調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

ITEM: 2006年12月

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

【ステイヤーズ ステークス】調教通信

2006/12/02 13:24 調教診断通信

唐突に調教通信を出してみます。

アイポッパーの追いきりは、好時計を出していて 見栄えとしては良く見えました。 調教過程にちょっと疑問を感じますが、追い切り自体の評価としては 筆頭。

シンハルカジョウの調教過程は注目しました。このタイプの牝馬としては 意欲的に調教を消化していますね。 長距離の牝馬は、あまり好走を期待できないものですし、騎手の手腕も頼り無いですが、末脚一発が嵌れば。

メジロコルセアの連闘も不気味です。前走の調教だけを見れば、ここでも通用しても可笑しくは無いレベル。 ただ、この連闘で いきなり好走するかどうかまでは判りません。重め残りの解消を図った出走なのかもしれませんし。

上記3頭が調教面から注目した馬ですが、信頼性という点では 見劣るものですね。

続いて、良く見えた部類の馬を挙げておきます。 それは、チェストウィング,ルーベンスメモリー,ブリットレーンの3頭です。

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/427-996bf020

【阪神ジュベナイルフィリーズ】調教通信

2006/12/02 23:26 調教診断通信

ステイヤーズSファストタテヤマの馬体の8Kg増について、元騎手の解説者が「馬体が増えるだけ増えるぐらいの方が ファストタテヤマには良い」というセリフに ちょっと驚いたミューです。 私なんか 逆に「調教を弱めざるを得ないまま 馬体を増やしてきているなんて、これは 消し材料だよねぇ…」だと思ったぐらいですから…。

調教の印象

●最も評価したのは、やはり アストンマーチャンです。 この馬は、小倉2歳S(3番人気)の調教通信のときに「脚の回転が凄い」と高い評価をしました。 そのスピード性能の評価を証明してくれるかのように 小倉2歳Sを優勝したあと、さらにファンタジーSでレコード勝ち。 もちろん、ここでも余裕の好時計で、この3歳冬の時点で 既に古馬G1で通用しそうな潜在能力を 感じさせます。 ただ、距離適性には課題が残っており、今後は将来を見据えた調教が必要だと思います。

●次に高い評価は、メジロアダーラです。 大久保洋吉厩舎の牝馬は、調教が良く見えてしまう例が多く、注意は必要です。 この馬も 走るのが好きなのか、レースでは ゲートから すっ飛んで行きますし、調教でも 追わずして時計を出してしまうので、調教時計の数字だけでは飛びついてはいけません。 ただ、こういう気性は 競走馬として大事な精神で、あとは陣営側が どう教育し どう御していくか が鍵となります。 テン33秒台のレースを続けている馬だけに、この直線が長くなったマイルで、どう走らせるかが課題となります。 能力は充分に秘めていると思います。

●そして3番手には3頭が横並びですが、まずウォッカから。 追いきりでは ムキになって走るような感じを見せていて、折り合い面で まだ不安は残ります。 ただ、長距離輸送をしなくて済むことは 関東馬に比べて 有利な環境ではあります。

●そして、ハロースピードは、一週前調教でしっかりと追い切り。 3頭の内では 差す競馬も経験していて、信頼度ではこの馬かと思います。

●素質で言えば、イクスキューズですね。以前に「潜在能力はG1級」と書きましたっけ。 今回も藤澤厩舎らしく「馬なりで調教し、馬なりに仕上がる(←「どうなるか当日まで判らん」と同意)」感じです。 まがりなりにもG1である このレースでも、(私の目からすると)まだ仕上げて切っていない状態なんですよ。 藤澤厩舎にとっては、ここさえも、桜花賞オークスまでの長期的戦略の一ステップに過ぎないのでしょうか?

付記

成績検証としての検証対象3頭は、アストンマーチャン,メジロアダーラ,ハロースピードと言う感じで。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/428-b1428229

ハルヒを描いてみたり&アニメ見てみたり

2006/12/09 21:39 非競馬的日常

みぷる式 涼宮ハルヒみぷる式*涼宮ハルヒ
(色鉛筆)
平野綾さんのことが (活動再開したものの)ちょっと心配に思っていたら、急に涼宮ハルヒを好きに描いてみよう…なんて気分になりました。 …久しぶりだなぁ、イラストぽいのを描いたのは。

描かなくなったので、画材は揃えてないし、残っていた画材も劣化してしまったので、手軽に色鉛筆で描いてみた。 表現力はパソコン使ったほうが絶対良いですけど。

Fonew & HunewFonew*Hunew
(Photoshop)
以前、パソコンのPhotoshop上で マウスで描いていたときもあったけど、そりゃ大変(タブレット買うべきだったか…) やっぱり、手描きの方が 慣れていたし、自由で心地が良いです。

