調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

≪宝塚記念≫2強を切り裂く切れ味豊かな牝馬の差し脚(とおる観戦記)

2005/07/05 21:04 とおるのコラム

今年の宝塚記念は好メンバーが揃い、メンバー次第で展開の変わる構成であった。
2強と言われるタップダンスシチーとゼンノロブロイが異常なまでの支持を集めていた。
他の馬もこの2頭を負かせる可能性があり、この支持率に疑問を感じていた。


以下、続く

この宝塚記念を勝ったのは、牝馬であるスイープトウショウ。

今年のメンバーやレース内容を見て、本当にすばらしい勝ち方だった。
このレースを予想した時に、不気味に感じた馬にこのスイープトウショウを挙げたが、やはりこの馬の末脚の確かさは、本物だと改めて感じた。


血統面を見れば、中長距離の適性は、高くない。
むしろ、短距離戦に適した配合の馬。
だが、府中コースでの走りを見た時に距離の壁を越えている馬だと感じていました。
それが昨年のオークスであり、今年の安田記念の走りである。
際立つ一瞬の切れ味こそがこの馬の長所。
まさか、宝塚記念で勝利をものにするとは…。
中長距離戦で牝馬が勝ったのは、ヒシアマゾンやエアグルーヴまで遡る。
この宝塚記念の勝利は、かなりの価値がある。
安田記念でも2着に好走している。
先にも話をしたが、血統からすれば短距離に高い適性がある馬。


ここでの勝利は、かなり大きい。先行脚質馬が多かったこのレースで馬をなだめて乗りこなした池添騎手の好騎乗が光った。
本当に見事な騎乗だった。
仕掛けをワンテンポ遅らせて、牡馬で切れ味豊かなハーツクライや豪脚馬・サンライズペガサスの脚を封じたレース内容は見事です。
ますますレースの流れを読み取るセンスが良くなってきた。
強引な所もあるが、大舞台に強さを見せる懐の深さも魅力の騎手です。


牝馬であり、レース選択が難しいが距離に対しても幅が出てきた。
秋は、秋の天皇盾やマイルチャンピオンシップを果敢に狙ってほしい。



2着は、ハーツクライ。

メンバー構成とあの流れでは、あのタイミングでしか動けないだろう。
まさか、先に仕掛けたスイープトウショウがあそこまでいい脚を使うとは想像していなかったと思います。
スイープトウショウの体調の良さに負けた気がします。


ただ、うまく差し脚を使い追い込んだが血統的な弱さも感じます。
一瞬の切れ味は、一流のものを感じるが、あそこまで来て勝ち切れないのは血脈の底力の弱さかもしれません。
ただ、昨年感じたひ弱さはだんだん無くなりつつあり、秋のGⅠ戦線でもトップクラスの力のある馬であると思います。



3着は、ゼンノロブロイ。

負けはしたが、存在感はアピールした。
いや、やはりトップレベルの馬だと確信しました。
前半、先行馬が牽制しあって、どの馬が先に行くか分からず流れが落ち着いた。
だが、非常に出入りが乱れた流れに感じた。
騎乗したデザーモ騎手は、乗りづらい展開だったように思います。


この馬には、英国遠征を控えていた事もあり目一杯の仕上げはしていなかったと思います。
その中でも強さを見せたレース内容は評価できる。
リンカーンを差し返した脚は、かなり評価できる。


4着は、リンカーン。

この馬が一番勝ちパターンの内容だったが…。
先行集団をきっちりマークして4角を回ってうまく抜け出したがあっという間にかわされた。
4角で綺麗に抜け出した時は、勝ったと思ったが何の抵抗もなく敗れた。
だらしない負け方にがっかりです。
福永騎手も最高の乗り方をしたが、あの負け方は馬に能力が無い。
晩成型ではあるが、これ以上の上昇はこの内容では、厳しいだろう。



タップダンスシチーは、人気になりながら惨敗した。

予想した時にも言ったが人気を背負った馬の逃げは、非常に厳しい。
異常なまでにマークが厳しくなる。
それでも勝てる気配を感じたが…。


ペースは、決して速くない流れだったが先行する馬にとっては、厳しい流れ。
騎乗した佐藤哲騎手は、昨年と同じパターンだったと、レース後にコメントしたが、それは違う。
中盤からの流れは、絶対的に先行馬には、厳しい流れ。


負けても大きく沈まなかった所が、一流馬だと思います。
ゼンノロブロイもそうだが次に繋がる走り。


確かに勝つことを確信しての出走だったかもしれないが、高齢馬にとって流れも向かなかったし、気候も厳しかった気がする。
この暑さは、かなり堪えたと思います。
この状態なら引退は、もったいない。
秋は、レースを限定すれば再び頂点に立てる逸材だと思います。



さて、話題性に陰りが見えてきた地方所属馬・コスモバルク。

ここでのブログでミュープルさんが指摘していることと違うかもしれないが、調教が強すぎる。
香港遠征帰りと暑さを考慮しても、今回の馬体減は、調教が厳しかったとしか言いようがない。


二歳の頃からこの馬は、厳しく鍛えられ、かなりいい体となったと思います。
僕の個人的な意見かもしれないが完成した馬は、びっしり厳しくやる必要はないと思っています。


昨年は、あれだけの好走をして完成した馬。
直前は、軽くした方が気性の激しい馬は、いいと思っています。
強い調教が多い。
毎回代わり映えしない調教が出世を阻んでいる。
これだけ、若い時期に上りつめた馬。
休み明けならともかく、使い込んできた馬ならもう少し、直前は流すくらいの余裕があっていい気がする。
鍛えるのもいいが、精神的な内面も考えてあげないと、馬がかわいそうです。


この惨敗では、秋のレース選択にかなり迷うこととなるだろう。
この馬のしぶとさを再び見たい。
昨年からの激走の疲れも感じ取れるだけに、夏はゆっくり休んでほしい。



春のグランプリは、大波乱となった。
やはり2強と言われるレースは、絶対はない。
また、逃げ馬の難しさも改めて感じた。


3歳のスターとなりつつあるディープインパクトと古馬の戦いに大きな期待を寄せながら、夏の競馬を見ていきたい。
春を休養に充てた未知なる力を秘めた馬達がこれから出てくる。
ディープインパクトの休養中に必ず刺客が現われる。


今年の秋は、かなり面白い競馬となる。
そんな期待を寄せながら、夏の競馬を見ていきたい。


関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/131-ecd4687c

[コメントの投稿] ≪宝塚記念≫2強を切り裂く切れ味豊かな牝馬の差し脚(とおる観戦記)




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。