調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

香港は頑張っているなぁ

2006/06/05 13:54 競馬雑記

「安田記念」が、香港馬が1着3着するという結果に終わりました。 (古馬)マイルG1が、競馬の最も代表的距離でもあると考えると、「香港馬は 日本馬よりも優れている」という形になってしまいました。。

私には競馬の知識って さほど無いし、もっと言うと海外競馬は ほとんど知りません。 まぁ、「アジアの競馬国」「馬産をしていない」「ゆえに騸馬が一般的」・・・ってとこかな。

念のために書いておくと、私は「香港に負けて悔しい」という感情は全く持っていないんです。 むしろ色々と恵まれている条件の日本側に 私には見えない何らかの問題があるような気がしたのです。 ザデュークの無法な(?)暴れっぷりという波乱要因もあったんでしょうけど。

今回は、そんな程度のテキトーな認識しかないファンのタワゴトです。


JRAのトレセンには世界的にも豊富な調教施設が備えられていますよね。 かつては西高東低の成績差の理由が「(栗東)坂路」にされていましたっけ。 そこから続々と、美浦坂路コース、各種プール、トレッドミル、森林馬道などなどが作られました。

一方、香港競馬って、たぶん競馬場の施設を使っているんでしょ? 「沙田トレセン」なんて聞いたこと無いから、たぶん本格的な坂路コースなんてものも 無いと思う。 (よく知らないけど)

今回も 香港調教馬が、他国の競馬場へ遠征しての好成績。 しかも それは、一過性のことでもない。(例年のように幾度も好成績を残している)

昨年のサイレントウィットネスなんか見ると、しっかり優秀な短距離馬も現れている。 「坂路調教は短距離馬に有効」「短距離馬には坂路調教が効果的」と思っていたけど、そういう単純な認識は間違っているのかなぁ。 これは「トラックコース調教でも 短距離先行馬は育つ」…という象徴的な例だと見ていいと思う。

となると、香港馬の活躍は 調教技術の力量なのかな?と。

香港競馬と日本競馬では、競走馬の底辺の広さが明らかに違っているよね、たぶん。。 調教施設の豊富さとか、所属する競走馬の頭数、血統や購買価格の面だって日本の方が恵まれている気がする。

なのに、トップクラスの質には 大差が無い(むしろ 結果としては 負けた) という結果。 それが競馬標準の古馬1600m戦なのだから、この結果は意味が大きいと思う。

いよいよ国際的に台頭しつつある日本競馬ですが、 JRAの厩舎の現状(とくに美浦トレセン)には、今、何か大きな問題が潜んでいるのかもしれないなぁ。

付記

その問題の一つにJRAの「擬外厩制化」にあるのかもしれない。 外厩制というのは、本来は「競馬場と厩舎の完全分離」「厩舎の自主性の確立」なわけで、厩舎が馬を管理するという形は 内厩制と変わらないはず。

でも、JRAで進行している形式の場合は 形式上の内厩制 に、実質的に管理調教業務の一部分を牧場に委託するという形だと思うから、 「厩舎業務(しごと)外部委託化(まるなげ)」 という感じの違いがあるんだよね・・・。

これでは、(メリット制で尻に火が付いた)厩舎で、管理能力よりも 他のこと(本来の「馬作り」以外のこと)が優先されてしまう危険があるような気がするし、それで「馬作り」の能力が衰退していく危険もあるのかもなぁ。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(3)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/330-59d69114

[Comments]香港は頑張っているなぁ 投稿欄

107 ★ BlogPetのミュースケ さんURL @ 2006/06/09 19:19 [編集]
きのう、ミュープ
きのう、ミュープルと香港に記念したかも。
ミュープルが記念しないです。
香港へ馬を記念したかったの♪
106 ★ 賞 さんURL @ 2006/06/05 20:52 [編集]
 確かに香港は馬を育てる環境がいいとは思えないのに、世界的に通用する馬を送り出しているというのは、凄いことです。
 日本も見習うべき部分は多くあると思います。

 ただ、マイルを競馬標準とする考え方がそのまま通用するかと言えば、それは少し違うのかな、と。
 単純に香港では短距離路線が中心の番組が組まれているため、それに合った馬が集められ、それに合った調教が行われているというのが大きいのではないかと。
 逆に日本では路線整備が進められてきたとは言っても、短距離路線やダート路線は王道路線ではなく、中長距離クラシックディスタンスが王道路線となっています。
 そのため、それに見合う馬作りもされているだろうし、王道路線を歩める馬はわざわざマイル路線を選択することはないです。
 例えば、ディープインパクトがマイルでも力を発揮できるとしても、引退までマイル路線に足を踏み入れることは考えられません。
 そういった状況を考えれば、単純に日本の競馬が香港に劣っているという結論に直結することもないでしょう。

 香港ヴァーズでの香港馬の不甲斐ない成績を持って、伝統的クラシックディスタンスで海外の馬に勝てない香港馬は弱いのだ、という主張が正当性を持っているとは考えられないのと同様に、マイル路線で香港馬が活躍しても日本が劣っているということにはならないでしょう。
 それに、昨年の香港マイルではハットトリックが勝利しているということもありますし、お互いホームで負けてアウェイで勝っているという意味では五分という考え方も出来ますし。

 昨年の香港day、今年のドバイdayと、アジアで行われる国際G1dayで日本馬は充分と言えるだけの結果を残してきました。
 香港馬の活躍を見るに、日本もまだまだ良くなっていける部分は数多くあれど、結果を出せるようになってきているくらいには日本の競馬も良くなってきているのかなぁ、というのが私の考えです。
105 ★ BF4 さんURL @ 2006/06/05 14:15 [編集]
香港はイギリスの影響がある土地がらなので、なんとなく競馬と親和性があるイメージです。
同じくイギリスと関係の深いシンガポールあたりはどうなのかしらん?と

[コメントの投稿] 香港は頑張っているなぁ




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。