調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

ITEM: 厩舎ミュー鑑

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

松田 国英 厩舎

2008/12/20 14:00 厩舎ミュー鑑 [松田国英 ダイワスカーレット ]

ダイワスカーレットが変えた 「壊し屋厩舎」のイメージ
(2008年12月20日)

かつて、キングカメハメハなどをクラシック戦線で賑わせながら、故障による早期引退が相次いだことで、壊し屋厩舎のようなイメージが残るこの厩舎。 栗東坂路をハードに追い切る そのスタイルが、この厩舎の一般的イメージである。

しかし、ダイワスカーレットの存在によって、この厩舎が調教で見せるスタイルは劇的に変化したように思う。 桜花賞以降の幾戦かの調教を診ていて、「仕上げ方に余裕が出てきた」「牝馬に手馴れた」印象を感じたことが 今でも強く記憶に残っている。

(今、手元に当時の調教データなどが無いので朧げ(おぼろげ)な記憶だけで書かざるを得ないことは ご勘弁を・・・。)

もしかしたら3歳初春までは 気性的問題(掛かり気味)なことで 不本意ながらの不完全仕上げであったのかもしれない。 しかし、不完全な仕上げのつもりが、GIでも連対を外さない安定した成績を残し続けたダイワスカーレット

その「完全には仕上げに行かない」 という その余裕具合が、結果として「牝馬にとっては 無事に安定的な成績を残す」という証明をするかのような戦績を残してきた。 師は 「牝馬(ダイワスカーレット)の調教法」に何か手応えと自信を得たのだろうか。 とにかく3歳夏以降の調教の印象を振り返ると、とにかく調教の行程に余裕があり、柔和な調教が主体となっているように思う。

(一般的イメージとしては)キングカメハメハを早期引退に追い込んだ壊し屋の厩舎。 それが、闘争心が強く 体質の弱い牝馬 ダイワスカーレットで、古馬になっても順調に戦線に生き残り 最高峰のGIでも戦績を残している・・・。 その現実そのものが、厩舎の旧来のイメージを覆す 変身・進化 を証明しているといっていいかもしれない。

今年の天皇賞・秋では、平成の名勝負の一つに挙げられるかもしれないほどのライバルウオッカとの激戦。

一部では あれこれを言われているかもしれないが、
闘争心の強い(能力も意欲も高い)牝馬が、休み明けで天皇賞を勝ち負けにまで戦える状態にしたこと それだけでも凄いこと
なのである。 調教でも 一つも一杯に追いきっていない。そして出走一ヶ月も前には 既に 長めの調教をこなしている。それを見ていると、あれが仕上がり不足とか、逆に仕上げ過ぎとか、私は今でも思うことはない。

例えば、加速性能も馬力も飛びぬけたスポーツカーで、 急発進し 強力な加速をして、そして目標の地点で 寸分の狂いも無く キッチリ止まるというのは 相当に困難であろう。 それと同じことで、休み明けの気性と仕上がりと調教のバランスの計り具合は、相当に技術が要るものだと思う。

このダイワスカーレットという牝馬を いきなりの休み明けで 天皇賞という超GI格のレース。 先頭意欲を強く見せながらも 、府中2000mをライバルの同厩馬に突付かれながらも、そこを暴走ギリギリを行ったり来たりの微妙な綱渡りに踏みとどまり、そのまま異様なハイペースで逃げ込み、 あれほどの名勝負を残す仕上がりにするというのは、 そこらへんの厩舎に出来るようなものではないと思う。 それを考えたら、他の些細な問題などは 目を瞑れる程度のものだろう。

ダイワスカーレットというカワイイ孫が、強面で厳格なお爺さんを変えた・・・」と表現したら 怒られるかもしれない、まぁ・・それはあくまで 私のイメージだけども。

かつてのようなクラシックで早々と実績を残す立場ではなく、天皇賞の後遺症と今後を考慮する立場となった現在。 今度の有馬記念では 本来は勝ち気の強い厩舎であっても、それを可愛い孫のダイワスカーレットが変えてしまう(勝負に行かない)かもしれない・・。


・・・ 続きを読む ・・・

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/221-a3cf816c

角居 勝彦 厩舎

2008/05/11 23:40 厩舎ミュー鑑 [角居 厩舎 ]

