調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

ディープインパクト凱旋門賞(3)ファーブル厩舎の「カミカゼ作戦」

2006/10/24 23:53 ディープインパクト論

前書き

始めに結論を言ってしまいましょう。 おそらく…ファーブル厩舎は当初から「凱旋門賞は、レイルリンクを勝たせるつもりでいた」のです。

シロッコハリケーンラン、そして 日本のディープインパクト、 この3頭の出走に、出走回避が相次ぎ、とうとう出走頭数はわずか8頭に。

「ファーブル厩舎」対「日本のディープインパクト」 という構図になりました。

ここから前後編の形で、ディープインパクトの最大の敗因へと切り込んでいきます。今回は前編です。

っていうか、いつのまにか、JRAの凱旋門賞の動画が途中カットされちゃっていて、距離とか検証できないじゃん! ほかの枝葉末節なことを混ぜ込んでおいて、レース本体の映像をハショるとは、JRAは愚かですね。
ともかくディープバカの記事なので、電波ゆんゆん匂ってくるかもしれませんが、まぁそこはご勘弁を…。

(前書き部分のみ、10/25 19時改筆)

先頭に祭り上げられたディープインパクト

成長と共にスタートが上達してきたディープインパクトは、ゲートが開くと 良いスタートで駆け出します。

しかも、他の馬は 走りを抑え気味にしたため、それからディープインパクトが押し出されての先頭となってしまいました。

ここでディープインパクトが先頭になった原因、他馬が抑え気味なのは、 ロンシャンの起伏激しい2400mということで、ここは無理をしないことが欧州競馬の基本則(セオリー)なのでしょうか。いや、それは敵の策略の始まりでありました。

ここで武豊は 先頭のこの位置取りを良しとしたのか、そのまま先頭で競馬を進めます。 コメントでは「想定していた」ようです。

このいつもと異なる先行策には議論はあるでしょうが、私の考えとしては「必ずしも悪い判断では無かった」と思います。

折り合いに関しては 調教で気性の成長を信じていたでしょうし、 スタミナを要するフランス馬場の起伏激しい2400m、 そして59kgという初めての重い斤量。

せっかくの先頭好位という優位な位置取りを無駄にせずに利用しよう…それは納得できる理屈です。 私も先行策を見たとき、驚きはしましたが それは問題無いと思っていました。

ただ、結果論として、先行策は「計算としては正しい答え」であっても「戦略としては危ない選択」でもあったのです

しばらくして、外から一頭 アイリッシュウェルズが、ディープインパクトに代わって主導権を取り、 ディープインパクトは それにも動揺せずに、内側 二番手でリラックスして進めます。

シロッコの挑発

向こう奥の森のなかへの上り坂、残り1500m地点。 ついに、ファーブル厩舎の刺客 シロッコが動き出します。

ディープインパクトのすぐ外側から、シロッコはまるでディープインパクトを舐めるように、ゆっくりゆっくり交わしに掛かります。

すると、ディープインパクトは まるでシロッコを睨みつけるように横を向き、そのまま併走状態になりました。

挑発的なこの仕掛け、おそらく ここでディープインパクトの闘争心に火が付いてしまったのだと思います。 (生中継で見ていた私は、このとき やばい!と思いました)

このとき、武豊は 危機感を覚えたと思います。このままだとシロッコとの競争でゴール前に燃え尽きてしまう…と。

そこで武豊は、手綱を引いて シロッコの後ろにつけます。 これがコメントで言う「外へ出した」場面だと思うのですが、それは「想定外」の「咄嗟の機転」だったのではないでしょうか。

それにしてもシロッコは まだコース半ばであるというのに、ペースを上げて、前のアイリッシュウェルズに追いついていまいます。

シロッコにとって、この凱旋門賞は「勝つため」ではなく、「ディープインパクトを潰す使命」を持っていたのでした。自爆的なカミカゼ作戦だったと思います

ハリケーンランまでもが捨て駒だった!

しかし、映像を改めて見てみると、もっと驚くようなことが見つかりました。

このシロッコの交錯劇と同時に、ハリケーンランの騎手までもが手を動かしているのです。

そしてシロッコディープインパクトを交わしきったあたりから、代わって ハリケーンランディープインパクトを挑発し始めたのです。

残り1500~1200m地点というのは、仕掛けとして あまりに早い。 ここで仕掛けて馬体を併せ続けるというのは、両馬とも自滅しますから 普通じゃないと思います。

しかも2頭だけが計ったように同時に動いて、ディープインパクトに馬体を併せ、連携して執拗に挑発を続けた2頭。

とうとう、ディープインパクトは口を割り、頭は揺さぶり、闘争心で狂おしく走り始めてしまいます。

そんな攻防の一方で、ファーブル厩舎 優勝予定馬のレイルリンクは、そんなディープインパクトの後ろをピタリと静かにマークし、虎視眈々と仕掛け時を狙っていたのです。

凱旋門賞に対する 老獪ファーブル厩舎の執念

ファーブル厩舎は、意図的にディープインパクトを揺さぶる作戦を使ってきたということです。

しかも、武豊がマークしていた シロッコハリケーンランが、実は両馬とも(おとり)であったのですから、これは相手が一枚上手だった。

さらに悪いことに、前にシロッコアイリッシュウェルズと激しい先行)、横にハリケーンランディープインパクトと鍔競り合い)、マークしていた2頭が前では、武豊のペース感覚はその2頭に合ってしまい、狂わされやすくなります。