今回は無心になって 色鉛筆を楽しく走らせて描けました。またイラスト描き始めようかな。


アニメはあんまり見ない私だけど、ネットラジオを良く聴くようになって、 声優さんの名前と声を覚えてしまうようになりました。 そうすると不思議なもので、「出演しているアニメを見る義理」をなぜか感じてしまうんですね。

先週は都合で時間差勤務になったので、深夜のアニメを あちこち見てみました。(もうクール終わり間際だっつうのに)

個人的にグッときたのは、『BLACKRAGOON』です。ストーリーも良いですけど、豊口めぐみ さんの演技の迫力が衝撃でした。 (メグーは いつのまに あんな貫禄のある声優さんになったんでしょう?) これはDVDを買っちゃうかもしれない。

このごろは「大ボケ」だけじゃないぞ!と、「恋愛論を語れる良いお姉さん」の語りも出来る 宮崎羽衣さん。(何気に歌も良い感じ) あの羽衣さんの声は 聞き覚えた声と自分では思ってたし、どうせワンパターン声優かなぁ…なんて危惧していたけど、それは杞憂だった。

『すもももももも』(いろは 役)『Gift』(霧乃 役)と続けて見てみて、「わ、本当に本物の声優さんだわ」と驚きつつ見てました。 注意して聞かない限り 同一人物という匂いを意識できませんでした。 羽衣さんは ラジオと現場では 違うようですね。(姫様情報局 ,Gift虹色HR などを聞いていると そういう話が出てきたことがある)

Giftのようなアニメ画は好きじゃなかったけど、今回見てみて、次のストーリー展開が気になる~。

後藤邑子さんは、逆に 「声キャラが固定されている感」がしたなぁ。 みくるふたご姫は聞いたことあったけど、『乙女はお姉さま(ボク)に恋してる』の一子とか、そのほか『らぶどる』とか聞いてみて、 一発で邑っちと ウザイほど判る。ラジオでの アドリブの能力とかは凄いんだけど、アニメでの声は一本調子で変わらないものなぁ。 ま、需要がある売れっ子声優さんだし、とりたてて今 急に別の声を出す必要もないか。 ただ、この人は、器用さと 多才さと(恋愛以外の)度胸は凄い人だけに、まだまだ何か出来る人なんだけどねぇ。

『ちょこっとsister』の斎藤桃子は、もうハマリ役という感じ。 巧いとか下手とか、そういう次元ではなくって、幼さの残る妹キャラの声は、この人なんだろうなぁ。 ストーリーは面白かったけど(チョコちゃんが消えちゃった? どうなるの?)、アニメキャラファンでない私には、 「裸でエプロン」「ミルクまみれ眼鏡っこ」とか 変な萌え演出タイムは、邪魔くさかったなぁ。

今週からは また通常出勤なので見られませんが、録画してても時間無くて見られないから 同じですけどね。 何せ いまだに、ARIAのDVDが、未開封のまま 溜まっている状態ですもん。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/429-f4ed724d

【朝日杯フューチュリティステークス】調教通信

2006/12/09 21:39 調教診断通信

調教印象 上位3頭

全体の評価としては、好気配馬が飛びぬけているわけでもなく、だらだら~と僅差で並んでいるという感じです。

オースミダイドウの追い切りは目を惹きますね。 なにせ、終い重点とはいえ、馬ナリで ラスト11秒4。 一週前調教でしっかり追われていて、調教は充分。一番手評価。

エーシンビーエルの坂路駆けも良いものがありました。 ただ、掛かり癖が有る馬で、坂路調教も 中1週なりに普通に追っただけのもの、調教面で工夫は特に感じません。 前走で、差す競馬を試していますが、距離延長となる今走で テンのスピードをどう折り合うかは 課題となりそう。 信頼性に難はあります。

ローレルゲレイロは、中7週ですが、 強い調教を消化していて、能力は発揮できる出来という感じがします。 ただ、抜けて良い気配というわけでもないので、中7週と空いたことは 付け入られる隙となりかねません。

人気馬

ここからは人気上位馬について取り上げてみます。

マイネルシーガル(良)…確かに動きは良いです。ただ、ビッシリと追ってなく、厳しい戦いになれば 甘くなる恐れも。

ドリームジャーニー(並)…前走のデキを維持する程度に見えます。

マイネルレーニア(稍良)…追えば動く 素直な動き。現状の能力は発揮できそう。

フライングアップル(並)…調教で目ぼしい点はありません。実戦を使って仕上げてきた感じです。

ゴールドアグリ(並)…乗り込み重点の調教。前走から良化した感じでもない。

穴馬

人気薄の馬の中から もう一頭を挙げるなら、アドマイヤホクトです。 今走の追い切りは 調子を維持し 不必要なイレ込みを抑える程度のものですが、前走の調教では好時計を出しています。 また、「府中1400mを2回経験し、それぞれのペースに柔軟に対応できている」「騎手は 横山典で、一発を起こしうる鞍上である」の2点は望みを持てます。 緩めた調教過程のために 馬体が重めになる心配はありますので、その点検はしておきたいところです。

