調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

クラシックと古馬の間に(過去記事)

2006/10/14 08:57 競馬雑記

前記事でディープインパクトのことを書いたのですが、べつに引退自体そのものに怒りとかあるわけじゃありません。

「ディープ狂が 引退で激昂している記事か?」と誤解されるのも嫌なので、私が早期引退をどう捉えているか、(サイトの)古い記事から引っ張ってきました。


2004/11/07

古馬とは、どんな馬がなるのか

先の[キングカメハメハ]の故障引退や、ダービー馬[キングハメハメハ]・皐月賞馬[ダイワメジャー]が嫌った菊花賞の問題、 これらに対して、「競走・興行よりも繁殖を優先したのは問題」「時代遅れで有力馬に嫌われる菊花賞は問題」という批判を、競馬マスコミの方からも見聞されました。 しかし私には、それらが子供が駄々をこねているような違和感が残りました。

そもそも「古馬」っていうのは、どのような存在でしょうか。

  1. 成長の遅い大器晩成型(長距離血統)
  2. 一時期、故障で長期離脱していた馬
  3. 体質が弱く、間欠的・断続的に使われていた馬
  4. 繁殖入りの望みがない、実績的に準一流以下の(牡)馬
・・・古馬とは、これらの要素を必ず含んでいるのでないでしょうか?

しかし、「菊花賞の短縮化・廃止論」などに代表される[スピード化推進]の流れは、 (1)の大器晩成型を減少させる方向に他ならないのです。

また、血の軽質化(早熟化・短距離志向)が、 早い時期(2~3歳時)での能力的選別が早まり、(4)の選別は際立つようになるのです。

また、「キングカメハメハの故障・引退」で[古馬の貧弱化]を憂う向きもあるのですが、 現実問題として、「故障していたから古馬になって活躍する馬」という(2)のパターンも多いのです。

「故障で古馬の貧弱化」と同時に「故障が古馬を生む」という皮肉な現実があることを認識できていない、理想論だけの人が多い気がします。

ここで誤解されて欲しくないのは、私は故障歓迎ということではないのです。 むしろ故障は避けて欲しい、故障するまえに放牧して欲しいと思います。

ただ、若い時期から繁殖入り有望な超一流の馬で古馬まで活躍した例として、どんな名馬がいるのか? 故障長期離脱の無かった超一流の「無事是名馬」なんて、現実としてどのくらい居たというのか、教えて欲しいと思います。。

実績のある若い馬が古馬になってまで無事に活躍してくれるなんて、 相当に体質が強くて「引退するキッカケを失った馬」という恵まれた状況でしか考えられないのです。

クラシックとは、血統配合・馬産のためにある

ここでしつこく繰り返しますが、

クラシックという「血統のスポーツ」の甲子園に重きを置けば、 素質馬の選別が早い時期に消化され、古馬戦線が手薄・レベル低下になる作用が働く。

従来、その作用に対する反作用力を生むもの、引退を牽制し古馬戦線を保持する要素が、 中長距離血統のような成長速度の問題と、 体質的・状態的な問題というものだと思うのです。

この部分をどう考えているのか・・・という全体的な観点もなく、 「国際的なスピード化の流れに合わせて、菊花賞など長距離戦を見直せ」 「繁殖面を重視し、故障を生み、早期引退という状態は問題」 「古馬戦線に面白みを欠き、日本競馬としての興行的に問題」 など、個別の問題に、場当たり的な理想論は、現実として何ら意味がないように思います。

ファンとして、 (キングカメハメハの例のような)現在の、期待馬が次々と引退する傾向する状態に不満があり、 また競馬売り上げ・興行面で問題というのは、理解できます。

ただ、この問題の根源は、現在の「早熟馬短距離優遇」の施策状態であって、 また「早熟・早期引退」を促すような「血統の配合育成ゲーム」という古い英国金持ち競馬の名残が残している問題だと思うのです。、

ならば、その問題の解決調整は、JRAなどの問題ではないでしょうか? ファンとして、競馬がつまらないというのは、興行的な問題であり、JRAの責任の問題です。 よって、引退を決定した馬主や厩舎・調教師に対して以上に、JRAに向けた批判・提言があるべきだと思います。

そして敢えて、ファンの側に問いたい。

  • 3歳の「クラシック」とは、馬券を買う立場の競馬ファンである貴方にとっては、何ですか?
  • 「競馬の距離短縮化」って、早く終わるレースで競馬が面白くなるのですか?
  • 「若い時期から超一流馬として活躍した馬に、早期引退させない方法」って何かありますか?

当たり前のように思っていた死角にこそ、問題の根源があるような気がします。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/400-cc21fda5

[コメントの投稿] クラシックと古馬の間に(過去記事)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。