本気が見えてこない ヌエのような厩舎

(2008年5月11日)

この厩舎は ウオッカのようなG1馬を輩出するが、未だによく判らない厩舎である。 私が もともと「厩舎の調教パターン」という視点をあまり持たないタイプなので、 こういう「厩舎分析もの」は他の調教論者に任せたいところであるが、最近は アクセスが急増していることから 要求があるようなので、私なりの印象を率直にちょっとだけ書いてみます。

先に述べたように、この厩舎の調教は「藤澤型」と「松国型」に大別できる。 言い換えれば、「トラックコース併せ馬タイプ」と「坂路タイプ」で、とくに前者のものは調教診断泣かせの 「藤澤式ゆるゆる調教」で、気配が見えづらい。(1・だから 調教診断で 厩舎情報を頼って 無責任な調教診断が横行する元の厩舎でもある)(2・併せ馬で折り合いの勉強をさせるため、スローで行きたがる馬の様子を絶好気配と見誤る調教診断も良く見かける)。

それよりも 本当に悩ませるのは「のらりくらりヤラズ」で、いわば「馬を仕上げないで出走する」ことが 良くある。 これは「馬体に何かしら弱い部分を抱えている馬」とか「上がり目は無い高齢馬」で「ダメもとで出走」するとかだけども、馬を痛めつけるようなことをしたくないので、「(調教で)仕上げない」。

「ヤリヤラズ」はこの厩舎に限ったことではないが、凄いのは「平場だろうがG1だろうがスタンスが変わらない」という部分。以前に「(実戦を調教代わりにする新人厩舎らしくない)度胸がある」と書いたが、逆に言えば「重賞を軽く見ている」ことでもある。実に飄々とした調教師なのである。

ここは、そもそも「仕上げる」という概念が通用しないところがある気がする。 「調教」と「実戦」が渾然一体とした感じで、俗に言う「使いながら仕上げる」のだけども、 かといって「目標のレースにビッシリ仕上げて来る」という勝負気配が G1戦でさえ あんまし見せない事が良くある。 むしろ「そのうち仕上がるだろう」という成り行き行き当たりばったりのように見えるところがあり、 それは或る意味 凄いところである。

もちろん、この厩舎なりの仕上げ時はあるのだろうが、それは調教だけで簡単に判別するのは なかなか大変である。


噛み合わないウオッカ

(2008年5月11日)

この厩舎は「藤澤型」と「松国型」という極端な手法を並立させている面白い厩舎だが、 ちょっと理解に苦しむところがもっとある。

それは 若いころから牝馬を坂路で追いきらせるために、気性難で結果が出なくなるケースがある。 藤澤式を使えるのに、なぜ松国型にするのかが判らない。 本家の「松田国英」厩舎の方が、よっぽど牝馬に気遣った調教をしている。 これは何らかの計算(確率や賞金)が絡んでいるのかもしれない。

勝負時に、騎乗する騎手に坂路でびっちり追い切りさせるため、勝負で引っかかるようになる。 ウオッカは、結局 気性の問題が解決どころか悪化しているようにさえ見えるほどで、結果が出なくなってしまった。 たとえばウオッカは桜花賞までは CWで追いきられている。ダービーで坂路追い切りに切り替えているが、 そのダービーのあとは 期待を裏切り続けているといって良い。鞍上が「折り合いナルシスト」であったがゆえに、 「(折り合いを解消しない)調教」と「(折り合わなければ結果を出さない)騎乗」が、 そして「(切れ味強化の)調教」と「(切れ味重視で展開に注文が付くようになった)騎乗」が、 どこまでも平行線で噛み合わなくなってしまった。

ディアデラノビアなどは だいたいCWで追いきられており 安定した結果(そのほとんどが5着以内)も出しているが、 惨敗となった安田記念(14着)が坂路追い切りだったことも興味深いことである。 (因果関係が直結しないかもしれないが)

ドバイで武豊が騎乗し、先行策でそれなりの結果を出せた部分は、復活の光明が見えた感じがする。今後の注目点は「坂路追い切りを捨て、CW追い切りに変えるかどうか」であるような気もする。


豪華な師匠のもとで培った 度胸

(2005年12月8日21:50)