付け足し(22:20)…アロマンシェスも 前走の追い切りでは 良い感じはしました。ただ、今走の調整過程が、馬体を気遣った節が感じられたので、穴馬候補からは外しました。パドックで気配・覇気が良ければの条件付きで…かな。

キルトクール

う~ん、難しいところですね。これといったものは無いですが、騎手の能力を併せて考えると ドリームジャーニーは ちょっとばかり買いづらい気はします。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/430-0ea456a0

最近の競馬での雑考記

2006/12/14 00:27 競馬雑記
ネタもないので、競馬関係で断片的に思ってたこと、ちょこちょこと。
  • 朝日杯FSアドマイヤホクト(横山典)は、内埒沿いを走るも、追うでもなく 「ぼ~っ」と雪崩れ込んでいました。 あれは、ヤラズにしては 演技が無いし、かといって全く追わないなんて、不思議な光景だったなぁ。 もしかしたら馬群に揉まれる状況に慣れさせる訓練だったのかな? 次走で引き続き横山典が騎乗するようなら、次に何をしてくるか注目したいところ。
  • 有馬記念に出走するディープインパクトの仕上がり状態が、皆目 予想が付かない。 春の天皇賞は 4Fからの厳しい調教が2本だったのに対し、ジャパンカップは 5Fからの厳しい調教が3本。 それで、ああいう仕上げになったわけだけど。 一般に、熾烈な長距離戦のあとでは 馬体がガクガクになるようなケースが良く見られる気がする。 菊花賞やジャパンカップで凄みの有った馬が 有馬記念でポロッと負ける原因は、おそらくこれ。 だからいくらディープとは言え、ほんと判らないんだよねぇ。
  • ◆藤澤和雄陣営は、阪神JFイクスキューズ朝日杯FSフライングアップルも、 「本気の仕上げはせずに、道中 好位から そのままピリッとした脚を見せずに 入着程度だろうなぁ」と予想していたら、 ほんとにそんな感じだった。
  • ◆競馬最強の法則 1月号を買った。 伊藤雄二調教師と(先月号ともども) 見解が たいして相違なかったのは、ホッとした。私は 自分の勝手な見方を 素直に垂れ流しているので、実は不安があったりもする。だから たまにこういうことがあると、ホッとするのだ~。 他のところでも ホッとしたところがあった。
  • ◆池江厩舎について 妙な擁護論を唱える人が、素人代表の競馬ファンや、プロの競馬(厩舎・マスコミ)関係者よりも、 「競馬マスコミ業界人(や、そのコラム・ブログなど)」から 変に強い主張で 見聞きする印象には 不思議な感じがする。 一部には「JRAの飼い犬」なのかと勘繰りたくなるような JRAの発表を鵜呑みで喧伝している輩もいるし。 (JRAは池江陣営の代理人・弁護人的な役割で、GALOPとJRAの共同声明は 「示談合意」のようなものなのに。 彼は そこを判ってか判らずか、全部を一緒くたにして主張しているものなぁ…) 「業界需要の下落を防衛するための自衛行動」(早い話が お仕事の需要 おまんまの食い上げを守るために 何としても競馬のイメージを何とか悪くするのを避けたい) なのかな?などと邪推してみたりもするこの頃。ま、あくまで邪推ですけど。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/431-428395b4

【ひいらぎ賞】調教通信

2006/12/16 11:55 調教診断通信

今回はメインレースではなく、将来を占う点で この2歳戦の調教時計に注目してみました。

連日の睡眠不足のせいで、転寝(うたたね)と調教時計欄と交互に格闘し続け、なんとか答えを出しました。

調教映像を見てないのが ちょっと物足りないものではありますが、調教映像を見ていたら 絶対 寝ちゃってたよ…。


≪調教評価 上位3頭≫
サンエンタティナーの調教時計は良い感じです。問題はテンが速い流れしか経験していないこと(セン馬なのは、気性難に因るものか?)。 坂路追いからトラック仕上げに移行したことで精神面の効果が出れば、ここでも通用するかも。
カタマチボタンは、本数が少なめなのが一見 気になりましたが これは牧場に短期放牧されていただけなのかも。 これだけ動けるのなら 悪くないとは思います。
[地]サドラーズアレグロは、川崎競馬場の調教を良く知らないので何ですが、4F:49.3 は良い時計だと思いますし、無視できないものです。高配当狙いなら、これかも。
≪そのほかの出走馬≫
デスコベルタは、追い切りの末は 確かに気配上位クラスだと思います。 けれども、中間の調教が緩められ、牝馬らしい切れ味だけが出ただけの調教という感じ。 今回は末一手の展開限定かもしれません。
トーセンクラウンは、私には気配減退という感じを受けました。 能力発揮は 次走の方かもしれません。これで走ったら、その時は「御免なさい」です。
メダイヨンの調教時計は冴えませんけれど、前走もこんな感じで走ってますので、問題は無いようです。 この調教時計よりかは 「中山コースでの勝春」の方がよっぽど問題含みです。

