調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

ITEM: 2010年12月

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

『ワイド中継』終了、競馬の良心 一つ墜ちるのか

2010/12/13 17:45 競馬会に対して [ワイド中継 競馬中継 ]

敢えて競馬と距離を置くことにしたのが昨年末でしたから、 一年ほど経ちました。・・・お久しぶりです。

その間に、競馬の世界が どう変わろうとするか見極めようと、 競馬新聞も馬券も触れないままでしたが、意識はしていました。

この一年間、いろいろありました。そして これからの一年間、いろいろありそうです。

昨年末に指摘懸念していた 5重勝馬券も いよいよ始まりますが、 私は それに何も興味も感想もありません。 懸念していた税金など どうなるのかなども、よく知りません。

更新の止まったブログに さほど目に留まることもないでしょうけれど。 ちょっと気になっていたことを。

『競馬ワイド中継』の番組終了

一年近くの間で個人的に最も失望したニュースは、 関東UHFの『競馬ワイド中継』の終了です。

個人的に これがJRA最大の愚策だと思っています。

関東圏以外の方には無関係だと思われるかもしれません。 しかし、実はそうではなく、 この『ワイド中継』の終了は、競馬全体の問題の象徴のような事件だとさえ思っています。 そして関西でも 終了する番組があるようですね。

そもそも近年のJRAの「新規ファンの獲得」のための施策は その多くが失敗ばかりです。 ディープ神格英雄化にしても、TVのCMにしても、フジテレビ系の競馬番組も、です。

その一方で、本格的な競馬ファンの拠り所として、競馬の良心として、 生き長らえてきたのが、この『ワイド中継』でした。 騎手や裁決に対し、疑問や批判を提示できる解説者が存在した 数少ないコンテンツでした。

その長年にわたって育んできた貴重なコンテンツの方を わざわざ易々と自ら手放すとは、 JRAにはそうとうな間抜けの幹部が居るものだ・・・と思います。

地方ローカル向けの媒体よりか、全国で見られる媒体の方が、良いことは理解できます。 安価で全国に伝播できるのは、経費削減策としてなら結構なことです。

ただし、中身が劣化するのなら、話は別です。出演者の名を聞いてはいますが、あの人たちに ギャンブルの話は出来ても、競馬の話は難しいでしょう。少なくともUHFよりかは、フジテレビレベルに近いものになるように危惧します。

また 競馬の経営面としても、馬券購入者の平均年齢の老齢化からして、 生活リズムとして組み込まれている競馬中継を撤退させることは、 ファンの興味と動機を失う 引き金になることでしょう。

今 競馬の危機は そうとう深刻なものです。 これは過去に述べましたが、競馬の最大の危機要因は「競馬が世間の知名度を失うこと、存在を忘れられてしまうこと」です。 今回の番組終了と事実上のUHF撤退は、さらに競馬のマイナー化が進行していくことだと危惧しています。

かつては、「友人や後輩を競馬に誘うような、競馬ファンを増やすファン」や「競馬を知らなくても 話題として知られる馬」「競馬にノメリこませるような 大人気の競馬ゲーム」が存在しており、 極論を言えば 「JRAが何もしなくても ファンやマスコミが 競馬を盛り上げてくれた」ところ、 最近では そういう存在が少なくなってきたように思います。

ならば なおさらのこと、今ある競馬ファンには そのまま 馬券を買ってもらえるようにして、 さらに少ない望みながらも 新規の競馬ファンが増えるようにする、それが大切なことです。

JRAの勝手な都合に、従来のファンが どこまでも付いて行くと思っているのなら、まずは その傲慢さから 改めなければならないでしょう。それでも競馬に付き合ってくれるファンというものに、 JRAは何をもって応えられると思うのか、考えてみるべきでしょう。

『ワイド中継』の存在そのものを無くすほどの理由など、あるようには思えません。 どうやら経費を削減するためらしいのですが、それでは移行で済むことです。 出来の悪いテレビのCMを続けているのを見るにつれ、グリーンチャンネルの有料ながらの中途半端さからも、 その落差 その不合理さが 際立って見えます。

ここに 「或る一番組が終わる」だけでなくて、今のJRAの運営の酷さがある象徴のような事態だと思っています。 そんな運営で、この売り上げ低迷・ファン離れに歯止めが掛かる望みはあるのでしょうか。

長文乱文で失礼しましたが、今の思いを率直に書いてみました。

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/761-36879c64

【有馬記念】調教通信 2010 ≪1≫ (特別発行)

2010/12/25 20:07 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 ブエナビスタ ドリームジャーニー エイシンフラッシュ ]

中山大障害、面白かったー!
やっぱね、障害レースは無くしちゃいかんですよ。 このレースを見て、競馬への意欲が出てきた気がします。

さて、「競馬の祭典」ということで、賑やかしに参加する意味で、 一年ぶり 特別に 調教通信です。

競馬から離れていましたので、実は 調教コースの状態や馬場の変更など、 一切 判らないことに加え、久しぶりのことで 調教眼がそうとう劣化していると思います。

あくまで ネタとして、 あまり深刻に受け止めることなく、おみくじや星座占いの感覚で見ていただけるといいかもしれません。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/762-f2009165

【有馬記念】調教通信 2010 ≪2≫ (特別発行)

2010/12/26 06:19 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 メイショウベルーガ トゥザグローリー ]

他の馬について、調教指数です。 中に一頭、隠れた不気味な馬がおります。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/763-696eab98

有馬記念の回顧感想雑感

2010/12/30 16:28 競馬回顧 [有馬記念 調教診断 トゥザグローリー ブエナビスタ ]

