調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

ITEM: 2009年12月

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

ウオッカ 語り(1)

2009/12/13 00:44 ウオッカ語り [ウオッカ 角居厩舎 調教 ミクロコスモス ]

ウオッカについて 肩肘張らずに率直に ぽつぽつと、幾つか書いてみます。 これから何について書くのか、それをどのように書いていこうか、どんな感じになるのか、自分でも判りません。 ま、読みづらいのだけは いつもの通りです。


角居ゆるゆる調教は 基本的に先行タイプ

私はウオッカが「マイラー専用馬」とか「追い込み馬に向く」だなんて思った覚えはありません。 それどころか追い込み専用にするなんて愚かだと思ってました。 (たぶん、ウオッカに関して 過去に距離適性がどうこうと書いた覚えはないのですが、 もし あったら それに関しては釈明するつもり)

そもそも角居厩舎でのトラック調教馬は、有酸素運動を強めるのに長けている厩舎です。 すると、極端なスローペースよりかは、或る程度 速めに流れてくれるペースで強みを発揮するはずなのです。

だから角居厩舎のトラック調教馬は、極端なスローペースを誘発したり、何が何でも脚を溜めこむような追い込みは おおむね不得手なんです。

同じ過ちに陥ったミクロコスモス

だから ミクロコスモスの件では、追い込みに拘る この厩舎を「自分らの調教が判っていない」と私は批判しました。

訂正・・・実際に明確に記事にて批判したのは【菊花賞】調教通信'09(1)トライアンフマーチの項と その関連で【菊花賞】調教通信'09(付録)において記述を確認しました。馬は違えど、趣旨は同じです。

阪神JFの3着は、鮫島騎手の好騎乗で結果的に追い込みになっただけで、 今のような 脚を溜め殺す追い込みとは違うのです。

あのときの鮫島騎手は「脚を溜めていた」というよりも「心身ともに余裕を持たせて末脚を発揮した」という好騎乗でした。 道中の人馬の雰囲気は とても良い感じでした。 それなのに あの騎乗は批判されたりしましたし、もし武豊騎乗だったら もっと勝負が際どかった・・とか言われました。 とんでもないことです。だから私は 当時から 鮫島騎手を擁護してました。

その結果、このミクロコスモスは どうなったでしょうか? 武豊の追い込みで 成功したと言えるでしょうか? 私には、恵まれない成績が続いているように見えます。 (阪神JF3着から 引き続き鮫島騎乗で条件戦勝利の後、武豊に乗り替わって3回連続で一番人気を裏切っている。 重賞では武豊が騎乗するパターンだが、これで3着以内になったことは 一度も無い。 [2009年12月11日現在])

「脚を溜める追い込み」を武豊にさせている限り、結局 ウオッカの間違い(追い込みさせて負け続けてたこと)から 碌に学んでいないということでしょう。 あの3着が鮫島騎手降板させた理由となっているなら、陣営は誤りを認めるべきです。

(追記・・・だからといって、鮫島騎手に戻して好転するかどうかは定かではない。そもそも陣営の騎乗指示にしても問題含みだったりする。)

絶好の巡り会い ルメールで、距離延長でも先行策

騎手については また別にエントリーを設けて語るつもりですけども、 思い切った先行粘りというのに、ルメール騎手は最適だったと思います。 この騎乗を決めた陣営には、どこかで燻って(くすぶって)いた色々なことがあったのでしょう。

レースでは、行きたがる馬を宥め(なだめ)ながら、 それでいて 強みを発揮する速いペースで前目に取り付けていく。 そこから襲い掛かる周囲に惑わされず 焦らずに脚をじっくり溜めた後、直線で一瞬の脚で 一気に引き離し、粘りこむ。 馬体を合わせて行き 競走意欲を切らせず、諦めずに励まし続け、ゴールに滑り込む。

あのジャパンカップの騎乗は、外国人騎手ならではの素晴らしい騎乗でしょうね。 東京2400mを、先行策による優秀な走破時計での勝利には、とても大きな意義があります。

このウオッカのジャパンカップの優勝は、何かと距離適性を言い訳にしたがる厩舎村の風潮に 一陣の新風を吹き込んだはずです。競走馬は 人とともに 成長したり 学習したりする生き物です。感情も意思もあります。ゆえに能力も生きものなのです。


気ままに書いてみたら、あちこち訂正修正するハメになってしまった。 記憶だけで過去を書くのって 難しいことだね~。

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/757-76fa9313

【有馬記念】調教通信'09(1)

2009/12/27 11:00 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 エアシェイディ マイネルキッツ ブエナビスタ ]

久しぶりの調教通信なので、本当は 菊花賞のときぐらいに ガッツリと調教を診てみたかったんだけども、 どうしても時間が無いのが残念でした。

指数表記は、調教原指数と 今走の斤量で補正すべき補正値を 馬名前に掲げています。 調教時計評価は、二つの合算で見てください。

また、時計評価以外の面は 記号表記で、備考コメント前に掲げています。 どちらかというと、こっちの方が総合評価に近いです。 記号順位は (★)>◎>○>(▲)>△>× となってます。

