調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

ITEM: 2007年12月

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

【阪神ジュベナイル フィリーズ】調教通信

2007/12/02 11:05 調教診断通信 [調教診断 阪神ジュベナイル 阪神JF ]

読んでいないコミックスは溜まっていくし、聞いていないネットラジオは溜まっていくし、外出も出来ずに 買っただけ着もしない服が溜まっていく、そんなミューです。

今回は関東馬からの遠征が多いですね。幼い牝馬なだけに、長距離輸送などの影響は確かめたいところですね。

≪調教で好印象の馬≫

ヴァリアントレディ … 軽い馬場の追い切りとはいえ、これだけの調教質量をこなせていることは評価。 ただ、前走も調教でも 他馬の外でしか走れていない部分があって、今回の最内枠には課題は有りそう。 外差し戦法にせざるを得ないかも。∥

ニシノガーラント … 前走はローテに一息 入っていたし、権利を取るためもあって、いくらか急仕上げの部分もあったかも。 今回は 余裕を感じる調教構成で、しかも反応が良化している感がある。∥

レーヴダムール … 追い切りの末の反応は良いです。 ただ、調教の時点では ちょっとノンビリしている感じなので、ペースとの相性が鍵になりそう。 能力は有るので、当日に一叩きの気合が出ていれば、勝機は広がる。∥

アロマキャンドル … 一週前の調教は頑張ってたので、それは評価。 ただ、前走後の調教立ち上げと、今回の輸送を考慮せざるをえない軽め追い切りとの間に 時間的余裕があまり無いため、調教構成が窮屈になった感じ。 馬体重の増減には注意したいところ。できれば、増減幅 6kg以下が望ましい。∥

≪そのほかの馬≫

オディール … 実績からすれば、上位争い必至の馬。ただ、調教を良く見せないのか、パッとしない印象。∥

レジネッタ … 馬自体の能力的には 掲示板争いのレベルだと思うけど、騎手の分で人気に祭られている印象。∥

≪通信後記≫

ポリトラックコースが、要となる調教に こんなにも早くも活用されていることに、ちょっと驚きました。 ま、今回の新コースは 従来の調教コースの砂質が変わる程度のものなので、坂路コース導入のときよりは 活用に戸惑いは無いのでしょうけどね。

◆携帯からの訪問者を考慮すると 簡潔短文の方がいいのかもしれません。 でも、調教の評価というのは 単純な採点で済むようなものではないですし、 現時点の調教の内容が後々に 激走や凡退のヒントになることも度々ある性質なので、 寸評掲載をどこまでとするか 常に悩ましいところです。

うわわ、レース名 間違えた・・(初回アップ時)、疲れてるんだな・・・

楽天で美少女フィギュアを探す?[ココをクリック]

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/545-2ee9881e

【朝日杯フューチュリティ ステークス】調教通信

2007/12/09 08:43 調教診断通信 [調教診断 朝日杯 朝日杯FS ]

休日出勤で疲れまくり。 もう眠い眠い、調教を診ると なお一層 眠くなるぅ~。ああ、朝日が眩しい。今日も徹夜なのね。

っていうか、いいかげん、このレース名、なんとかしろよ…。

≪好印象の調教≫

このレースの出走馬のレベルは さほど高くはないと感じました。 また、突出した気配馬も居ないので、好印象組の選び出しは難解ですね。

ゴスホークケン …たぶん、潜在能力は高いんだろうし、その気配は調教でも感じられます。 まだ あちこち甘い気がするので、これから変わってくる余地が有るようです。|

ドリームガードナー …休み明けの前走は 厳しい追い切りだったのと比べれば、今回の調教は緩めに見えますが、G1で通用しそうな気配は ちゃんと見せています。|

▲ もう一頭ぐらい選び出したいけど、ここからは 半数以上の出走馬の微差。 その中で、強いて挙げるとしたら、展開の紛れで穴になる面白い馬として ギンゲイを挙げておきます。 ただ、陣営が「溜める競馬」をほのめかしていますね、常識からすれば ここで溜める競馬をやることは無いはずですが・・・。|

≪そのほかの馬≫

キャプテントゥーレは、前走で高評価したのですが、今回の調教は意外に平凡でした。 この厩舎は金稼ぎには抜け目無いので、このG1で勝負しないというのは考えにくいのですが・・・。 これでも仕上がっているということなのか、勝負にいかない理由があるのか、私にはよく判りません。|

≪通信後記≫

ここ最近、食品表示問題が取り沙汰にされています。 でも 普通に買い物でお店の売れ残りを見ていると、日本で 廃棄される食品に相当な量があることは想像に難くありません。 逆に全てのメーカーや店舗で この期限が厳格に守られて、全てを廃棄するようなことになったとき、 この日本で、どのくらいの食品がゴミとされていくのか、恐ろしい気もします。 消費の段階でも、ホテルや結婚式場や 小中学校の給食の残飯廃棄も、凄い量だそうです。 地球温暖化で食料生産量が減る中、隣国の寝覚めた巨竜 中国は 人口増加と大量消費のスパイラルが起こり、経済貧国の人口爆発を続けている。 そんな世界の厳しい経済食料事情をよそに、食糧自給率が低い国の国民が、こんなに食品を無駄にする習性を持ってしまうというのは、 いつか天罰が下ることはないのでしょうか・・・? とか、思っちゃいました。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/546-010d625a