〔ひとりごと〕

メダイヨンの田中勝春。こいつは技量も問題なんだけど、 こやつは善臣派談合のためにヤラズでもやりかねない、疑わしい例が過去があるしね…。 今回は この観点も踏まえて レースを見てみたいですね。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/432-7f523f25

【フェアリーステークス】調教通信

2006/12/16 21:42 調教診断通信

日曜も2歳重賞の方に注目してみました。

≪調教評価 上位3+1頭≫
カノヤザクラは動きも反応も良いと思います。 短期放牧明けで これだけの仕上がりなら、合格でしょう。
ニシノマオも良い仕上がりです。 終いまでシッカリと走れている点を見ると、今後 距離が伸びても対応できる感じがします。
メジロアダーラは、前走でも調教の動きでは高評価した馬。 距離短縮は好材料で、あとは最内枠が 吉と出るか 凶と出るか。
●あと特別にクーヴェルチュールを。 余裕たっぷりに坂路を駆け上っていて、(今出走馬の内で 現時点での)最高の潜在能力の片鱗を見せています。 仕上がりは 幾らか余裕を残したもの…と言う感じで ポカはあるかもしれませんが、それでも採り上げないわけにはいきません。
≪そのほかの出走馬≫
他には特に書くことが無いので このまま終わりでもいいのですが、これでは物足りないかもしれませんね。そこで、人気下位(単勝オッズ10倍以上ぽい馬)で 幾らかでも好調教の中から、3着穴馬候補のような馬を列記してみます。
デュークラヴィングは、良い追い切りが出来た感じで、一叩きして良化している気配がします。
アポロティアラは、前走は色々とあって本来の能力では無いでしょう。動きは良いですが、休み明けと脚質がどうか。
ウインアンジェラスは、前走で能力の片鱗は見せました。実戦経験は乏しくても 調教で稽古していますから、ここ一番で器用な競馬が出来てもおかしくありません。
(21:55追記)◆おっと、コスモチーキーを書きそびれるところだった。 小牝馬なので、この程度の追い切りで充分。ただ、短距離+小回り+急坂の距離コース適性の保障が見つからないので、騎手や展開の補助が必要そう。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/433-8c2c4a00

【中山大障害】調教通信

2006/12/23 04:48 調教診断通信

さてさて、『華の大障害』なわけですよ。

徹夜で限界ギリギリなので、ちゃっちゃと行きます。

≪調教印象 上位一頭≫

★印象上位は 今回は一頭だけ。テレジェニックです。

≪そのほか≫

調教時計の良かったのが、ズラズラっと並びますが、強いて残り2頭を挙げるならば…。

ワンモアディネロアグネスハットの2頭です。これらを調教通信検証3頭にします。

ほか、好印象なのは、フミノトキメキもそこそこ良かったし、 ローレルデフィーマルカラスカルも差は無い感じです。 ただ、後者2頭は難があるところもあり、信頼性には 若干 欠ける感じも。

では、おやすみなさ~い


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/434-0176a16f

【有馬記念】調教通信

2006/12/24 01:13 調教診断通信

今年 最後の調教通信です。

みぷる式 ちょこちゃん(にわか仕立て)みぷる式 ちょこちゃん
(にわか仕立て)

果たして この調教通信が 馬券考察に参考になっていたんだか、思考を惑わす妨害電波になっていたんだか、寒い思いも(^^; (2:8の割合で 妨害電波だろうなぁ)

この有馬記念という一年のお祭りの予想を、 能力とか調教でガチガチ予想するのは野暮なものかも…なんて 思ったりもしたわけですが(柏木集保みたいなこと言ってるわ…)、 かと言って、ココまで来て 出さないわけには行きませんよね。

とにかく、この舞台の主役はディープインパクト。 滅多なことでは負けたりしやしない馬ですけど、素直に調教の印象を綴ることにします。

調教の印象(上位3頭は ◎印)

