調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

甦った豪脚…導いた若き手綱(毎日王冠・とおる観戦記)

2005/10/10 05:50 とおるのコラム

極度と馬場悪化がなく行なわれた毎日王冠。
午後から雨が止み、好レースとなった。


勝ったのは、7歳馬・サンライズペガサス。


実力がありながら、脚部不安に悩まされて思うようにレースが使えなかったが今年の春から復活を果たした。
そしてようやく手にした久しぶりの勝利。
長い休養から立ち直り、更にトップクラスのレースをものにした衰えぬ実力。
厩舎スタッフの努力の賜物だろう。


中団前に位置してレースを進めた後藤騎手。
開幕府中コースを熟知しているからこそ出来るレースぶりだったと思います。
あとの直線は、独壇場。
追えば追うほど伸びる末脚。
脚部不安で苦しんでいた馬とは思えぬ脚色でした。


これだけのメンバーを打ち破ったのだから当然次の狙いは、天皇賞・秋となるだろう。
ただ、この馬の場合は、脚部に爆弾を抱えている。
仕上げるのにかなり苦労するだろうが、悲願のGⅠ制覇も夢ではないかもしれない。
府中でより生きる豪脚こそこの馬の持ち味。
3ヵ月後に再び豪脚を繰り出すことに期待したい。


2着は、テレグノシス。


昨年の覇者であり、やまり左回りは走る。
年齢的な衰えを感じて、このレースは軽視して見ていたが、外から伸ばした末脚は、素晴らしかった。
パンパンの馬場だったら、もっと切れていただろう。
この馬の場合、マイルから1800メートルと適性距離に幅がなくまた、調子の回復が緩やかな馬。
天皇盾を選ぶか、マイルチャンピオンシップに向かうか?
この馬の動向も気になります。


驚いたのが3着のケイアイガード。


素質が高い馬である事は分かっていたが、まさかここで粘り切るとは…。
府中の開幕週の芝を味方に付けたとしか言いようがない。
ただ4・5着のバランスオブゲーム、ダイワメジャーを退けてた粘る脚は、評価出来る。
平坦コースの重賞ならチャンスが生まれてくるかもしれない。



4着は、バランスオブゲーム。


うまくレースは運べたが、いつものような力強い先行力が見れなかったのは残念。
もう少しカリカリした面を見せる馬だがややおとなしかった。
年齢的に衰えてきたのかもしれません。
この一戦で変わってくればいいが、ややスムーズさを欠いていたのが気になりました。


5着は、ダイワメジャー。


先行力を生かしてレース前半は、3番手を追走。
直線追い出したときは、いけると思いましたが伸びを欠いてしまいました。
パドックもそうだったが、やや気の悪さを出していた。
やはりまだ、精神面に課題を残しているか?



さて、問題のコスモバルク。


相変わらずの好馬体で、パドックでも落ち着いていた。
ここまではいいが、騎手が騎乗してから、気持ちが一気に燃え上がる癖が今だに解消されない。
レースでも我慢し切れずに、スピードに任せて一気に行ってしまい、府中の長い直線に耐え切れずに惨敗の11着。
天皇盾出走の為、必勝態勢で臨んだが破れた。


決して一流でない血統馬を鍛え抜いてきた地方の田部師。
ここにきて、外厩制度が仇となりつつある。
調教時に自分の手元に置けない事が、後々響いてきている。
一流配合馬でなく、また成長力も感じられない背景。
なのに進歩のない調教では、馬が苦しがるだけのような気がする。
コスモバルクの場合は、もう少しリラックスした環境の元手走らせてあげたいのが正直な気持ちです。


---


想像以上に荒れてしまった今年の毎日王冠。
だから競馬は、分からない。
また、天皇盾もより一層解らなくなってきた。

付記


以下の続きは、とおるさんの事前の予想の記録

毎日王冠・予想


マイラーと中距離路線に向かう馬達が揃う毎日王冠に今年は、多くの有力馬がエントリーしてきた。
夏場の新勢力と休養明けの馬との戦い。
ごまかしの利かない府中コースだけに激戦が予想される。