走る動機 走らせる狂気(1)

2007/12/13 00:22 「競走馬」個論

「馬は なぜ走るのでしょう?」 「それは、馬が走りたがっているからです」

バカっぽい問答で始めてしまいましたけど、 私は 競馬の本質って これなんじゃないかな?と思います。

毎度のコトながら ぶらり 気楽に書こうと思ってるので、ここから書くことは、 まー、いつものとおり、あまり客観性とか事実性を求めないでくれると 助かります。 いつかは、もっとちゃんとまとめた形で書き直したいけど、時間が無いのでテキトーです。 続きを書けるかどうかもあやふやです、すみません。

なんで頑張って走るのかなぁ?

人間と違って 馬に対しては、 理屈も通用しないし、金や名誉などの社会欲も 餌に使えません。 実際の競馬で 目の前に人参をぶら下げて走らせている場面なんて 見たことありませんよね。 じゃ、なんで 馬は競馬で走るんでしょう?

最後の直線なんか無酸素運動で全身から苦しいはずなのに、 一回走ったら 馬体がガッタガタになったりするのに、 なんで 毎回 走るんでしょうね。 (ま、中には走るのがイヤになる馬が やっぱり居るみたいですけど)

馬には 日本ダービーや有馬記念の価値など判らないでしょうし、 目の前に人参ぶら下げているわけでもなく、賞金に垂涎しているわけでもなく。 ましてや引退後の種牡馬生活を夢見て 競走生命に懸命になっているわけがない。

もしも、今度の有馬記念の出走馬の中に 「このG1を勝ったら、引退後は種牡馬になれて、牝馬とエッチしまくり生活・・・ムフ♪」なんて考えながらレースしている あだち充のキャラのような牡馬がいたのなら、 私は ゲンナリして 明日から競馬をやめるかもしれません(笑)

じゃ、限界まで走るようにムチでしばきたおせば、走るようになるんじゃないか? ・・・いやいや、そんなことしたら、人間不信で競走馬として出走不可になるでしょうよ。 どこかで逃げられる隙があれば逃げよう、競馬場なんか嫌いだから 馬運車なんか乗りたくないぞ。 ゲートに入ったら、ムチで痛い目にあうから、ゲートなんか入りたくないんだ。 気性も行儀もむちゃくちゃな馬になってしまいそうです。 怒りと恐れで 威嚇し 反抗し 萎縮し 指示を利かない、折り合いが付かない。 というか、そんな状態では、レース後は心身ともにボロボロになって、 牝馬は飼い葉食わないで痩せ衰え、牡馬は人間と緊張状態で過ごす。 そんなでは、 競走馬として安定して使えるかどうか・・・。

ま、馬には 嘘も理屈も 金も名誉も、通じませんから、 そこを人間側から何とかして「走りたがるように育てる」ということが大事になってきますね。

そもそも現代の競馬の世界は レベルが高いので、 本来の習性や本能だけで通用するほど甘くはありません。

現代の陸上競技で、生まれたときから 好き勝手に走り回っていたら オリンピックで優勝していた・・・なんてサクセスストーリーは まず有り得ない。 レベルが高くなって 極限を争う競技となった以上、 やはり コーチの下で、トレーニングのノウハウや、フォームの改善矯正や、スタートなどのテクニック、さらには心理学的な領域まで 手ほどきが普通のことになっているようです。

競走馬も同じことで、そこで育成や厩舎での調教、体力と能力と気力の鍛錬や、教育や技術の学習(ゲートなど)が、大事になってきますね。

(たぶん、次回に続く)
<続きの予定・・・っていうんじゃなくて、「こんなことを書きたいな」位のレベルなので、書けるかどうかも判らんですにゃ>
  • 「先頭に立つと、牝馬にモテる?」
  • 「どこか狂っているから強くて面白い」
  • 「血統でもドーピングを追い求めてる」
  • 「折り合い教育が馬の輝きを奪う」

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/547-36c9cb7d

【ひいらぎ賞】調教通信

2007/12/15 11:38 調教診断通信 [調教診断 ]

メインレースじゃないけども 若駒を占う予習ということで、こっちのレースを診てみました。

≪調教で好印象だった馬≫

トーセンジークレフ ・・・前走は 昇級戦でありながら出遅れたりロスしたこともありますが、調教もちょっと急ごしらえのところもありました。 昇級に慣れ 距離が伸び、 条件は 良くなっていると思います。あとは折り合いとかかな。|

メスナー …多分、気性の問題から、調教は抑え目にして 実戦の場で競馬のお勉強をさせている感じなので、近走の結果がそのまま能力とは見ない方がいいと思う。 稽古駆けするとはいえ、調教で良い時計を出せているし、どこかで結果を出せてもいいはず。|

ルシフェリン …追い切りの終いが どうして遅くなるのか、折り合いの問題だそうですが・・・。 ま、それでも近走で ちゃんとレースになっているので、あまり問題視しなくても良いみたいですね。 調教でも差す競馬の勉強中。一歩一歩 競馬に幅が出てきそうなのは、良いこと。|