テイエムプリキュアと似た経験は、デルタブルースの菊花賞の調教を見てたとき以来かも。

あのときの角居厩舎の場合は、今回の五十嵐厩舎の件とは また別のパターンで、 「下級条件戦を調教代わりに勝ちぬけながら、菊花賞に仕上げを合わせてくる」という芸当に驚いたっけ。

そのときは角居厩舎という厩舎を知らなかったんだけど、「無名厩舎なのに(⇒ 当時の私は、角居厩舎を知らなかった。恐縮・・)G1に向けて こういうじっくりと狙い済ます芸当ができるなんて、ずいぶんと度胸がある厩舎だなぁ」と思っていたら、 藤澤厩舎や松田厩舎などで「G1を幾つも手にする一流厩舎」の助手をやっていた・・・とデルタブルースの菊花賞優勝後に知って、すんなり納得。

そういえば、ハットトリックなどの調教を見ていると、 いかにも藤澤厩舎っぽい「ゆるゆる調教」と、松国厩舎の「坂路調教」をミックスにしたようで、なかなか面白い。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(3)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/222-62284d3d

池江 泰郎 厩舎

2006/09/02 14:25 厩舎ミュー鑑

この厩舎と言えば、ディープインパクトである。

「もしディープインパクトが この厩舎で無かったら、今日のディープインパクトは無い」と言っても過言ではない。

この厩舎だからこそ、引っかかる気性としっかり向き合い、武豊という素晴らしい相棒を引き込み、クラシック3冠の本道に挑んだ。 一部で存在に疑問を抱かれている「春の天皇賞」にも出走し、ディープインパクトという馬を最高度の形で 優勝。 そうして、歴史上 見栄えのする経歴(クラシック3冠+春の天皇賞のストレート制覇)を築いた。

考えてもみよう、これが藤沢和雄厩舎だったら、これが松田国英厩舎だったら、これが森秀行厩舎だったら、、、? 私は「もし他の厩舎に入っていたら、絶対に 今ほどの馬には成り得なかった」と思う。

ディープにとって最高に合う厩舎に入れたこと、ここからして既に 運命的な幸運を持っていたと言って良い。


この厩舎は、なんとなく「馬に合わせる」ということが上手だと感じる。よく言う「馬本位」という感じ。 (「馬優先主義」という「ファン無視」というニュアンスが含んだ言葉をこの厩舎には使う気がしない。)

だから、一見 無理使いのように見える 連闘や中一週などでも結果を出すことも多い。

トラックコース主体のイメージがあったが、調べてみると 結構 坂路調教も行なっている。坂路調教は仕上げを進めるためか。

休み明けは、無理に仕上げるわけでもなく、かといって いい加減な形で出走することも 、あんまり見られない気がする。 休み明けでも走るし、走らなければ 次走で結果を出すように感じている。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(4)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/378-d3632c0d

森 秀行 厩舎

2006/09/02 13:54 厩舎ミュー鑑

商売上手の経営者(Sep.02,2006)

師の著書で書かれている通りの「経営者」ぶりである。

とにかく「確率的に走る」という高額馬を入厩させ、稼げるれーすなら地方中央ところ構わず 出走させ 走らせる。(地方出走枠荒らしとして一部で不満も )

最近になって、別の商売ぶりを見たので書いておく。それは「サマー2000シリーズ」のスウィフトカレントの新潟記念である。

休み明けでビッシリ仕上げて 一つ優勝し、シリーズ最後の新潟記念では 掲示板狙いの甘い仕上げ。調教を診たときに「なんで?」と思ったが、新潟記念優勝よりも、「シリーズ総合優勝賞金」と「秋のG1戦線(への余裕残し)」との「二兎を得る」との目論見であった様子。

そういう意味で、馬主には手厚いが、この どこまでも打算的なところは ファンには好まれない厩舎かもしれない。

坂路一本主義(Dec.08,2005)

戸山為夫厩舎の弟子にあたるものの、師は故障覚悟?の坂路複数追いに対し、こちらは坂路1本主義という厩舎。 「基礎運動をしっかりやっておけば、坂路は一本で充分」ということらしい。

でも週に3~4日の坂路追いをこなしたり、 何となく 微妙に言ってることと、やってることが、違う気がしないわけでもないかも。

確かに馬の故障などは少ないのかもしれない。その意味で馬を大切にしているということか?

