調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

[PREV.ENTRY]: 非血統論宣言?

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

日本王者の熾烈なる戦い(インターナショナルS観戦記)

2005/08/30 08:22 とおるのコラム

昨年の年度代表馬であるゼンノロブロイが挑戦したインターナショナルS。
出走頭数は、少なかったが好メンバーが揃った。


昨年暮れに古馬中長距離レースを総ナメにした馬でかなりの期待をかけられていた。
日本のトップトレーナー・藤澤調教師の管理馬でこの日の騎乗は武豊。
好条件は揃っていたが、スピードある馬には、英国の芝の適性が心配だった。
中距離戦の瞬発力が持ち味でこの競馬場で生きるかがカギだと思っていました。
しかし、直線が長い競馬場。
頭数は少なかったものの、厳しい戦いとなると思った。

勝ったのは、レース序盤から後方に位置したキネーン騎乗のエレクトロキューショニストだった。


ゼンノロブロイは、首差の2着。 動きを見れば、かなり惜しかったレースといえる。
瞬発力の素晴らしい馬だが芝にもうまく対応していたが直線に入ってからがうまく流れに乗れていなかった。
ゼンノロブロイも後方からの競馬だったが、抜け出すタイミングが悪く、進路を変えるたびに壁となっていた。
やっと大外に持ち出したが、更にその外に進路を取ったキネーン騎手のうまさが光った。
あの脚色ならゼンノロブロイの力なら勝てていた。


あのタイミングで抜け出せなかった武豊騎手は、この事は、コメントをしていなかったが悔しく感じていたに違いない。
このメンバーを相手に好走したとは思うが、内容的には、個人的に不満に感じた。


ただ、ゼンノロブロイの力なら世界に通用する。
今の充実期に国内戦で終わらせるのは、もったいない。
残り少ないサンデーサイレンス産駒だからこそ、もっと世界に挑戦してほしい。
もう既にある日本のタイトルより、世界の歴史あるタイトルに挑戦してほしい。

関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/159-889b954e

[コメントの投稿] 日本王者の熾烈なる戦い(インターナショナルS観戦記)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。
[PREV.ENTRY]: 非血統論宣言?

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。