調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

真夏の大激戦(札幌記念) ~とおる観戦記~

2005/08/22 22:54 とおるのコラム

秋のGⅠを睨み、各路線の馬が集まって行なわれた札幌記念は、このレースに連闘で臨んだ古馬牝馬・ヘブンリーロマンスが激戦を制した。
このレースは、レース序盤から激しい攻防が続いた。
先行馬にとっては、厳しい流れとなってしまった。


以下、続きにて

戦況を見ながら逃げたのは、古豪・コイントス。

この馬は、うまく逃げたと思います。
この馬の後方に位置した馬達は、出入りが激しくペースを乱された。
コイントスは、破れはしたが久々の好走の3着。


このコイントスの逃げを打ち破ったのがヘブンリーロマンスです。

牝馬特有の一瞬の切れ味をうまく使っての重賞制覇。
ペースも差し馬に合った流れとなり、騎乗した松永騎手も巧く乗りこなしたと思います。
雨で切れ味が半減してしまう札幌の洋芝を苦にしない末脚は光っていた。
逆にパワーのいる馬場も向いたのかもしれない。


冬のダート戦・フェブラリーSから調子を崩したがここで一気に復調。
牝馬戦線に新たな古豪が加わり、楽しみになった。


ゴール前の攻防を熱くさせたのが鼻差で負けたファストタテヤマ。

本当にこの馬は、掴み所のない馬です。
長距離戦に高い適性を示す馬ですが、この中距離戦での鬼脚は、素晴らしかった。
いつも長距離戦で期待していた脚をようやく繰り出してくれた感じがします。


ここまで追い込んで2着というところもこの馬らしい。
いつ爆発するか分からない鬼脚がこの馬の特徴でもあり、魅力でもある。
まだまだ軽視できない馬です。


4着にブルートルネード。

巧く乗ったとは思いますが、やはり先行勢の出入りの激しさに巻き込まれてしまった気がします。
ただあの流れを凌いだのもこの馬の成長か?平坦コースの重賞ならまだ見限れない馬です。



期待されたダンスインザムードは12着に敗退。

今の現状、気性的に難しく急激な良化を求めるのは酷なのか?
昨年から感じていた輝きが、走るたびに色褪せてくる感じがする。
馬体は素晴らしくバランスが取れていて、男馬を凌ぐ強さを感じた馬。
だが今の彼女は、その輝きを失いつつある。
昨年のローテーションが若き牝馬にとって過酷だった。
その反動が出ている感じがする。
精神的に厳しいレースを拒否している感じすらする。
エリートホースが揃う藤沢厩舎の管理馬であるが、このまま輝きを失い、引退を迎えてしまうのか?
早く輝きを取り戻して欲しいが、思い切った休養が必要な時期にきたのかもしれない。


3歳馬で期待したスムースバリトンは、最下位の14着。

調教の動きから、長期休養明けを克服する能力を期待したがレースぶりは最悪の結果となった。
全くこのレースの流れに乗れずに馬群から離れる一方で、何も抵抗すら出来ずに終わった。
次走でこの大敗の影響が出なければいいが、骨折明けでこの内容では、ディープインパクトに近付く以前の問題です。
もう一度立て直して、昨年の走りを思い出してほしい。




真夏の重賞は、調子を維持させる難しさがある。
牝馬が連闘で挑んだ勇気と巧みに操った牝馬の使い手・松永幹夫騎手の見事な手綱が際立った。
破れた有力馬達の逆襲が楽しみとなった。


関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/154-2beb6cd8

[コメントの投稿] 真夏の大激戦(札幌記念) ~とおる観戦記~




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。