  1. ポップロック…d 調子の見極めは難しいですが、とくに良い気配は感じません。 春の天皇賞に向けての足馴らしという可能性。
  2. デルタブルース…d ポップロックと併せて 先行させてのの調教。 とくに良い気配は感じません。春の天皇賞に向けての足馴らしという可能性も。
  3. ドリームパスポート…d 月一ながら激戦を使い詰めということもあり、調子を錆び付かせない程度の調教。 3歳馬なら もう少し 元気さを主張して欲しい感じ。
  4. ディープインパクト…B 前走が調教代わりとなった(レベルが低く、力をセーブできた)ことは やはりこの馬には「運」が有ると感じました。 馬体を削り込み 一叩きして、引退競走となる今回の調教は どうこうする局面ではなく、出来を維持する程度のもので、とくに何も有りません。 調教指数が高めだったので 評価は一応 高くしましたが、全盛期からすると ちょっと翳って(かげって)きている感じもします。 古馬になって落ち着きが出たせいかもしれませんけどね…。
  5. ダイワメジャー…B 調教時計は良いと思いますし、調教指数はディープを僅差 上回りました。 一度 気になったのは 終い1Fが鈍ってきている点ですが、攻め役がセーブしている感じだったので おそらく杞憂なのでしょう。
  6. スイープトウショウ…B 調教は元気に時計を連発していて、情報では馬場入りもごねなかったとのこと。 これだけ意欲と気合が出てきたのは好印象ですが、牝馬で気力が出すぎるゆえに、あとは課題の長距離輸送と展開か。
  7. コスモバルク…C 今回は近場の施設で好時計の追い切りが出来ました。 ただ追い切り過程で 18日に南W 5F:65:4,20日に北B 3f:37.7 という過程を踏んだ意味が良く判りません。 調教のやり過ぎ感があるので、当日の馬体(重)と気合を確認したいところ。 まさか、、またもや 重め残りなので 絞り上げました…とか ないだろうね?
  8. メイショウサムソン…C 私は調教で騙されている感もしてきた この馬と厩舎です。 前走では 切れを必要とする展開に乗せられた騎手の判断ミスだと思っています。 近走の凡退の原因が、本当に馬体が重めによるものか、まだ判断は迷っています。 もっさり型の馬だけに 調子が急変化することなく 私が見る限り 感じは良いですよ。
  9. トウショウナイト…d 前走よりか時計が出るようになっていて、気配良化が窺え(うかがえ)ます。 ただ、G1のレベルからすると、まだ物足りない感じもします。
  10. アドマイヤメイン…d 中1週で これだけの調教が出来たのは 一応 頑張ってはいるんでしょうけど、 いつもの調整過程ではないし、これといった注目点も感じませんでした。
  11. スウィフトカレント…C 長距離馬をマイラーにしてしまう森厩舎にとって、この距離はどうなんでしょうか。 調教で時計は良いので、今回が 2,000m戦だったなら 評価をもう少し上げたところですが。
  12. アドマイヤフジ…C 競馬ブックによると まだ馬体が太いとのことですが、私には 判りませんでした。 調教としては 良く動けていると感じたし、いきなりでも それなりに走りそうな気配はしましたよ。 ただ、陣営側 自身が あまり走らせる気を見せていませんが。
  13. ウインジェネラーレ…d こういう巨漢馬は 国枝厩舎には合わないのかもしれない…などと思って見てました。 前走で走りっぷりの良化が窺えるので、休養の後遺症は 解消できたかと思います。あとは、巨漢を持て余すような面を どう解消できるか。 春~夏の陽気の暖かい時期になれば 走りも冴えてくるのかもしれませんね。
  14. トーセンシャナオー…d この馬なりに状態は良いんではないでしょうか。 ちょっとG1は敷居が高すぎるかもしれませんが。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/435-ffc786ea

ディープインパクト考察(おまけ)~彼を「最強馬」とは言いたくない

2006/12/28 00:09 ディープインパクト論

さ~て、私のディープ勝手論も、これで最後となるのでしょうか。 最後に 頭の中で(おり)のように残ったままの まだ記していない考えなどを書いてみます。 「考察」ていうよりかは、「稚拙な雑感」ですね


『ディープインパクト』の有馬記念で千秋楽となりました。 それは色々な意味での「予測通りの競馬」で、安堵と調和のフィナーレ。

ここでは過去のような「ディープの凄さ」を改めて綴ることは 止めておくことにして、 私が別に感じたこと 敢えてアンチディープ的な要素を書いてみることにします。

別次元の走りで 別の競馬をしていた馬

レース前半では、ゲートも難なく自然に出て、気負うことも無く 馬群を後方から追走し、 後半で武豊が「もう我慢しなくていいよ」と合図を送ると 馬ナリで馬群を交わして行く。 そして直線で「飛んだ」・・・・ この2006年の有馬記念は おそらく「武豊が最も理想としていたディープインパクトのレース」であったと思います。

でも、私は思いました。 最後まで「触れず、挑まず、邪魔をせず」のレースであったなと。 いつもの通り、ディープインパクトは 他の13頭とは 別のコースで競馬をしてきただけだったのですから。

彼は 日本の優しさ(甘さ)に包まれていた

凱旋門賞の敗戦を 「秋の一夜の悪夢」とか「忘れたい記憶」とか「あれは何かの間違い」とか、 そういう想いのファンは 多いのかもしれません。 ただ、私は今年の有馬記念を見た後、それは間違った認識ではないか?と思うようになりました。 あれは「たまたま不運にも負けた」わけではなくて、「ディープインパクトが負ける時 そのものであった」と。