競馬と距離を置いていたので、今年の有馬記念は、2010年で 唯一 馬券を買ったレースでした。

そして、2010年で 最も 心臓をバクバクさせた瞬間でもありました。 胸の鼓動が バックン バックン と激しく脈打ち、心臓が破裂するかと思うくらいでした。 金額は大したものではないですが、私は根が小心者なので・・・。

中山の最終コーナーを回って、トゥザグローリーが先頭を窺うところ、 ヴィクトワールピサに迫ろうか、ブエナビスタに差されるか。 その短い 短い と言われる中山の直線が、なんて長い時間に思えたことか。

さて、有馬記念、調教通信を出したのだから、回顧もしてみたいと思います。 既に様々な回顧が為されていると思いますが、ここでは調教面を絡めての 回顧。 

≪ヴィクトワールピサの距離適性??≫

まず、勝った ヴィクトワールピサについて。 好位に取り付き、向こう正面で進出、直線を凌ぎきって勝利。

下馬評では距離不安とされており(ギュイヨンが 2400mでは長い とのコメントもあってか)、 この中山2500mは 不適とされていました。 また、今回の勝利も スローペースによるものとの声もあります。

ですから、「長距離が向いている」と逆を書いた私の調教評を見て、 一見さんの中には「コイツ(の調教評価)、ダメだ」と見限った人、いるでしょうねぇ・・。

でも、調教で距離に対応したメニューでしたし、走りも 姿勢が低くて 長距離に或る程度の適応性が窺えました。第一、距離不安の馬が 今回の主導的なロングスパートなんか 出来るわけないと思いますよ。

馬の能力を信じて、レースを作る・・・ デムーロの好騎乗があったことは言うまでもありません。

≪豪傑牝馬 から 愛される馬へ ・・・ブエナビスタ≫

2着のブエナビスタ。 頑張ったのですけど、やや消極的な位置取りと展開・・・。 それまでのスミヨン騎手を取り巻く経緯と人間関係が 複雑に影響したのでしょうか。

能力は示しました。運が無いこともあります。 けれども、悲観することはありません。

ブエナビスタは「勝利の女神の寵愛を受けられなかった」ことで、 却って 「愛される馬」になる道が開けてきた と思います。

過去、「ファンに愛された馬」は 「強い一辺倒の馬」ではないのです。 強い一辺倒の馬は 強さ崇拝者に愛されますが、強さに翳りが見えてくれば、見捨てられます。 愛される馬とは、強いのに勝てない、どこか憎めない、頑張っても報われない、それでも健気に頑張っている・・・。 そこに 渋いファンは惹かれていくと思います。

このジャパンカップから有馬記念の軌跡は、 「ブエナビスタが、スーパーホースから、アイドルホースへの転身」になると思ってます。

巷でよく 調教で翳りがあった・・・と評されていますが、そこに根拠が示されていないので よくわかりません。

≪潜在能力を信じて・・・トゥザグローリー≫

そして 私の心臓をバクバクにした トゥザグローリー

調教のサイトとしては、今年も 一応 面目を保てました・・・、ほっとした・・・。

あと、やはり、「騎手」ですよ。何と言っても。 ウィリアムズ騎手が しっかり乗ってくれました。

調教で能力を示す馬がいても、それを発揮できない日本人騎手が 多いこと。 能力馬を駄騎乗で好機を潰すヘッポコ騎手に、歯軋りすることは少なくありません! 調教サイトでありながら、いちいち(専門外の)騎手や戦法に言及しなくてはいけないのは、そのためです。

外国人騎手だけで馬券が取れた・・・という現象は、 日本人騎手のダメさが証明されてしまったようなものです。

「能力を発揮し、勝利を目指す」 こんな当たり前のことができないのは、 日本の騎手の問題、とくにエージェント組織の発達による馴れ合いですね。 これを解決するには、JRAは、騎手の騎乗数に制限を設け、一頭一頭に真剣に走らせる意識をトップ騎手に持たせねばならないと思います。

≪勝負は まだ先・・・ペルーサ≫

4着、ペルーサについて。 これには、誤解が生じているのかもしれません。

今回はゲートをスムーズに出ることが、第一の狙いだったと思います。 そのために、仕上げが少し甘めになると予想されましたし、 実際 レースでも ゲートは上手く出て、位置取りも良いのに、意外と伸びなかった・・・ということです。 

この馬の評価は、次走以降で良いと思います。追い切りで仕上げてきたら、そのときでしょう。 この馬は、真面目に走りますし、調教でも前向きでした。 ですから、仕上げようと思えば 一発で仕上がると思います。

≪そのほか≫

ルーラーシップは、外々を周る競馬で、中山2500mで この競馬は不利。 これは 或る意味、個性や適性によるもので、仕方ありません。 コースが変われば、能力を発揮するでしょう。

エイシンフラッシュは、展開が敗因でしょう。 ブエナビスタに次ぐ、最速の上がりを出しましたが、4角まで動けずに、中山の直線だけでは、前残りは差しきれなかった。 勝手な想像で言うなら、陣営の作戦ミスというか、体勢が出来ていなかったか。 切れ味勝負と決め打ちにした以上、こうなるのも勝負のアヤ。 中山で ダービーの走りを再現しようということ自体、いささか楽観的過ぎないか?

ドリームジャーニーが 良いところ無しの凡走。 これについては、正直 判りません。 調教で仕上げ具合の不安も囁かれましたが、 仕上げが足らなく見えても 走る馬なので、この馬は 調教で判りにくい馬です。 ただ、調教で、足下不安からCWを避け、なおかつ 坂路コースが重不良馬場だったために、スピードが戻ってこなかったことがあるかもしれません。 また、久々で引っ掛かったことも、上がりの脚を失わせたのかもしれません。 次走の様子次第でしょうね。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/764-477ad0c9

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。