調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

アドマイヤドンは坂路ノイローゼ?

2005/02/24 01:38 「競走馬」個論

個人ブログの良い所は、「主観的」な「率直さ」だと思うわけです。もちろん競馬のシロウト衆の私には馬の気持ちなど判るわけでは無いのですが、アドマイヤドンの変調について、私の勝手な見解を書いてみたいと思います。

アドマイヤドンに関しては、ただのズブイとか調子落ちとかというのとは、どこか違う気がしています。何がどうなっているのか・・・


アドマイヤドンに関しては、ただのズブイとか調子落ちとかというのとは、どこか違う気がしています。何がどうなっているのか・・・と言うことに関しては、判らないままなわけですが・・・。

まず、アドマイヤドンを一度短距離で・・・・というのは、私としては半信半疑です。 というのも、ただの「出脚がトロイ」ということなら、短距離でペースに慣れさせる効果は判るのですけど、 アドマイヤドンに関しては、トロイというよりも、明らかに精神面か体調面の問題かな?と感じるわけで。

パドックでは、頭を下げてましたね、うなだれているような。アゴを突き出し気味に頭を下げていたように見えました。 あれは何なんだろうかと。

率直に言って、近頃のアドマイヤドンの調教設計は、右往左往というか、私にはよく理解できない状況です。

それまで実績を残してきたCW主体を、有馬記念(調教)の時から、行なわくなってしまったこと。(JCDのときに馬が嫌気していたから?) 久しぶりに芝の出走となった有馬記念に臨み、なぜか、より時計の掛かる栗東坂路で調教されたこと。(ペースの感覚的落差が大きく、芝のペースに戸惑いやすい) そしてフェブラリーSの調教では、栗東Eコースで馬ナリながら良い時計で走れていたのにも関わらず、その後はドンが走らないと言われる栗東坂路で異様な量の調教をこなした上で、さらに一杯で追いきったこと。

この調教過程は、何を意図しているのだろうか・・・と。率直に言って、「よくわかりません」。

特にフェブラリーSの調教。馬がヤル気を出したEコースを、そのあと避けたのは「カカリ気味」だったのかもしれませんが。でも、時計の出ない(走らない)栗東坂路ばぁーっかり、しかも通常以上の量というのは、精神的にダメージを与えたのかもしれないな・・と。

それで、私は、この頃、意外なことを思うようになってます。

  • アドマイヤドンは、実は(芝の)長距離向きではないか?
  • アドマイヤドンの調教をトラックコース主体に戻し、春の天皇賞に出走すべきではないか?
・・・という、おそらく競馬ファンからすると、苦笑されるような考えでいたりします。

アドマイヤドンは、走る気が無いというよりも、燃えるような気性がなくなったんじゃないだろうか。 とすると、これは年齢的なものかもしれないし、「適性」の固定概念を一度見直してみる時期かもしれない。

幸い、フェブラリーSの最後の脚で、闘争心と能力は見せました。 問題は、本人のヤル気次第のようになっている感があります。

すると、やはり距離が長いところで、セカセカさせないレースのがいいのかもなぁ・・・と。 馬ナリで出て、本人が気持ち的に準備が出来て、納得をさせてから、仕掛けができる、そんな長距離戦で、意外とやれるかもしれませんね。

(以上、厩舎掲示板より、一部修正のうえ再録)
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/33-31429554

[コメントの投稿] アドマイヤドンは坂路ノイローゼ?




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。