが負ける?
負けたから何?
サラブレットは生き物。
物ではない。
負けるから、ドラマが生まれる。
凱旋門賞の大事件にこだわりすぎじゃないですか?
まぁ、日本の最近のファンには見慣れないレースで勝てる可能性をディープに求めた結果であり、まぁ狭い視野でしか観てないね。
日本なんてどのスポーツも歴史が浅い。
そして、日本人は熱しやすく冷めやすい人種。
もっと、後先を考えなければいけない。
何故、今年のジャパンカップか盛り上がれないか?
そんなの当の昔に分かっていた。
今更、論議することじゃない。
もっと、日本の競馬の歴史を振り返るべきじゃないですか?
国際レースに認定されて何年だと思ってるの?
欧州・米国の歴史とどれだけ離れているか、考えれば?
この日本が世界レベルに達しているとは、思わない。
一つの出来事に着目しすぎ。
全体を考えなければいけない。
だから、ディープインパクト陣営だけが悪者扱いとなっている。
今まで、これほど期待されて挑戦した馬がいたか?
競馬界全体を考えて、発言した方がいい。
何故、盛り下がって観れるのか?意味が分からない。

[コメントの投稿] [雑文]ジャパンCと冷め切っている私




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。