スターダム …転入初戦の前走は、勝負よりも 中央の芝 に慣れることに主眼があったようです。前走を鵜呑みにすると 見誤るかもしれません。 場合によっては、「ここも叩きで、次走で一変大穴」までも、警戒しておきたいところ。|

≪そのほかの馬≫

レオマイスター …それなりの能力は感じますけど、調教の行程の中で ちょっと順調さを欠いた痕跡のようなものが見えたような気が。 追い切りはそれなりに出来ているので、問題は無いかもしれませんけど。|

≪通信後記≫

魔太郎がくる!!
[新装版] (1-12巻 全巻)
「絶対に有り得ない」と言うことを、舌の根も乾かないうちに 実現させてしまうという、 なんか判らんが とにかく そんな超能力者のような凄い人が、どっかの知事になるらしいと聞きました~。

あそこは、クレクレタコラとか(オバケのQ太郎の)U子ちゃんとかを知事にする お国なので、 今度は魔太郎が来るんでしょうか~。

魔太郎くんには、逼迫した財政でも 相変わらず税金を吸い取っている 寄生虫役人を、次々 抹殺してくれたらいいんですけどね~。 あ、やっぱり「法律」ってのは 守らなくちゃいけませんか、そうですか。いやぁ、お口が達者な人には かないませんわ~。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/548-c296366e

【フェアリー ステークス】調教通信

2007/12/15 20:01 調教診断通信 [調教診断 フェアリー フェアリーS ]

魔性の妖精(大人用ハロウィンコスチューム) 魔性の妖精
大人用ハロウィンコスチューム

日曜版は、阪神カップじゃなくて、こちらの2歳戦ですよん。

≪調教で好印象だった馬≫


エフティマイア … 近走は惨敗続きだが、前走は遠征競馬で 思うような調整がしにくかった面があったのではないか。 今回は ローテなりに きっちりと追いきれたので、本来の競馬が取り戻せるかも。 前2走以外は 連勝を挙げていたことを留意しておきたい。

サマーエタニティ … 素軽さで見所の有りそうな馬。 前走で控える競馬を経験できたことにも注目したい。 1200の激しいペースを思い出せるかどうかが ポイントか。

フラミニアンウェイ …計時エラーで判断が難しい部分はあるけども、このタイプの馬としては なかなかの調教だったと思う。 このところ結果は出ていないが、潜在能力は警戒しておきたい。 ポンとスタートを巧く決めて 揉まれない状況が出来れば、激走する可能性もある。

サクラカスケード … 一叩きして 動きが良くなってきた感じ。 ただ、昇級して いきなりの短距離戦重賞では、ちょっと経験不足が課題か。 時計の掛かる馬場なら歓迎材料。

■ぽてまよ 1/1ソフビフィギュア■

ほんわかキュートで超癒し系キャラ「ぽてまよ」が1/1等身大のソフビフィギュアになってやってきた!冷蔵庫に入れてみたり、もちろん頭の上に載せて見たり、愛くるしいコロンとした謎の生物にきっとあなたもトリコになるはず!
■ぽてまよ 1/1ソフビフィギュア■
【予約商品・08年2月上旬入荷予定】
メーカー希望小売価格 8,925円 (税込)
T.J価格 6,248円 (税込) 送料別

≪通信後記≫

私がパソコン雑誌を整理していたら、数年前の ほしのあきに出会いました。 たとえハタチが過ぎ去っても、諦めずに「おっきくなってほし~の!」と唱えれば、 ぼわわんっ!と パンパンの巨乳になれるみたいです。 そんなほしのあきさんが 新しい競馬番組のMCに抜擢されたそうですよ。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/549-f4678521

【有馬記念】調教通信 (1)

2007/12/22 01:48 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 2007 ]

さてと、いよいよ締めくくりの有馬記念です。 このブログとしても 設立目標の3年の節目を迎える有馬記念となります。

≪説明≫

今回は、全出走馬について 時計評価となる調教指数 および 調教の印象 などを 記していきます。

<久しぶりに改めて 調教指数の説明>…ここの調教指数の考え方としては、調教時計の指数と同様に考えていいです。 斤量の補正は処理しているので、数字そのまま比較することができます。 調教指数は、調教の内容によって 調教時計の評価を変動させているため、時計の良し悪しが そのまま指数になっているわけではありません。