ゴールを駆け抜ける時計を競う「競馬」では 無敵と言うほどのディープインパクト。

武豊が抑えを解いてからの快速は 別次元の走りを見せる馬に変貌し、 だからこそ、馬群を捲くって勝つという芸当で連戦連勝の馬でした。

若干のディープ狂である私は、「歴代最高の競走馬」と言う点は納得します

けれども、「ディープは最強馬」と言うのには ちょっと違和感を覚えるのです。 若干のディープ狂である私が「近年で歴代最高の競走馬」と言うのは納得できても、 「歴代最強馬」となると どこか違和感を覚えるのです。

ディープインパクトという馬は、 馬群に揉まれてみたり 馬群を割ったりして 勝利する馬ではなかったし、 叩き合いで競り勝つような強さでは ありませんでした。

言うまでも無く、「馬体を擦る 当てる」「包囲する」「外に追いやる」なんて熾烈な状況に出会わなかった。 涼しい顔して スイスイと追い抜いていって、疾風の如く スーッと駆け抜けて行ってしまう…

これは、当初からディープインパクト考察(1)で、 そういう不安定要素を防ぐ「大外捲くりの持つ安定性」として述べていた私なわけで、そういう馬だとは百も承知の助ではあります。

そんな中で「そんなディープインパクトをどうすれば負かせるのか?」ということを示したのが、 有馬記念ハーツクライを繰るクリフトフ=ルメールであり、あの凱旋門賞のファーブル厩舎です。

ルメールは、「ハーツクライの先行策」と採ることによって、ディープインパクトに無い利点(先行有利)を大いに活かし、(ディープに調子の問題が在ったにせよ)その差で競り勝ちました。

ファーブル厩舎は、「ディープインパクトの気性」という最大の懸念を シロッコによって揺さぶりかけ、 さらにハリケーンラン煽り(あおり)続けて 長い捲くり脚を浪費させてしまう・・・という念入りな作戦でした。(このあたりは『ディープインパクト凱旋門賞(3)ファーブル厩舎のカミカゼ作戦』『(4)幻惑の中の消耗戦』で書いてます)

ディープインパクトにとって、「馬と馬の戦い」「(しのぎ)を削るような戦い」を強いられたのは、あの凱旋門賞だけだったのかもしれません。 そのような包囲網の中の消耗戦で敗れたままで、再び いつもの「追い越し車線の追い越し競馬」のまま、海外で雪辱を期すことも無く、そのまま終わる…

それは「捲くりの安全性から 離れた展開で 勝利する姿が見られなかった」…というだけでなく、 「後方からの捲くりで無いと勝てない馬」という説を、凱旋門賞が示してしまったままで終わることであります。

また、「ディープインパクトが飛びぬけた能力」と「日本では 誰も悪役に成ろうとしなかった(居たとしてもルメールくらいか)」ゆえに、 それは「ライバルが存在しない」「勝たせてもらった」「最強馬論の候補の中では優遇されていた」という要素は否めないのであります。

これは競馬であるのだから、とにかくゴールに最先着すれば「勝ち」なわけで、 何も 鼻面を並べて叩きあいする必要も無いのですが。。

ただ 他の有力どころの陣営・騎手らに、戦う気概も無い 負かそうとする工夫も無い…(横山典とかルメールとかは 面白くしてくれたから、無いと言うのは言いすぎかな)。 それと「ディープ3冠達成の巨大な期待」、「凱旋門賞 薬物失格から失地回復、その引退の花道を願う巨大な期待」に包まれたディープインパクト。 (少なくとも 一人二人の騎手以外は 雁首そろえて)いつまで経っても 引き立て役さえ務まらないのですから、 ディープインパクトは 生暖かい甘い舞台ばかり与えられていた…といわれても致し方ありません。

そんな競馬が続くと、 「ディープの強さと同調して 勝利の官能に酔う」ことは楽しいと感じる人が多いとしても、 「ディープ競馬の予定調和なマンネリ競馬」に苦痛を感じた人も居ると思うのです。 私からすると、「ディープインパクト時代」の終盤は、冷静に双方が見えていました。

これでディープインパクトは競走馬を引退したわけですが、ほんとに寂しいですね。 それは 稀有な競走馬とリアルタイムに過ごしてきた2年間が終わるという 空虚感だけではありません。 ディープ信者にとっては、ディープインパクトが「最強馬としての一要素に欠落した証であり、そしてそれは(凱旋門賞のあと永遠に)覆す機会が与えられない」ことでもあります。(たとえ現役続行したとしても、凱旋門賞のこともあって、日本国内で 後方からの捲くりのスタイルは 不変のままでしょう)

ディープインパクトには、 素晴らしい走りを見せたレースは 幾つも有ったけれども、 素晴らしい名勝負で勝ったことは 一つも無かった …極論すれば この一言では無いでしょうか。 (ま、これは言い過ぎですが…)