  • ◎ ダイワメジャー

  • ○ バランスオブゲーム

  • ▲ カンパニー

  • △ サンライズペガサス


本命は、ダイワメジャー。
昨年この馬をかなり酷評し続けたが、ノド鳴りの手術後馬が格段に変わってきた印象を強く受けます。
復帰した春のダービー卿CTや夏の関屋記念走りは、精神的な成長も感じたし、力強い馬体が本当に素晴らしく感じる。
関屋記念でコンビを組んだ横山典騎手が再び手綱を取る。
2000メートルの距離までならこの馬の持ち味が生きる。
好メンバー相手に、好内容で勝ってもらいたい。
対抗は、バランスオブゲーム。
6歳となったが、今でも衰えない力を調教で感じました。
この馬の気性からも、あっさり勝っても不思議ではない。
週末は、天気が悪く今でも小雨が降り続く天候。
決して道悪が得意な馬ではないが、開幕週の絶好の馬場を味方に逃げ切る可能性が非常に高い。
単穴にカンパニー。
重賞戦線で惜しい競馬で勝ち切れない馬。
父である無名のミラクルアドマイヤからあまり底力がない影響があるかもしれない。
切れ味豊かな末脚が武器であるがこの雨で持ち味が殺されてしまう危険性もある。
福永騎手の手綱捌きに注目です。
あとは、サンライズペガサス。
この馬も末脚が武器だが、切れ味というより、この馬は豪脚。
末脚にパワーを感じる。
ただ脚部に不安がある馬。
いつ壊れるか分からない不安がある。
だがこの長い直線が味方となる可能性がある。
新コンビ・後藤騎手も楽しみです。
好メンバーが揃って楽しみな一戦だが、雨が降ってしまい難解なレースとなってしまった。
この時期雨が多く、毎日王冠は、荒れるケースが多い。
実績のない馬にも十分チャンスはある。
雨が降り続くようなら、スズノマーチが面白い。
また、夏場の北海道シリーズで活躍したエリモハリヤーにも注意したい。

京都大賞典・予想


京都も今週から開幕する。
こちらも伝統ある古馬の一戦・京都大賞典。
中長距離が得意な馬が揃い、こちらの一戦も興味深いものになりそうです。

  • ◎ サクラセンチュリー

  • ○ リンカーン

  • ▲ ファストタテヤマ

  • △ ボーンキング

  • △ チャクラ


本命は、サクラセンチュリー。長距離に対して高い適性があり、期待した春の天皇賞は、体調不良で回避。
昨年暮れから上りつめた馬だが、その疲れが出てしまったようです。
前走の朝日CCで復帰。
決して得意でない2000メートルでの復帰であり、五ヵ月ぶりのレース。
6着の成績は、度外視か?
叩きながら調子を上げる馬。
そして得意な京都コース。
内枠という絶好の枠を引き、復活の期待が大きい。
サクラセンチュリーの相手は、リンカーン。
素質が高い馬であるが、体質の弱さや勝負運のなさから勝ち星が遠ざかっている。
そろそろ陣営としてもなんとかしたいだろう。
ここを勝たないと、秋のGⅠシリーズに出れない状況にあるだけに、かなり仕上げてきたと思います。
鞍上は、武豊騎手を確保し、万全の態勢で迎える。
ファストタテヤマの豪脚がかなり復活してきている。
夏の札幌競馬で相手は強くなかったが、得意ではない小回りコースで自分の形を崩さず追い込む姿に復活を感じました。
今回は得意な京都コース。
叩きながら良化していく馬だけに、今回は絶好の狙い時かもしれない。
実力馬・ボーンキングも復活してきている。
前走の朝日CCは、非常に惜しいレースだった。
決め手がない馬だが、追い込んできた脚色に迫力を感じた。
安定感がある馬であり、叩き良化が臨める。
軽視はできない。
長距離戦の安定勢力のチャクラまで走破圏内か。
関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(1)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/187-f648dc16

[コメントの投稿] 甦った豪脚…導いた若き手綱(毎日王冠・とおる観戦記)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

[Trackback]甦った豪脚…導いた若き手綱(毎日王冠・とおる観戦記)

実用・スポーツ・ホビー/ギャンブル/競馬

YutoST.NET AWS 【2005/10/11 14:58】
著者の競馬を見つめる視点がとても素敵であると思います。寺山修司さんの競馬エッセイを思い起こすのですが、著者はそれに馬券オヤジが加わっており、より身近に感じることが出来ます。私にとっての名馬は、金に縁の薄い私が、居酒屋で、金のことは心配しないでいいよ、とい

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。