≪内枠出走馬の調教寸評≫

  • [1] メイショウサムソン
    指数 85 … 3戦目ともいうこともあり、臨戦状態を維持する調教で、9分の調教で充分。 ただ敢えて率直に言うなら、仕上がりとしては天皇賞ジャパンカップでピークだったような感じがしました。
  • [2] ドリームパスポート
    指数 85 … 一叩きの変わり身の気配のようなものは感じませんが、前走は仕上がり手前のようでしたし、今回の追い切りの終いの脚は良かったと思います。 以前の厳しい追い切りとは指向の異なる「乗り込み調教」ですが、もしかしたら前走の馬体減りを気にしてのものかも。
  • [3] マツリダゴッホ
    指数 87 … 前走の天皇賞で高評価したのですが、さっぱりの結果。 前走は追い切りで走らせ過ぎたかもしれませんし、もっと言えば 騎手のヘマで 人馬で息が合わず 勝負を投げたのかも。 調教は相変わらず良いですし、馬も前向きで良い感じ。これで前走のような惨敗するようなら、出来云々の問題ではないような。
  • [4] ダイワメジャー
    指数 86 … 以前の調教の様子とは 違って見える というのが 今回の印象でした。 この馬は もともと凄い勝負根性の馬で それが結果となる馬でしたが、今回の調教は おっとりした風情が出てきたという感じ。(→続号)
  • [5] レゴラス
    指数 82 … 終い1Fの時計は派手ですが、そこだけビッシリと走ったものなので、指数が高くなりません。 調教の本数が少なめなのが気にはなります(厩外で乗り込んでいたのかもしれませんが)。
  • [6] ポップロック
    指数 83-85 … 角居厩舎だし、 調教で地味な馬なので、時計はあまり出ないです。 ジャパンカップの後、コレだけ調教を消化できているのは、評価して良いと思います。
  • [7] ダイワスカーレット
    指数 88 … 秋冬期の重賞3連勝の後ですが、まだこれだけの追い切りが出来ているのは 評価できます。 能力が高く 斤量も軽く、先行力も持ち合わせ、自然と評価は高い。 この馬には 未だ隠されている急所があるかもしれない と思ってます。(→続号)
  • [8] ロックドゥカンブ
    指数 92 … 調教の時計は良いんですけど、何か引っ掛かるというか、反応が良すぎるというか。 競馬ブックの記事によると リラックスしているということなので、精神的なものではなくて、走りたがりの馬なのかもしれませんね。

≪編集後記≫

■クイズ&バラエティ
『すくすく犬福2』
~もっとすくすく~【PS2】■
福田さんは 党公約をトボけ、福永さんは 福島発言を トボけ。 人間って 約束が守れなかったり 感情的になることはあるから、それは世間だって許してくれるんだけど、でも 自分の過ちを 受け止めずに、嘘やゴマカシで取り繕うのは、みっともないよねぇ。


  • ■ 【松】『カリタ・ナイスカットミル付珈琲福袋』お菓子付■

    美味しいコーヒーはもっとも身近な贅沢です。クリスマスやお正月挽きたての珈琲を味わって頂きたくてコーヒーミル付福袋をご用意しました! ●カリタ・ナイスカットミル ●グァテマラQグレード珈琲豆ドスデジュリオエステート500g袋 ●ホンジュラスQグレード珈琲豆モゴーラエステート500g袋 そしてコーヒーに良く合う輸入お菓子付!

    通常卸価格 30,500円 (税込) のところ 特別価格 16,999円 (税込) 送料込

  • ■】2007 Winter Special BOX!【福袋】■

    届いたその日から使えるアイテムばかり4点+2点!(当店通常価格8万円相当)をBOXに詰めてみました! 運がよければおまけ入りBOX!!ジャケットorボトムorベルトをどれか1点BOXの中に入れちゃいます!! はずれてしまってもとってもお得な服箱です! 当店通常価格 80,000円 (税込) のところ 特別価格 10,000円 (税込) 送料別


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(1)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/550-50a6bd2e

【有馬記念】調教通信 (2)

2007/12/22 13:11 調教診断通信 [調教診断 有馬記念 調教 ]

今回は、3周年達成(確定)記念ということで、調教通信を3回にわたって発信します。 あちこち(→続号)の部分があるのは、そこの部分は次号で記すつもり。

≪外枠出走馬の調教寸評≫

  • [9] サンツェッペリン
    指数 84 … 熱発の影響が調教日程に影響を与えていますね。 それにしては調教での仕上がりの上昇度が良いので、それなりに走れるかもしれません。
  • [10] [出走取消]フサイチパンドラ
    指数 81 … 出走取り消しとなった馬ですが、これまでの臨戦過程や調教の累積量を考えてみると、過酷だったように思います。 ただ、取り消しは 故障を招くよりかは よっぽどマシな決断です。
  • [11] コスモバルク
    指数 87 … 門別で併せ馬の強い追い切り。この馬が こういう仕上げ方したのは 珍しいこと。 カカる不安どころか闘争心さえ萎えてきたゆえの策かもしれませんが、こういうことが なぜ もっと早くから 出来なかったんでしょうか。 逆に言えば、今回は (手遅れの好調教かもしれませんが)、それだけ良い雰囲気を出してきた調教です。(→続号)
  • [12] インティライミ
    指数 88 … ガシガシと厳しい調教を重ね、馬体絞り、伸るか反るかの勝負なのでしょう。 ただ、近走の脚質転換の試みと調教の兼ね合いの問題が在るように思います(→続号)。 ここに合わせてくるために ちょっと急いだような調教なので、その反動などの恐れもあり、当日の馬体気配の点検が必要になってくるでしょう。
  • [13] デルタブルース
    指数 83 … 前走のジャパンカップの調教は上昇気配でしたが、今回は 率直 ちょっと拍子抜けという印象。 元来はステイヤーで調教を良く見せず 実戦使いながら 中身で良くなるのは 珍しくは無い。 でも、もしかすると 春の天皇賞に備えての 緩みモードという場合も?
  • [14] ハイアーゲーム
    指数 86 … まだ終わってはいない馬と思ってましたが、やっと復活してきました。 ただ、前走でピークとなった危険もあるため、当日の馬体重などには点検を要します。
  • [15] チョウサン
    指数 84 … とくに変わりは無いと思います。 この馬の調教を高く評価したことはありませんが、実際 どのくらい強いということなんでしょうか。
  • [16] ウオッカ
    指数 93 … 前走は 仕上げを急いだことでテンション上がりやすくなっていたことに畏れを為したか。今回は一週前追い切りでビッシリやって、直前はサラッと。これで結果が出せないなら、厩舎・馬主を含め騎手ら陣営の手腕不足。