私にとっては「ディープインパクトは 最強に非ず(あらず)、最高の馬であった」と。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(2)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/436-71af3914

〔非競馬〕でじこにょ&ココロドキドキ

2006/12/29 17:01 非競馬的日常

ココロドキドキ ちょいハマリ

先日、CDショップに行ったとき、『ココロドキドキ』をつい買ってしまいました。 『ココロドキドキ』
宮崎羽衣 2ndシングル

始めは 買って ちょっびっと損をしたかな?とか不安もしたけど、 何回か聞いてみると、ノリが良くて 心地良いし、 あのちょっと珍妙な「羽衣ちゃんボイス」が あちこちから飛び出してくるもんだから、 可笑しくなってきちゃって、ちょいハマリ状態です。

別にこれを買おうとして店に行ったわけではないのですけど、つい見つけちゃったんですね。 それで、宮崎羽衣さんのネットラジオを良く聴いているから CDの宣伝も随分と聞かされて 洗脳されてしまったせいか、ついつい買っちゃったんでしょうね。(笑)

今は、買って良かったと思ってますよん。(『ネコ耳だったら聞こえるの?』の方は 微妙かも…)

『すもももももも』
キャラクターソング集
そういえば『すもももももも』の(巳屋本 いろは)キャラソンでは、 一応はコブシ振り振りド演歌の歌(部分的に萌え的ですけど)だそうで。 これ、低音・演歌は初めてらしいのに、一発で一気に録ったらしいですけど、 ちゃんと演歌になっているから 凄い。声優さんて器用ですねぇ。

「姫様ご用心」
オープニング主題歌
百発百中とらぶるん♪
これの『カルーアミルクのお風呂に入りたい』も ペルシア調(?)の曲調がなかなか♪

コミックを処分して デジキャラDVDに替えてみた

年末で、しかも部屋がモノに溢れてきたので 漫画を20冊余りをBOOKOFFに売り払うことにしました。

今回は売れ行きの良さげな品物ばかりで、状態も完璧だったせいか、意外に高めに売れましたv(^^)

(「状態の良いものを売って頂いてありがとうございます」と言われて、20冊あまりで2400円余りになった。古本処分としては ちょっと良い方でないかい?)

今回の用事は それだけでなく、「期限切れが間近になっているポイント割引券を使い切る」のが、第2の目的。 あんまり買いたい本が見つからなかったので、適当にDVDを買うことに。

(すでにARIAのDVDを毎月購入している状態の私は)、DVDが中古でも数千円するので躊躇(ちゅうちょ)してしまうところ、それでも探せば安いものがあったりする。

『デ・ジ・キャラット』の半端モノ(vol.2とか そういう飛び番)が 安かった。 『デジキャラットにょ vol.6』の中身『デ★ジ★キャラット にょ』vol.6 それと『デ★ジ★キャラット にょ』vol.6は、付録込み(枕カバー・アイピロー他)で 1,250円だから、ちょっとオイシイ値段にょ★(さすがにでじこは ずいぶん年月が経っているからにょ~)

これで期限切れ間近の割引券を使い切り任務完了。(でも来月末期限の割引券がまた…)


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/437-c315f5c5

ブログあと一年を頑張ってみる

2006/12/30 14:00 運営メモ

「とにかく3年間 頑張ってみよう」とブログを始めて いよいよ2年が経ちます。 いよいよ来年が目標 最後の一年です。

皆さんには直接 関係ない内容ですが、自分なりの抱負みたいなものでも。

ん~、ここまでを振り返ると、「ちょっと痛い感じのブログ」だったなぁと思います。 高尚なブログに成りきれず、洗練もされておらず、かといって普通の競馬ファンの視点でも無かったような…。 でも、それはいいんです。始める前から「ちょっと痛いぐらいの方が やる意義も存在価値も出てくる」と思ってたから、 未必の故意ってやつですか。あ、ちがいますか。

格好の良い記事にしようとか無意識に無理な背伸びをしてしまうようで、カッコ悪くなっちゃってますね。 もうちょっと共感を得られるような視点で書けたらいいのになぁ…と いつも思います。

でも、限られた時間で何とか更新しようとしたせいか、 推敲作業無しで一気に長文を書くスタイルは マズいですね。 (実は 長文を書く時って、何者かに憑りつかれているように 一気に書いているんですよ。)

調教診断って感じの『調教通信』が ブログの軸ですね。 っていうか、今や 馬券よりも調教通信の方が 私の競馬の軸になっちゃってますね。

もし、この調教通信をブログで続けていなかったら、多分… 競馬を止めてました。 今、競馬雑誌を買ってみたり、競馬新聞を欠かさず買ったりしているのは、 自分の馬券のためではなくって調教通信のためのようなものです。