あのシロッコハリケーンランを、ディープインパクトへの自爆攻撃(カミカゼ アタック)に任じ、未来ある3歳馬のレイルリンクを勝利に導く……これが、地元 フランスの 名門厩舎 ファーブル師の、凱旋門賞への執念です。

結果から言えば、「もしも…、 いつもの通り、最後方からの競馬だったら、こんな世界的競走馬2頭の揺さぶりなんかには…」とも思うのですが、それを武豊に非難するのは、ちょっと酷だと思います。

それにしても、なんて凄いんでしょう! 逆に言えば、ディープインパクトは 世界的名馬の2頭の捨て身の挑発を蹴散らしながらの3着だったということなのですから。

(10/26-27 馬名のミスなど一部加筆修正)
次回へ続きます
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(4)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/409-756f9971

[Comments]ディープインパクト凱旋門賞(3)ファーブル厩舎の「カミカゼ作戦」 投稿欄

242 ★ ミュープル さん…URL @ 2011/04/16 22:40 [編集]
「邪魔」って言うほどじゃないでしょ
> 妄想おつかれ。

どうもですぅ。

> ファーブルが、期待していたのシロッコの惨敗は馬場も何もかも言い訳がきかない、失望した、て言って顔を強張らせてた、ていう大手レーシングポストの記事知らんの?

以前、そういう感じの記事を読んだことありましたけど、詳しい内容までは知りませんですね。
何に失望したのでしょうか、興味ありますね。

> フランス競馬の超スローな流れなんて、当然誰でも知ってることでしょ。

欧州競馬は そういう傾向ですよね。

> それにたった8頭(笑)のレースで邪魔された、ていう言い訳、情けないよ。シーザスターズもつぶされるためだけにの包囲網を突破して完勝してんだけど?

「邪魔された」とは一言も書いていませんよぉ。「囲まれ」てもいませんし。
このディープインパクト関連の記事で「邪魔されたせいで」なんて書いた事、おそらく一度も無いと記憶しています。

ディープインパクトの弱点と武豊の技量不足を見事に突いた 真剣勝負のファーブル厩舎が、浮かれ気分の甘い認識の日本側より上だった・・・ということだと、ここでも書いているでしょう?

これは例えるなら、角居陣営が 天皇賞(秋)で、同厩馬を使って、ダイワスカーレットを突付かせて、ウオッカに勝利させた作戦に近いものでしょう。特に あれは 勝負として 幾らか卑怯にも映ることもあるかもしれませんし、一種の嫌がらせではあるけど、邪魔とは あまり感じませんね。

もし「邪魔」というケースを挙げるならば、2006年 ジャパンカップで、ディープインパクトの武豊が、ウィジャボードにやらかしたようなことを言うのだとも思います。

> 世界の誰が見てるかもわからんのに、日本競馬の恥だから、ニワカの幼稚な抵抗、やめとけよな。

もっと痛いこと書いているブログは 山ほどありましたし、
競馬を知らない競馬記者・太鼓持ちばかりのジャーナリストも いますし、
こんな弱小ブログの書く事なんて そんなに影響があるんでしょうか・・・。

そもそもニュースの転載しか載せられない 個人ブログなんて、面白くないでしょう?
競馬は妄想とか推理するから、面白いと思いますよぉ~。

ちなみに、私が「根っからの痛いディープ信者」と誤解されているようでしたら、
「ディープインパクト考察」の
「(外編)~JRA馬総研に疑問」
「空白の宿題~イプラトロピウム事件の一推察」
「(おまけ)~彼を最強馬とは言いたくない」
も いかがでしょう。

単純なディープ信者ではない ひねくりっぷりと、痛い妄想 書いてますよぉ。

241 ★ 匿名さん さん…URL @ 2011/04/11 17:59 [編集]
妄想おつかれ。
ファーブルが、期待していたのシロッコの惨敗は馬場も何もかも言い訳がきかない、失望した、て言って顔を強張らせてた、ていう大手レーシングポストの記事知らんの?
フランス競馬の超スローな流れなんて、当然誰でも知ってることでしょ。
それにたった8頭(笑)のレースで邪魔された、ていう言い訳、情けないよ。シーザスターズもつぶされるためだけにの包囲網を突破して完勝してんだけど?
世界の誰が見てるかもわからんのに、日本競馬の恥だから、ニワカの幼稚な抵抗、やめとけよな。
233 ★ 通りすがり さん…URL @ 2010/09/11 11:53 [編集]
教えて!goo でも同じような見解がありました
<<ご参考>>

ディープインパクトの敗戦理由について
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2448637.html



204 ★ sayaki さん…URL @ 2008/11/04 18:09 [編集]
面白かったです
勉強になりました。ヤフーからきました!コメントさせて頂きました。

[コメントの投稿] ディープインパクト凱旋門賞(3)ファーブル厩舎の「カミカゼ作戦」




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。