≪通信後記≫

最近のお気に入り、一人目が、小林ゆうさんです

■『絶望歌謡大全集』■
さよなら絶望先生 キャラクターソング

やっぱり木村カエレの迫力は凄かった・・・ ♪まっ・・まっ・・・まっ・・・
この人のオンオフの落差が凄くて、何か魅力のある人ですよね。『さよなら絶望放送』のゲスト回は強烈でした。 バカ丁寧で腰の低く か細い声という オフモードの小林ゆうさんと、 この 高慢で 響きの良い低音で 壊れハイテンション の木村カエレのギャップが、 凄すぎるぅ~。そんな奇天烈奇才の声優さんです。『kawaii!JeNny』も面白くて好きです。
『さよなら絶望先生』関連商品

お気に入りの二人目は、辻あゆみさん

■片道きゃっちぼーる■
MOSAIC.WAV(モザイクウェブ)

アニメ 『ぽてまよ』のOP。ポップでノリの良い明るい歌なので、嫌なことも忘れられそうなのが良いデス★


インターネットラジオで 『まよらじ』『辻あゆみの☆ぼーけんの書』みぷるは良く聴いてます。 声がふにゃ~として、「こんちわ~」が萌えますよん。
『ぽてまよ』関連商品


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/551-54773f5e

【有馬記念】調教通信 (3)

2007/12/22 23:41 調教診断通信 [有馬記念 調教診断 ]

いつもは調教通信では 冗長さや文字数を抑えるため、 ちょっとした推測や馬券的な視点などを抑え気味にした調教評価にしようと心がけています。

そのため、ブログでは書いていない色々なこと(裏側の事情)が書けないまま過ぎ去ったりするし、今年の桜花賞のような 馬券的なタイミングのズレが起きたりします。

「馬券的なタイミングのズレ」 ・・・ 今年の桜花賞の時点で、後の ダービー優勝馬ウオッカ,オークス優勝馬ローブデコルテ,NHKマイルC優勝馬ピンクカメオの3頭を 筆頭評価しながら(とくに後者の2頭は人気薄),桜花賞の馬券にならなかった件を指す

今回は いつもは省かれている部分を もうちょっと突っ込んで書いてみようと思います。

≪追記もろもろ≫

ドリームパスポートの前走は、仕上がりは それなりに出来ていたと思うのです。 それでも らしくない競馬になったのは、休み明けで久しぶりの競馬としては G1の2400mはツライものなので、レース中に精神的に挫けてしまった為ではないでしょうか。 今回は、一叩きして 競馬の感覚を取り戻せただろうし、距離短縮で集中力を維持できる条件になったと思います。 あとは、勝負根性の頑張りが戻ってくるかどうか、そこがカギとなるんでしょう。

マツリダゴッホの前走は、後手後手で外々を周るという 酷い騎乗でした。 中央の騎手に多いのですが、休み明けで ちょっと下手を起すと レースを捨てることが多いです。 それは騎乗ミスを取り繕う際の 言い訳の材料が作りやすく、また不恰好な騎乗を見せたがらないからです。 今回は、本来の目標のレースであることに加え、叩き2戦目で内枠を獲った以上、ここでヘマを起すようなら 騎手の手腕の問題。

ダイワメジャーは 古馬になって 幾らか丸くなったような印象です。 これでは 本来なら 「仕上がりがヌルめかな?」と考えるところなのですが、今回は距離延長ということで このヌルさは 逆に良い効果がありそうです。 調教の観点からは距離適性をあまり大きなマイナス要素に考えなくても良いと思います。 むしろ距離適性への不安感情と喉鳴りの事情から、溜め殺しの方が心配かもしれません。

ポップロックの角居式調教は、調教判断の難しいタイプです。 角居厩舎や藤澤和厩舎のような調教手法のところの場合、マスコミなどの調教診断などは 一部には 厩舎情報を言い替えて済ますようなところも有るように感じます。

ダイワスカーレットは、ちょっとした弱点があるのに それがまだ顕わになっていないのではないか? ・・・そんなことをちょっと思ったりしました。 調教や実戦戦績を診ていて 私が思ったことは、自分から前の馬を交わす分には 大丈夫であっても、「この馬は 3~4コーナーで外から馬体を被せられたとき、 怯まず 掛からずに済むのだろうか?」という危惧です。 今回の有馬記念はおそらく 早めに動き出す有力馬が複数頭 居るはずなので、3~4コーナーの攻防は一つの見所かもしれません。

