調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

年末の毒舌大掃除

2005/12/30 14:34 競馬雑記

年末行事としている毒舌一掃です。 でも、体調が悪かった時に、半分ほどはもう吐き出してしまったので(『体調が悪いと毒舌吐きます』)、今回はおおかた有馬関係です。

    以下を「続き」にて吐いてます
  • ルメールへのブーイングはヒドイ
  • 「ディープ好調!」と主張した調教診断の解説者・・・2着敗退でも「買い目的中」で自慢げ
  • アンタッチャブル うざーーーす!
  • ディープ祭りのフジテレビ、負けた途端にあっさり裏切る
  • 某調教師の馬体総見 馬脚を現す

「ディープ好調!」と主張しながら 2着敗退・・・それでも「買い目的中」で自慢げな某解説者

確かに馬券の予想としては当たりかもしれないが、しかし「ディープ好調と言い張り 2着止まり」ってのは どうなんだ?

あれだけ絶賛した3冠馬が、あなたの言う「好調」にも 拘らず かかわらず、脚色一杯の2着って、どういう評価よ?! (もしも彼が「ディープはそんなに強くない」という持論であったなら、今回の負け方を展開や力負けという説明で筋は通るけど) あれほど賞賛した3冠馬ってのは、「好調」でも普通に負けるレベルってこと? それは能力の対比関係として おかしいよね。

予想や見方をハズすことは、競馬だけに仕方無いけれど、プロとして調教診断で ディープの把握を間違えながら 的中を威張る「謙虚さの無い 恥知らずな感覚」は 恥じて欲しいと思った。

アンタッチャブル うざーーーす!

今までフジテレビの競馬番組をテキトーに見ていたが、今年の『うまっち』は 酷すぎ ひどすぎる。

「競馬を知らない」ということは、私はさほど気にしない。だから若槻千夏には、不満は感じない。

ただ、アンタッチャブルの これまででも、 本当に空気が読めない騒ぎようには、もはや騒音妨害の域と言う感じでもあり、さすがに見るに耐えないことが多かった。そしてとうとう有馬記念のスーパー競馬に現れてしまった彼ら・・・。大人が 馬の近くで大声で騒ぐな!誰か注意しろ!

このアンタッチャブル。他の人が話をしていても それにかぶせるように、意味不明のうるさい相槌(とにかく「おぉぉ!」「んん!」「あぁぁ!」の終始連発)で自己主張しつづけで、うざかった。そのおかげで番組の流れが千鳥足状態。

っていうか、番組として もうボロボロだよね。アンタッチャブル起用は致命的なガン だった。

フジテレビのディープ祭りも、負けた途端にあっさり裏切る

フジテレビのディープ騒ぎもアレだが、もうUHF局のメインレースの放送もJRAは許可してほしい。

あれだけ大騒ぎしたディープインパクト、負けた途端に有馬記念がヒドイ扱いに・・・。フジテレビって、薄情モノだわ。 まぁ、吉田を囲っている時点で、そのレベルなわけだが。パドックの見る目は とても信頼できないもんなぁ。

いまでもテイエムオーシャンの件は忘れないよ。
(休み明け馬体重20kg減の牝馬に対し⇒)「問題ありませんね」(⇒当然、一番人気でありながら惨敗。プロなのに競馬の基本さえ出来ていない)
(次走の有馬記念で⇒)「良くなってきましたね、馬体重も戻ってきてますし」(⇒前走の「(馬体減りは)問題無い」ってのは、どうなった? ちなみに全然良くなんかなっておらず、やはり惨敗。)
プロなのに、こんな いい加減なパドック解説者なんだぞ・・・。

某調教師の馬体総見 馬脚を現す

前々から 「ファンの下馬評のレベルの どうにもならない 馬鹿い診断」だと思っていた、某競馬雑誌の調教師による馬体診断。 とうとう、ここでもダメッぷりが出てしまった。こんなもんでしょ、調教師ってのも。

っていうか、こんな馬体診断って、本当に読者の支持を受けているのか? 競馬ブックの近走の評価を、馬体用語でテキトーに言い換えているだけという感じ。いつもどこかで聞いたような結論で、いくら読んでも、目新しいことが無い。ほんとに馬を見る目が彼に有るのか???

鈴木由希子さんの爪の垢でも煎じて飲んで欲しいわ。

例えば、藤澤和雄はゼンノロブロイでポカをしでかしてくれたが、「私は馬を見る目は無い」と言っていただけ 競馬への真摯さを感じるだけマシ。

あんなイイ加減な雑誌作りしていると、そのうち本当に廃刊だぞ・・・。

そういえば、どこかの雑誌で、馬体診断の件で謝罪がでたらしいね。別に馬をどう評価しようと、ツッコミいれる方も大人気ないと思うけど、問題はその 馬喰 ばくろうの存在自体が捏造だったとか何とか。だみだこりゃ。

主催者JRAが銅像を作り、肩入れしたブーム作り

主催者が「公正さを疑われること」は 決して良いものではないと思う。こんな企画を行なう感覚は愚かとしか言いようが無い。

主催者の思い入れが見え見えの状況で、菊花賞では 何やら変な空気もあったりして、 「下手にあの馬に迷惑を かけられない」などと他の騎手に圧力になっていたことは容易に想像できる。

こんなことを続けていたら、目の肥えた競馬ファンは鋭く見抜いて、ディープ神話の欺瞞・疑惑の不敗馬として後世に傷が付いてしまうところだった。

JRAは、競馬の人気を盛り上げる意図なのだろうが、突如生まれた衝撃的な英雄に、飛びついて品の無い大騒ぎしただけ。

英雄を作り上げることは、マスコミやファンの仕事であって、主催者が肩入れすることは長期的に見て良い結果を生まないと思う。

JRAがすべきことは、「ディープインパクトという馬に惹かれて、初めて来場してきた競馬初心者たちに、いかに競馬場・競馬に好きになってもらうか」という観点で物事を進めること・・・だった。 施設や運営に関して、果たして万全の体制を取っていたのか?

「なんだよ、人が一杯でどこも座れないし、歩きタバコで子供は危ない目に合うし、馬券は全然当んないし、レースの間の時間なんて全然つまんない。金は無くなるし、どっと疲れるし、もうこりごりだ・・・」なんて、競馬初体験の人に思われてはいまいか? こういうことについて、主催者は どのように解決しようとしていたのか?

JRAが果たすべき役目とは、「公正競馬さえ疑われかねない 安易な客寄せ」よりも「来てくれたお客さんに出来る限りの対処(いやな印象を作らせないように)すること」である。 ファンに対する思いやりとはそういうこと。

「客寄せ」も大切だが、「この次も これからも お店に来てもらえるようにすること」が もっと大切な役目のはず。「二度と来るか!」っていう事の無い様にしないと。そういうJRAのすべき課題は 山のようにあるはずだぞ。

ルメールへのブーイング

これをした人たちって、競馬を何だと思っているんでしょうね。 競馬場で紳士淑女たれ・・とまでは言わないが、ブーイングのやり方くらい 頭を使って欲しい。 もしブーイングをするとしても、相手は負けた陣営(武豊など)でしょ。

子供の八つ当たりのようなブーイングは あまりにも愚かで 後味が悪すぎる。 今後とも映像で綴られる有馬記念だけに これは後世までの競馬ファン史の恥。


今回は以下のところにTBしました
JRA重賞回顧
『ブーイングってアホですかw?』
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/237-c162e023

[コメントの投稿] 年末の毒舌大掃除




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。