これって、競馬に飽きたのか、競馬がつまらなくなったのか、どっちなんでしょうね。

とにかく、あと一年 調教通信を頑張ってみるつもりです。 もっと研究勉強して 期待されるような精度の調教通信を目指します。

あと、、これからは、もうちょっと競馬オヤジ化した感じにしたいですねぇ。 「こらぁ、善臣ぃ~、なにやっとんじゃー」「四位のへたれー!」「八百長すなー!」って言い続けるブログとか そういうのやりたいんですけどね(笑)いまさら急には無理ですね。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(1)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/438-f45ae8b9

調教通信 通信簿(11月12日~12月24日)

2006/12/31 16:06 調教通信資料室

年末の分(11月12日以降)の調教通信の成績の検証です。これに題を付すとしたら「復活への道」って感じ?

秋のスランプを穿り(ほじくり)返すのは、 塞がり(ふさがり)つつある傷口の瘡蓋(かさぶた)を剥がすようで、 ちょっと痛いんですけど。でも、この検証期間あたりから復調の兆しが見えてきていますね。

ちょっと言い訳しておくと、 実際の調教通信では 調教の印象の良し悪しは そのまま素直に評価として、 その上で 騎手や性質なども付け加えて 馬券に繋がり(つながり)そうかどうかを書くようにしているので、 実質的には この数字よりは もうちょっとマトモに出来ているはずです…と何とか自己弁護してみた。

ただでさえ あまり多くないアクセス数のブログですが、数字が冴えなかったのは シビアに見ているのかなぁ。

11/12~12/24の検証結果

  • 単勝 69.7%:(130+170+1110+560+120)=2090
  • 複勝 66.7%:(180+110+100+320+390+200+180+190+330)=2000
  • 馬連 30.0%:(900)=900
  • ワイド40.3%:(460+420+330)=1210

う~む、こりゃ 何だかなぁ…。

11月12日~12月24日までの成績検証

エリザベス女王杯
シェルズレイ…(_9番人気)13着
アサヒライジング…(_5番人気)4着
ヤマニンベルメイユ…出走取消
[繰上げ]レクレドール…(12番人気)8着
マイルCS〔複:180〕
ダンスインザムード…(_3番人気)2着〔複:180〕
ニューベリー…(18番人気)16着
キンシャサノキセキ…(_5番人気)5着
ジャパンカップ〔単:130,複:110〕
メイショウサムソン…(_4番人気)6着
フサイチパンドラ…(_8番人気)5着
ディープインパクト…(_1番人気)1着〔単:130/複:110〕
ステーヤーズS〔単:170/複:100〕
アイポッパー…(_1番人気)1着〔単:170/複:100〕
シンハルカジョウ…(_9番人気)9着
メジロコルセア…(_8番人気)6着
阪神ジュベナイルF〔単:1,110/複:320/馬連:900/ワイド:420〕
アストンマーチャン…(_1番人気)2着〔複:110〕
メジロアダーラ…(15番人気)18着
ウオッカ…(_4番人気)1着〔単:1,110/複:210〕
朝日杯フューチュリティS〔複:390/ワイド:460〕
オースミダイドウ…(_1番人気)3着〔複:120〕
エーシンビーエル…(13番人気)11着
ローレルゲレイロ…(_7番人気)2着〔複:270〕
ひいらぎ賞〔単:560/複:200〕
サンエンタティナー…(10番人気)6着
カタマチボタン…(_2番人気)1着〔単:560/複:200〕
サドラーズアレグロ…(15番人気)16着
フェアリーS〔複:180〕
カノヤザクラ…(_3番人気)5着
ニシノマオ…(_2番人気)3着〔複:180〕
メジロアダーラ…(_9番人気)9着
中山大障害〔複:190〕
テレジェニック…(_6番人気)4着
ワンモアディネロ…(_8番人気)14着
アグネスハット…(_4番人気)3着〔複:190〕
有馬記念〔単:120/複:330/ワイド:330〕
ディープインパクト…(_1番人気)1着〔単:120,複:100〕
ダイワメジャー…(_3番人気)3着〔複:230〕
スイープトウショウ…(_5番人気)10着
(各レース3頭3点×10レース)

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/439-099eee22

2006年下半期 調教通信の収支検証

2006/12/31 16:09 調教通信資料室

続きまして、今年 下半期の全体検証です。

基本として、評価の上位3頭の 単勝・複勝・馬連BOX・ワイドBOXを(配当に関係なく)機械的に100円づつ購入したときの、券種ごとの収支結果です。(券種それぞれ3点づつとなる)

2006下半期 総合成績

  • 単勝:123.1%(16,620/13,500)
  • 複勝:83.7%(11,300/13,500)
  • 馬連:77.7%(10,260/13,200)
  • ワイド:103.9%(13,720/13,200)

う~ん、夏の確変モードと、秋のスランプとが、相殺したって感じですね。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/440-c39dd479

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。