調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

仕上げの着地点を測る手腕

2005/10/04 01:26 競馬雑記

昨年の私は、休み明けの函館2歳Sや阪神JFで、アンブロワーズの調教を褒めて ほめて、良い思いをしていました。



しかし、どうもこの頃、この厩舎の休み明けに信用が成らない。陣営がラッパを吹き鳴らすと、呪われたように馬が走らなくなる。



スプリンターズSのプレシャスカフェも、追い切りの時点で併せ馬に遅れて、師が不満を漏らしたそうですね。



この馬の敗因は、コメントによると「喉鳴り」の悪化だと言うことですが・・・・。その敗因はともかく、私の調教の印象を書いてみます。



あくまで私の私見ですので、その点はご理解を・・・m(_ _)m

けれど私は、「このぐらいの方が良いかもしれない。ここのラッパが鳴ると碌な ろくなことにならないからね」と思っていました。



外国馬のサイレントウィットネスの放馬が話題になっていましたが、あれでも騎乗者の居ない身で、平坦ダートを軽く一周し、最速ラップ推定12.5程度。



私は、それよりも、こっちのプレシャスカフェの前日追い(坂路 終い11秒台)の方が、問題を感じていました。


まずは、判りやすいように調教時計を まとめてみます。


プレシャスカフェの調教
日付3F1F(3F-1F)
9/_7南W36.913.123.8
9/14南W36.112.223.9
9/21南W35.912.323.6
9/28南W37.213.024.2
10/1美坂40.811.723.4
(終い1fを2fに換算)


一般の調教欄での時計(3F,1F)は 一見バラバラのように見えますが、実は、3F~1Fの部分でのラップが ほぼ一定なのです。また28日にしても、それ以前のものよりも外目を周った分の遅れで、実質的には同等のラップです。



28日になって、なぜ終いが緩んで、遅れたのか? この理由はよく判りません。



一般に この「遅れ」が調教評価を低くしている理由にされているようですが、私には そう悪材料には感じないのです。



美浦Wで24秒を切る時計というのは、調教でも速い部類ですし、それが4週連続、時計も変化なし(上向き無し)という状態。これは既に仕上がってるのではないか? もう仕上がりのピークが過ぎる直前ではないのか? と思ったわけで、だからこそ「早仕上がりかもしれない」と書いたわけです。



4週も速い調教をこなしていて、それなりの状態は出来ている様子だし、一週前には最後まで走りきれているし、急に問題が起きたわけでもないでしょう。それに一週前に追い切って、最終調教の終いをサラッと流す追い切りは、普通にあります。



途中も時計は実質同じように出せているわけだし、新聞などでよく言われた「併せ馬の遅れ」のどこがどう問題だったのでしょうか?私は或る意味、新聞の調教評価は、この調教師の泣き(弱気発言)に、流されていたような気もします。



もしそうでないというなら、この21日までの調教と28日の調教の説明をぜひお聞かせいただきたいのです。(これは皮肉とかイヤミではなく、純粋に意味を知りたい。私には この追い切りが良くなかったという意味がよく判らないのです。)



そこで、いまさら前日追いをする理由、なぜ11秒台の時計が必要だったのか、私は判りません。ピュッとしたスピードを追い切りで出したかったのに失敗したということかもしれませんが、馬なりで11秒台を出せたということは、もう既に仕上がっていた証のような気がします。



前日追いの11秒ラップを出した後・・・調教師はご機嫌なコメント。ついに災いの強気発言 テキのラッパが鳴り響いてしまった。・・・それは仕上げのやり過ぎの警鐘だったのかもしれません。



一方、坂口大厩舎のデュランダルは、調教の加減が絶妙なんでしょうね。



この馬は、追い切りの段階までは「ちょっと足らないかな?」というところでいて、当日にはキッチリと仕上がっているんですから。同馬の仕上げはいつも、ちょっと足らないぐらいで追いきって、当日にピタリと帳尻を合わせてくる。このデュランダルの休み明けは、いつも絶妙な仕上げ加減を感じますね。



「仕上げの着地点を測る手腕」、それは仕上がりや競走馬生命の浪費を抑える一つの手腕です。これは厳しいG1を連戦するためには必要な技術で、超一流厩舎とそうでない厩舎の差でもあると思います。


関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/183-fecd1044

[コメントの投稿] 仕上げの着地点を測る手腕




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。