ロックドゥカンブの前走は、なぜ あんな位置取りだったのでしょうか。 もしかしたら距離適性への不安から 慎重に成り過ぎたのか・・・そういう分析もあると思います。 ただ、もう一つが、前走の柴山騎手は 追い切りで この馬の(差し追い込み適性ともいえる)反応の鋭さを感じ取って、切れ味の勝負も出来ると踏んでいたようにも思えます。 そういう意味では、菊花賞を単なる騎乗ミスというのは酷のような気もするし、 菊花賞で差す競馬をこなし 脚質に幅が出たことは、柴山騎手の成果といってあげてもいいかもしれません。

コスモバルクの調教は ちょっと驚きました。 以前は 例の牧場でビシビシと追い切り、門別などで 単走グダグダの調整。そして「折り合いが付いた」とか的外れの評価をされてたりしました。 牧場の板路で心身ともに追い詰めた上に、(気性と輸送の関係上)ジャパンカップに参戦しに来た短期滞在の外国馬のような調整。 それがコスモバルクの出走状態の不安定さに繋がっていたように思えます。

今回は、きちんと併せ馬で強めに追い切り、しかも同時入線で 速すぎず遅すぎずの12.3秒。 私がこれまでに見てきたコスモバルクの調整法としては、今回は最善だと思います。 むしろ 遅きに失したような感さえあり、これをもうちょっと早く出来て居れば、コスモバルクの戦績も違っていたかもしれません。 ここの陣営は チャンスを逃す調整ミスを起こしたりするので 、まだ信頼しきれないところはあるものの、 コスモバルクのファンには 今回はちょっとだけ馬券をオススメしたい気持ちです。

インティライミの調教の判断が難しいですね。それは角居厩舎とは また対照的な難しさです。 9日~13日のあたりの調教には 私は違和感を感じます。 そこには 重め残りと疲労・反動の (=これは調教的対処上、相反する関係のため) 難しい状況があったかもしれません。 そのため 直前の調教が厳しすぎるように思います。馬体重で減りすぎていたり 覇気に欠ける様なら、注意が必要でしょう。

前々走で差す競馬できたし、33秒台の脚も繰り出せているのですが、 もしかすると 直線で前に馬が多数いると 馬がヤル気を失うのかもしれません。 今回は ハードな調教過程を踏んでおり、さらに距離直線短縮となる小回りでの中山2500mなので、 そこで敢えて 後方で押さえ込むのは 不適だと思います。 なので、常識的には 逃げ もしくは 先行好位で 走らせるはずだし、そうすれば 復活を果たすことができるかもしれません。

ウオッカは、先の調教通信に書いたとおり。 これほどの能力馬を、やれ折り合いの勉強とかで、秋華賞とジャパンカップを捨てレースにしてまで、もしも ここで結果を出せないなら、陣営が手腕不足としか言いようが無い。 馬体も大して減らさず 上がり3Fで33秒台を出せているのに、出来が悪いはずが無いのだから。 この有馬記念に出走している他のG1馬たちも、折り合いだとか気性の問題に対処しつつ結果を出してきている。 これ以上 ああだこうだと 敗因を馬のせいや展開のせいにして、結果を出せなかったら、言い訳 格好だけの無能モノと非難されても仕方ないと思います。


註:12/23 一部修正

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/552-e0db031b

有馬記念 ちょっと回顧っぽく

2007/12/29 08:20 競馬回顧 [有馬記念 回顧 マツリダゴッホ ]

今年の有馬記念は どうでしたか? 大多数の方々にとっては 結果に驚き戸惑っている感じでしょうか。

ここの有馬記念】調教通信、 これらを事前に一度 読み通していた方は 事前に免疫が出来ていて、 この結果に そう驚かなくて済んだんじゃないかな・・・と思います。

優勝したマツリダゴッホ

【天皇賞・秋】調教通信(全出走馬)では、 優勝馬メイショウサムソンと比肩する 調教指数88を出し、高評価しました。 あれだけのことを書いておいて、天皇賞では 惨敗でしたし、結果が出なかったことに私もちょっと気恥ずかしかったです。 でも、この有馬記念で 見事な優勝を決めてくれました。

この勝因については色々言われていますが、調教通信の世界では、こういうことになります。 ・・・天皇賞では、調教では高い能力と完璧な仕上がりを見せていたが、騎乗ミスで実力を見せないままレースにならなかった。 有馬記念では、その能力を発揮して見せた。・・・これだけのことです。
これがまさしく、有馬記念調教通信(3)の冒頭で書いた「馬券的なタイミングのズレ」ってやつですね。

「追い切りでの感触は、天皇賞(秋=15着)の時と比較にならないくらい良かった」と蛯名騎手がコメント。 調教通信とどっちが真実に近いかは 人それぞれが判断することなんでしょうけど。 ・・・私は このコメントを読んだときは 思わず笑っちゃいましたけどねぇ。

