調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

ワタシ的に憂さを晴らしたダービー

2005/05/29 22:53 競馬雑記

今回は非常に個人的なことを書こうと思います。
他の人からすると実にくだらないことでしょうけど、私にとって、今回のダービーの馬券は競馬というものへの執念に関わるレースでしたので。



今年のダービーは、きっちり馬券を獲らせていただきました。
ディープインパクト=インティライミの馬連一点勝負 (オマケでインティライミの単勝千円)。



このダービーの的中は、競馬を始めたときの執念というか貸しというか、私にとっては「ただの的中レース」という以上の(気持ち的に)勝負レースでした。
(傍目には、金額も配当も大きくはないでしょうけど・・)



以下、続き

今から十数年前のダービーが、その始まりでした。
そのときの私は馬券を買い始めて2回目という超初心者。
JRAの競馬場がいくつあるかも知らない、芝とダートというコースの違いも知らない、そんなドシロウトでした。



その私が、買おうとしていた馬が、ライスシャワーという馬。
そうです、このときに2着に入り、300倍近い配当を演出した人気薄の馬です。



私は新聞の予想欄を見て「専門家の予想でライスシャワーは論外というなら、要らないだろう」と考えてしまったのです。



今から思えば、実にお人好しでしたね。
今の私がタイムスリップして、そのときの私に会えたのなら、「新聞の予想なんてハズレばっかりなんだから信用するな」って、助言するでしょう。
でも「馬券」「競馬」というものをたった1回しか経験の無い私には、専門家というのは「見習うべき先生」に見えていたのです。
なにせ「競馬って芝コースでやるものだ」と何となく思っていた程度の初心者でしたから、今から思えば可愛らしいものでした。



そして1992年のダービー、結果は、その専門家を嘲笑うかのように、その人気薄がミホノブルボンの2着に粘りこんだのです。
私は凄く悔しかった。



私はこのとき、この借りは絶対に返したい、こんなバカ予想家よりも競馬予想を巧くなってやる!そう決意しました。
予想家不審の私は、「独自に予想する」ことこそが、王道だと悟りました。絶対に予想家やトラックマンの予想に頼らない予想をする技術が欲しい!と。
そして、ダートコースの存在も知らず、京都競馬場の存在も知らない私が、競馬の勉強と研究を始めたのです。



このビギナーズラックを逃したことで、その後はギャンブルの女神の怒りに触れた感じでした。
「惜しくも万馬券」ということが多々ありましたが、「なぜ惜しいことばかりなんだ?」「あのときのダービーから、何か悪い流れが続いてるな」・・・そう感じていた私です。



そのうちに馬券で勝つ為には、未勝利戦で勝てるような能力が必要だと感じたので、研究対象がG1から未勝利戦へと移行。
このときからダービーの馬券はほとんどお預け状態。
私は、G1が行なわれている日でも未勝利戦・500万下条件だけを買うような変わり者になっていました (^^;



未勝利戦というのは、時計指数などというものではダメで、競馬を本当に知っている者じゃないと勝てない世界です。
特に高配当の馬券を獲得するには、初出走・休み明けの馬の取捨がポイントになります。
それには調教を読み解くことが必要になります。



これが私が「調教」というものに関わりだしたキッカケでした。



あれから13年が経ち、「調教のブログ」を立ち上げるようになり、この頃はG1の馬券も買うようになりました。
そして今年のダービーを迎えました。



その調教評価で飛びぬけた馬が2頭。
「史上空前の最強馬のディープインパクト」
「早くからG1の器を見せていたインティライミ」



騎手の武豊も佐藤哲三も信頼できる騎手。
池江厩舎も、佐々木昌三厩舎も、G1の勝ち方を知っている厩舎。



そしてあのときのライスシャワーの馬番の13、あれから13年。


ダービーの馬券なんて、ここ数年買った記憶が無い。

ここは、あのときのダービーの借りを返す時が来たんじゃないか!?・・・何となくそう感じました。



500円単位でBOX買いが基本の私が、今回は「ディープインパクト=インティライミ」の馬連で実質一点、◎万円勝負。
(遊びでインティライミの単勝千円)



そしてダービー。



インティライミが自分から勝ちにいくレースを見せ、そこをディープインパクトが完膚無きまでの強さで勝利する。
先行陣は直線に沈み、後方待機群も3着争いまでが精一杯、前に見える2頭にはとても届かない。
私の眼に映ったのは、飛びぬけた2頭の強さ。
もちろん、ディープインパクトの迫力は、際立っていました。



掛け金も配当も大きくは無いけど、私の心の中では大きな意味の有る的中でした。


関連記事

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(1)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/107-e9f838bc

[コメントの投稿] ワタシ的に憂さを晴らしたダービー




≪運営者だけに伝えたい時は ここにチェック

SUBMIT:
★パスワードを設定しない場合、投稿後の修正ができなくなります。

[Trackback]ワタシ的に憂さを晴らしたダービー

ドラマチックな・・・ 東京優駿回顧

[的]競馬ニュース的ブログ 【2005/05/29 23:13】
ドラマチックだったなぁ~。5馬身差の圧勝は、ミホノブルボン以来13年ぶりに6頭目の無敗の2冠馬の誕生と

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。