  1. 《88+2》アンライバルド
    (△)以前よりか 時計が地味になっているように見えるけども、調子落ちではない。 こういう落ち着いた調教の積み重ねが 折り合いの成長に 効果が有ると思う。 ただし調整の過程上、最後は脚が甘くなる危険があるので、今回は先行策(もしくはスローペース)でないと望みは薄いと思う。
  2. 《88+4》ブエナビスタ
    (▲)出走するにおいて 最低限の調教をしてあるという印象。走らないと限っているわけではないが、調教密度がいくらか薄い。 調教内容と,この馬の性質と,騎手の性格と,中山コースということを 総合的に勘案すると、 最後の直線だけで切れ一閃に賭ける作戦なのかも・・・中山では針の穴に糸を通すような難しさだが。
  3. 《83》ミヤビランベリ
    (△)元々、あまり調教を派手に見せないタイプなので、調教評価がなかなか難しい馬。 今回、とくに目立った点はありません。
  4. 《89》マイネルキッツ
    (○)併せ馬でハイピッチの調教、春の天皇賞馬とは思えないほどの短中距離馬っぽさを出している。 反応が良すぎるのが 2500m戦としては ちょっと心配であるが、 近走でパッとしない以上 このぐらいの発破を掛ける必要があるのだろう。 それよりも最大の不安材料が 鞍上の未熟さだろう。言うまでも無く、騎手の評価は調教評価に含めていないので注意。
  5. 《84》コスモバルク
    (▲)かつての同馬とは 雰囲気が変わった気がする。もしかしたら、陣営の調教方針が変わってきたことがあるのかも。 とにかく調教情報の公開が不十分で調教状態が判らないために、なんとも評価しきれない。 さすがに能力の劣化はあるのだろうが、もしかしたら もしかして 一瞬の輝きのようなものが見られるのかも。 この馬が好きな人は 複勝ぐらい買っておく局面じゃないかな。
  6. 《89》エアシェイディ
    (○)調教の質量ともに良さそうな出来。 天皇賞の調教でも 良い雰囲気でしたし、能力は高いはず。 近走は大外枠の不利などもあって 成績が振るわないだけ。 切れ味に頑強に固執することなく この馬の通りに動けば、好走できると思う。

  7. 《90》マツリダゴッホ
    (△)動きは軽快で 能力はまだまだ衰えていない。 問題は、折り合いだと思うが、これに関しては まだ信頼が出来ない状況。 追い切りでは蛯名騎手が巧く制御できたが、加速が掛かる癖が本番でどうなのか 少々心配でもある。 終いにキッチリ走りきるような馬でもないので、中山向きなのか・・・。 というか、そろそろESPが出てくる頃合って気がしないでもない。
  8. 《86(-96)+2》リーチザクラウン
    (△)併せ相手を追いかける調教、一見 折り合いが付いて さらに差しまで出来そうに 映るかもしれないが、 私には 折り合いに関しては (調教による向上は)絶望的にさえ見えた。 速いペースで追いかけさせる以上、折り合い対策なんかではないと思う。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/758-c464bf8f

【有馬記念】調教通信'09(2)

2009/12/27 12:26 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 フォゲッタブル イコピコ テイエムプリキュア ]
  1. 《84》ドリームジャーニー
    (△) 率直に言わせてもらうなら、物足りない印象。 この馬は、基礎的な部分さえ整えてやれば 勝負にもっていける馬だと思うが、 逆に それだけで終わっているのが 不安を誘うとも言える。 勝手な推測で言えば、天皇賞の疲労で 馬体を立て直すのだけで精一杯だったのかもしれない。 パドックでの この馬のヤル気 気配しだいだろう。馬体重にも一応注意を。
  2. 《86+2》スリーロールス
    (△)この調教で足りるのか ちょっと不審な気もする。 追っても加速が掛からないし、何か腑抜けたような印象。 これは長距離馬の傾向とも言えるけども、印象としては平凡以下。 重め残りには注意したい。
  3. 《88+2》イコピコ
    (○)実質2F調教だけども、元気さが感じられる。 これまでの調教からしても 切れ味タイプなので、小回りコース向きなのか。 乗り替わりで追い込みは 難易度が上がると思うが、位置取りはどうするつもりなのか。
  4. 《88+2》テイエムプリキュア
    (▲)前走、軽いトラックコースの栗東Pコースに切り替えたのが 良い結果を生んだと思います。 そして今回は中山に切り替わるということで、Pコース追いから 直線の急坂を意識しての坂路追い切りかな。 それなりに良い感じだと思いますよ。あとは、脚質と他馬との兼ね合いか。
  5. 《81(-89)》シャドウゲイト
    (△)ローカル巡りしている馬なので、元々の状態がよく判らないので、判断に難しいところはあるが、 馬なりでそれなりに時計を出しているという印象。悪いという意味ではないが、特筆すべき部分も見当たらない。
  6. 《85+2》セイウンワンダー
    (△)前走 菊花賞のときは とても良い調教と思ったけども、今回は ちょっと凡庸になった印象。 もっとネットリとした調教をこなす馬だと思うので、この時期の この調教は 馬体重などへの影響(重め残り)も心配な面もある。
  7. 《85》ネヴァブション
    (△)この馬なりに出来ている調教だと思うので、あとは能力がどこまで。
  8. 《92+2》フォゲッタブル
    (◎)まだまだ元気溢れた感じであり、それでいて 暴走するような荒っぽさも目立たない。 これだけ出来ているのなら 充分だと思うし、3歳馬としては出来過ぎな馬だという感じさえする。 長距離輸送の課題は残っているが、勝負を賭けてきた調教 という雰囲気のある調教過程で、評価したい。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/759-baa17d39

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。