好騎乗で頑張ったダイワスカーレット

他の先行馬と絡みながら、牝馬としては よく頑張りました。

私の焦点は「先行して、3~4コーナーまで来た時、外から他馬に被せられたときに、どうなるか?」でしたが、 実際には「自分から (ギリギリ最低限の)外目を周ることで、他馬に被されずに走った」という感じでした。

「なぜ、内を開けたのか?(そこをマツリダゴッホが通って 優勝された)」という声も目にしましたが、私としては 気性的な難点を持っている 足の軽い牝馬ということを鑑みてみれば、馬場的にも気性的にも あれは「巧く乗ったな」と思います。

距離適性論を嘲笑ったダイワメジャー

「距離適性」というものを実績や字面だけで判断しちゃいけませんよ、という良い例です。 極端な話、1600~2400なんて差異ぐらいなら、競走馬の本質からして 多くの場合は対応できるんです。

ダイワメジャーの距離適性 というか 距離偏性( という語句のが相応しいと思いますが)を作っていたのは、 スピードと 勝負根性と 喉鳴りでした。 若い頃は、追い切りでも 先行する馬を喰って掛かるような感じだったので、マイラーっぽかったのでしょう。

近年は なんてていうか、調教に丸みが出てきていたんですね。 いや、勝負根性は まだまだ健在でしたよ、有馬記念の併せ馬でも。勝負根性は この馬の最も素晴らしい部分です。 私の言う「丸み」というのは、時計というか、加速が違うんです。 後先を考えない加速じゃなくて、余裕の残した加速なんですね。

う~ん・・と、「古馬になって 物分りが良くなった」というのかな? 例えが難しいけど、「ガーッと行かなくでも 自分のペースで抜かせば良いんだな」という思考を 馬が身に着けたというか。 競走馬が こういう賢さを持てば、コーナーの多い 中山の2500なんて 充分に乗り切れます。 そして内ピッタリで、足を溜めることが出来たのが、この好走に繋がった。・・・やっぱデムーロは巧いなぁ。

ダイワスカーレットとのアレコレが無ければ、結果がもう一つ上だったかもしれませんね。

チグハグな陣営に翻弄されるウオッカ

私は 難しいとは思ってましたよ、そりゃ。 掛かり気性に、多数頭の外枠、小回り、荒れ馬場、四位騎手。ダメ材料だらけだもん。

でも、それもこれも、 「結果が出せないまま 追い込まれた立場の有馬記念にさせてしまった これまでのチグハグな陣営が悪い」のです。

折り合い学習だとかで失った秋華賞、オーナーと厩舎の行き違いで翻弄されたエリザベス女王杯の回避、 おそらく調教師の狙いで 仕上がりきったジャパンカップは 騎手のバカ騎乗でフイになり、 こうしてダービー馬の称号がどんどん追い込まれていく。

そんなこんなで 騎手に 陣営側が先行策を命令するという 有馬記念。 本来なら、この有馬記念は勝ち負けが難しい状況だったので、このレースこそ「後方一発」という手も有ったのですが、これまでの経緯からして、そういう博打が打てなくなってしまった。

しかも、ナルシスト公務員 四位騎手というキャラからして、陣営の指示に対して 真摯誠実に対応するとは思えなかった。 四位に「心改めて 自分の思惑と違う作戦でも 何としても勝利をもぎ取る」・・・なんて期待しないよ。 ま、こういうときは公務員ですよ、彼は。この有馬記念でアンカツを凌ぐ騎乗ができるわけが無い。

秋華賞や回避したエリザベス女王杯、目イチの狙いだったジャパンカップ、 これのどこかで きちんと走らせて きちんと勝っていれば、有馬記念では もっと余裕があったはずです。

陣営と厩舎の摩擦 ドリームパスポート

結果については 致命的な不利もあって残念でしたが、頑張りましたよ。 この馬も、めげずに走りきった、エライ! ほんと、えらい。

しかし、残念ながら 転厩のようですね。ちょっと拙速な感じがします。 このコンビで もう一つ、様子を見てから・・と言いたいけど、まぁ、年の節目ということなのかも。

私は事情を良く知らないので、転厩の理由がサッパリ判りません。 調教とか騎乗とか、そう疑問も思ったような記憶も無いし、結果も望みは見えてきているし。

もし、ありがちな「あの騎手 降ろせ この騎手 乗せろ」的なトラブルだったのなら、オーナーの器の問題ですね。 ダービー馬のオーナーの称号を得ようとして、皐月賞馬をあわてて購入して 、ダービー結果 3着 ・・・的な運命タイプ。

燃え尽きているのかコスモバルク

このところ、レースに見所も作れず、直線 もがくようなことさえある バルク。 色々な部分で疲れているような感じがします。

もっと まともな陣営だったらなぁ・・・とつくづく思います。

主戦騎手に気遣って変われなかった インティライミ

レースを見ていたときは この後方策にびっくりしました。 先行力の有る馬が、なんで中山2500で こういう乗り方になるのか?と。

調教ではちょっと異変はあったし、馬の覇気が欠けていたのかも。 それか、差し競馬を教え込んでいた 佐藤哲三騎手に配慮して 、脚質を壊さないことに執心したレースだったのかな。

「後方差し」ではなく「先行好位からの差し」をもう一度 試して欲しいと思います。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/553-2a723669

