調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

秋華賞 異端的考察 「エアメサイアとラインクラフト 両馬が沈むとき」

2005/09/22 23:23 競馬雑記

ローズSの本質的な回顧考察は、他のブログでも行なわれていると思います。
ここでは、別の側面から、誇張して、大げさに、紛らわしく、書いてみようと・・・。(^^;




私には このところ多忙で、調教通信だけでアップアップの状態のため、なかなか文章を綴る余裕もないのは、我がブログながら 寂しい というか、どうにかしないと・・・と思っているのですが・・・
(世間は祝日でも、明日も仕事です・・・)。




エアメサイアに 余力は残っているのか?


私はローズSの調教通信で『仕上げを留めている』と言うようなことを書きました。
ところが、馬体重の発表は -8kg(馬体減)という意外なものでした。



なぜ意外だったのか?
その前にまずエアメサイアの、今回の調教をざっと説明します。



8月は函館に入厩。これは避暑という意味と、手元で管理したいという意味かと思われます。
8月の間は、週に2回のペースで14-14の調教。
函館を去る前の31日に併せ馬を13-13で馬なり先行同入。


9月は栗東で調整。
8日にやや強めながらも余裕のあるペースで坂路を登る。(ハロン12秒台半ば)
11日に、馬なりで15-15の感じ。
14日、最終追い切り、ここで武豊が攻め役となって、併せ馬追走先着。(だいたいハロン12秒台前半)
おそらく息の乱れない程度の余裕を残した追い切り。


この調教は、厳しいとは言えない、或る意味「並かそれより緩め」の調教です。この馬の能力からすると、甘いくらい。だから「仕上げをし切っていない」と判断したのですが・・・。



「馬体が緩まないように乗り込んできていたから・・・」だから馬体が締まっていた・・というのは筋は通ってます。



ですが、基本的なこととして、手加減した調教で、秋初戦から馬体が減ってくるというのは、やはり何か不審な感じもします。



もしかすると、計算外に、ローズSの時点で仕上がってピークが来てしまったのかもしれない。
もしそうならば、秋華賞では思いもよらない凡走が起きるのかもしれません。



鍵はおそらく調教本数です。
一般的な4f~5fの調教が、きっちりこなせているかどうか。
それでいて、馬体がさらに大きく減るようなことはなく済むかどうか。



(武豊のローズS後のコメントも、何かモヤモヤしたものがあるような気がしたのだけど・・・)



ラインクラフト 福永騎手の調教センスに不安


このラインクラフト、最終追い切りはおそらく福永騎手が攻め役となると思われます。
ですが、ここに不安があるともいえます。



実は、この福永騎手、小倉2歳Sのエイシンアモーレで、調教ミスをした(と私は考えています)。
この大きな馬体減で人気を裏切ったことは、記憶に新しいと思います。



エイシンアモーレの一週前の調教は牝馬にしてはキツイものでした。


小倉ダート稍重:6f 79.7-4f 50.9 併せ馬叩き一杯

仕上がり早いこの馬に、一週前での段階で、この調教はいささか強すぎます。
これで馬体が減ってしまったのだと、私は考えます。



エイシンアモーレは、一応は「牧場から帰って来たときに馬体が減っていた」なんて説もありました。
もしそれが馬体減の理由とするなら、なおさらのこと。
馬体が減ってしまった馬に、このような調教を施す感覚などは、とても調教が下手だと思います。



福永騎手のお手馬ラインクラフト、春には調子を崩したと思われる時期もありました。
この馬は、調整失敗や反動も起こりやすい馬なのです。



エイシンアモーレのときと同じ、調教のヘマを福永騎手が やらかすかもしれません。
騎手の追い切りは勝負掛かりと言われたりもしますが、
騎手は助手に比べて、追い切り失敗することが比較的多く、
騎手による追い切りは時として、人気を裏切るパターンでもあるのです。



秋華賞の追い切り記事で「ラインクラフト 猛時計! 」
なんてことが新聞に出るようだと、逆に疑って掛かった方がいいかもしれませんね。






今回はあくまで穴埋めみたいなネタです。
穿った(うがった)見方をすれば、こういう見方も出来る」というような意味合いと見てくださいね。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/173-39c9e10c

[コメントの投稿] 秋華賞 異端的考察 「エアメサイアとラインクラフト 両馬が沈むとき」




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。