調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

[NEXT.ENTRY]: 藤澤 和雄 厩舎

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

五十嵐 忠男 厩舎

2006/09/02 13:25 厩舎ミュー鑑

テイエムプリキュアに見える課題(Sep.02,2006 )

期待されていたテイエムプリキュアは、結局 クラシックで結果を出せなかった。

「重め残り」だとかで 美浦Dダートで ビシビシを追われ続け、厳しいローテで押せ押せの出走を続け、大目標であったはずのオークスに臨んだ。しかし、テイエムプリキュアは芝での冴えが無かった。

絞れない大型馬を使い詰めでダートとローテで絞り上げていくことは 見られる手法だけども、牝馬では こういうやり方はいつでも通用しないと思う。オークスの調教を見て、大舞台の経験の無さを 私は感じた、

テイエムプリキュアの厩舎には、おそらく経験の無さからの 余裕の無さ、そして思うような結果が出ない苛立ちがあったんではないだろうか。ここが課題だろう。(ダート調教からスピード競馬で結果を出すのは、それなりに技術が必要な気がする)

将来を見越して(Dec.08,2005 )

[阪神JF]で優勝したテイエムプリキュアを管理する五十嵐忠男厩舎が、 実はこれが重賞初優勝というので、ちょっと驚いた。

開業して十年以上もの間、重賞を一つも勝てなかった厩舎が、 こういう先(オークスなど)を考慮した調教構成をしてくるんだな・・と。 十年も重賞未勝利の厩舎が、目の前の重賞だけで一杯一杯にならず、将来を見据えて調教を変える自在性があるというのは、 考えがしっかりした厩舎なのかな。

これからちょっと注目してみたい厩舎かな。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(3)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/224-d6e1860b

[Comments]五十嵐 忠男 厩舎 投稿欄

44 ★ にゃんこ さん…URL @ 2005/12/19 22:13 [編集]
おへんじありがとうございます
先日は突然お邪魔しました。 お返事もありがとうございます。
五十嵐厩舎、、テイエムヒットべ、グリーンプレジャー、、
昨年、グリーンプレジャーが急に強くなって、期待したりしていたのですが、、
五十嵐忠男騎手が、初めて重賞を勝ったのが、前出の中日新聞杯、そのとき、32歳のようですね、、それから、数年後、イソノルーブルで、12月の3歳牝馬ステークス(当時G3)で重賞2勝目をあげました。たしかあと1戦して、次の桜花賞トライアルのとき、若い松永幹夫騎手に乗り替わらされてしまったみたいです。そして、その次の年か、次の次の年かに調教師に合格されたみたいです。
イソノルーブルで、クラシックに騎乗出来なかった無念を、テイエムプリキュアで、是非とも、がんばってほしいです。
41 ★ ミュープル さんURL @ 2005/12/14 02:53 [編集]
参考になりました ありがとうございます♪
詳しいお話 ありがとうございます。
こういう注目を受けない厩舎・調教師の人物・背景、興味深く拝見いたしました。

私も厩舎のことを勉強せねば・・と「厩舎の本」を買ったのですが、内容が希薄で全く役立たずで困っていたのです。
重賞未勝利であった五十嵐厩舎はなおさらです(三碧木星・蠍座とか、勝負は武豊起用とか、そんな程度じゃ・・・)。

ですから、にゃんこさんのコメントは、うれしかったです。
私も、こういう密かに地味に頑張っている厩舎は応援したくなりますよ。

テイエムヒットベも、調教は頑張っているんですけど、どうにも結果が出ないですね。
思い切って長距離戦に出走か、もしくは距離短縮ショックを掛けてみてもと思っています。熊沢騎手だけに、障害練習・障害競走とか・・・。それで 何か変わるかも。(神戸新聞杯のときも 長距離戦に出れば 面白いかも・・と書いてたんですよ)

テイエムプリキュアは、賞金を大幅上積みできたので、桜花賞~オークスの出走が楽しみですね。
一流厩舎に冷たく拒絶された馬が、評価の受けない厩舎で調教されて、大きく育って、、
いつか大舞台で 一流血統馬の一流厩舎に一泡吹かせる・・・
そんなストーリーも見てみたいですね★
40 ★ にゃんこ さん…URL @ 2005/12/12 21:08 [編集]
五十嵐忠男厩舎
はじめまして、、、、
私は、五十嵐忠男先生が、大好きです。
いつからというと、昭和58年、アスコットエイトというダートの得意な馬がいました。清水久雄厩舎の馬で、主戦騎手は、五十嵐忠男騎手でした。菊花賞での大逃げをし、(すごく速い1000Mのラップ)、結果は、ミスターシービーが優勝、アスコットエイトはビリ。
次の年の中日新聞杯、雪のためダート1700Mに変更。アスコットエイトはすばらしいレコードタイムで大差勝ちしました。
アスコットエイトという馬の父は、ヨドヒーローという、確か、阪神3歳Sを、2着した程度、10戦2勝で、種牡馬になった馬です。
新冠の淀農場生産、父ヨドヒーロー、母ヨドスイート、淀農場が、自分ところの生産馬同士を、配合しての馬です。
騎手時代から、地味な感じの五十嵐忠男騎手、イソノルーブルで3歳のとき、重賞を勝つも、本番の桜花賞前に騎手交代させられ、それで、さっぱりと、調教師を目指したのでしょう。
その後ですが、一時、私も競馬から離れたりもしていて、分からない時もありまして、、、、その間、ライブリマウント(ドバイに行ってピークが過ぎたころに、五十嵐厩舎に転厩。)、アカズキンチャン、、、とかいてて、、、
大変、地味ですが、馬のことを大事に思われている、真面目な方のようです。
今回はおどろきました、、
突然おじゃましました、、、、よろしくおねがいします

[コメントの投稿] 五十嵐 忠男 厩舎




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。
[NEXT.ENTRY]: 藤澤 和雄 厩舎

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。