今後の競馬への思いも含めて

2007/12/31 15:34 競馬会に対して

今年のJRAは「FEEL LIVE」がテーマでした。 「競馬は会議室で起こっているんじゃない! 競馬場(げんば)で 起きているんだ!」というシャレのつもりだったのかな?
広告会社もとい JRAは。

世代を超えた人との競馬談義となると、 「俺はさ、あのレースを 生で見てたんだよ」という言葉が 出てきます。

「(昔の)名勝負を生で見てた」 ・・・これは或る意味 先輩のステータスですよね。

今年のJRAのキャッチフレーズの「FEEL LIVE」。 それこそ、「生で観る迫力」「生で観る価値」という売り文句なのでしょう。

しかし、近年のG1で、「アレを生で見ていたよ」と言って 尊敬されるようなレースがどれほどあったでしょうか? 「あの馬を生で見てたんですか~!」と言ってもらえる 光る個性馬が どれほど居たでしょうか? 勝負の決着が、能力でも展開のアヤでもなく、騎手のお役所騎乗 無気力騎乗では、名勝負とは言ってもらえません。

いま、広告代理店頼りのJRAが判っていないのは そこのあたりなんでしょうね。 羊頭狗肉(=看板倒れ,誇大広告の意味)では、お客が付かないのは当たり前なんです。 PRをすればするほど、期待してみれば裏切るわけですから。 そういう観点で言えば、ディープインパクトという馬は、そういうJRAの手腕を試した馬でもありました。そして、その答えは その後の売り上げと来場者数が語るものと思います。

(JRAはお金を天下り先に ぶん撒いているぐらい 何とも思ってないぐらいの売り上げがまだあるので、私も収益の心配とか興味にはありませんが、 私が 私自身 競馬への興味を失いつつある恐怖が そこにあるんですよね)

「娯楽の多様化」というと格好良い分析に聞こえるけど、要は「時代の情勢に追いつこうとする努力を欠いていた」ということです。公営ギャンブルに総じて言えることは「射幸心」という魔法は利きづらくなってきています。遊戯施設でも集客力が落ちてきています。そうなると、一般のテーマパークと同じような「お金を費やしても 行きたいと思わせる施設」を作るという難問に立ち向かう真剣さが必要なんです。

「競馬の面白さ」というものを JRAが直接 作れることは無いかもしれませんが、 どういう環境作りをすれば 面白い競馬が生まれ、どうすれば競馬に興味を持ってもらえるようになり、どうすれば観客が面白くなる見方が出来るようになって、 そしてどうすれば名勝負が生まれる舞台作りが出来て、どうすれば わざわざ足を運んでもらえる競馬になるのか。 そこは JRAは 真剣に深く広く 考えるべきだと思います。

「あの有馬記念を生で見てたんだよ」 そんな言葉をふと洩らしたとき、 後輩らに尊敬されるような、そういう競馬になっていることを願っています。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/554-c6a8839e

その3年目という区切りに・・・

2007/12/31 15:41 運営メモ
ちょっとARIAっぽい題名にしてみた・・・。

≪目標の3年≫

このブログを始めることに臨んで、「とにかく 3年間は続ける」ことを目標にしました。 それが この年明けで やっと到達できそうです。

3年もあれば 好不調の波はあったし 運不運の波もありました。他にも色々ありました。 3年ってのは 長い時間で、ココまで来ると ブログとしては長続きしている部類では無かろうかと。
(ブログ開設当時は無名だった FC2blog も、いまや サーバー数120を超えた規模になったもんだよなぁ。)

当初の目標を決めていなかったら、このブログも止めていたと思うし、 そして このブログをやっていなかったら、競馬 そのものも やめていたことでしょう。 今や、「競馬が好きだから、競馬ブログをやっている」から、 「競馬ブログのために、競馬をやっている」という感じですから。

ま、このブログを続けてきたことは 良かったんじゃないかな?・・と、そう思います。

≪今後について≫

3年目の区切りを迎えたことで、ここらで放牧させてもらいたいなぁ・・・とか思ったりしました。

このブログが、どこまで 予想の一助になれているか、面白いと思ってもらえているのか、 その存在価値は 自分にはさっぱり判りませんけど、どうなんでしょうね?
ま~、こういう「誰も相手にしない一人遊び」というか、「調教バカの放置プレイ」という恥ずかしいことをやっていると、そんなブログを3年も続けていたら、そりゃ~ 冷めてくるし、「自分が何をやっているのか?」と見つめ直すときも来るわけです。

本当は、この3年でブログそのものを止めようと思ったりもしてました。 ところが、ついうっかり、新たなテーマ(『走る動機 走らせる狂気』)を書き出してしまったため、幸か不幸か、編集点(辞めるポイント)を見失ってしまったんですね。 となれば、「そりゃ~まぁ~、もうしばらくはブログ自体は 続けなきゃならんでしょ」ということになっちゃいました。
ドジっこですね~、私は。

予想の参考にしていた方には ちょっと恐縮なんですけど、調教通信については、ここらで しばらく「お休み」か「不定期発行」という感じで考えてます。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/555-242e056f

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。