ただ、この厩舎の場合、調教が単純理念のためか、稼ぎ頭の馬のタイプが、偏りが出ている気がする。 大型で、パワータイプのダート馬か、短距離馬。芝G1で活躍するのを見てない気がする。

私にしてみると、菊花賞馬のエアシャカールが この厩舎だったことは、いまだに謎であったりする。 当時、私は競馬とは絶縁状態であったため、当時の調教資料などが手元に無く、菊花賞優勝の謎も調べようも無いんだけど。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/223-8c9137e0

藤澤 和雄 厩舎

2006/09/02 13:43 厩舎ミュー鑑

ゆるゆる調教の弊害 (Sep.02,2006)

藤沢和雄厩舎は、「馬なりの併せ馬」を主体とし、「冷静に戦う スマートな馬」を目指している(と感じる)。

それにより 引っかかる癖馬 は少ないし、流れに乗れたときの強さが特徴に感じる。有馬記念のシンボリクリスエスは この厩舎の「ゆるゆる調教」の最高形の姿ではないだろうか。

ただ、逆に言えば「あと一つの勝負脆さ」を感じることが よく見られる。とくに「切れ味」「差し脚」は、ダラッとしていたりしていて、これは 最近になって目立つような気はする。

ただ、騎手の方が、この厩舎の馬の特性を判っていないのも、大問題ともいえる。切れ味や奇襲で勝負するよりは、積極的に前目に取り付かないと。デザーモも横山典も、そこが判っていないからダメ出しされる。先手を取ろうとする公営騎手が師に好まれるのは、この辺にも理由が有るように思う。

「ゆるゆる調教」は、ただ「ゆるゆる」と調教をやるだけではない。これではスピードが覚醒しないため、芝コースで追ったり(藤沢厩舎の特徴)、「使いながら実戦でスピードを付ける」ことで完成する。逆に言えば、間違えると「ピリッとしない脚」の馬になる。

「馬を怒らせる」ような気性には しない分、「怒らずとも 勝負に燃える」という難しいことを要求されていることも原因にある。これも馬にどうやって競馬を教えるのか、その技術が必要なのかも。

ここ一番の勝負で取りこぼすのは、この「スピードの覚醒」を施す手腕を持っている調教スタッフが抜けたのが原因じゃないかと 推測している。

調教革命 ゆるゆる調教 (Dec.08,2005)

一部では、日本競馬の管理・調教に革命を起こした主と言われる人の厩舎。

ここから広まったのか「ゆるい調教」。 調教を時計で見る人にとっては、厄介なことを始めたと文句も出よう(笑)。

トレセンでは本来 禁止されている(と どこかで読んだ)3頭併せという調教法も、有名。 基本は、「自然に走る気にさせる」「他馬と併走することに慣れさせる」「馬を調教でいじめない」という感じがする。

牝馬連闘でG1を獲ってみたり、有馬記念だけで見せる 究極ウラ技の仕上げなど、なかなか一筋縄では理解できない技を持つ。 けれど、そういう極端なことで結果を出すあたり、調教を学びたい私にとっては、非常に貴重な研究例を生み出してくれる。

でも、基本的な部分は、ごく当然のことをしっかりやっている厩舎でもあると思う。。 だからこそ、新馬戦の信頼性が高い(新馬戦10連勝という快挙も為した)。

トラックコースを主体で、坂路調教に依存しすぎない、芝調教もこなす・・・という点は、あまり注目されていないが、 その意味・価値が理解される時がいずれ来るように思う。 (かつては、故障になりやすいと敬遠された芝追いだが、ここ最近、芝調教が見直されている感じがする。)

ただ、今年に入って、ちょっと調教に違和感を感じることがある。 もっというと、追い切りの加減などで、弱すぎたりすることがあって、人気を裏切ってみたり、 また途中の調教不足の帳尻あわせなのか、この厩舎らしくない時計(他の厩舎では珍しくない追い切り時計)を出して凡走したり、 ちょっとしたスランプなんでしょうか。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(3)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/220-c42ce9c8

←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。