調教帰りの逍遥馬道で

調教から競馬を見ていますRSS

にほんブログ村 競馬ブログ
ランキング投票ボタン http://meuple.blog3.fc2.com/

QRコード

QRコード

NOTICE

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
《Trackback(-)》 【Comment(-)】 Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/

2014年 凱旋門賞のちょっと感想

2014/10/07 02:57 競馬回顧 [凱旋門賞 競馬回顧 ]

凱旋門賞をちゃんと見たのはディープインパクト以来でした。

Twitterでは、いつもは一切 競馬ネタは書いていないんだけど、凱旋門賞のときだけ書いてました。

せっかくなんで、ここに転載します。

凱旋門賞を見るのは、ディープインパクト以来かも。…福永に川田に横山って、、、鞍上がアテにならない騎手ばかりじゃないか。馬の力で勝つしかないなぁ。

フォルスストレートも重要だけど、その直前の下り坂の様子が 見どころかもな。

ハープスターもゴールドシップも、ツラいなあ。レイルリンクのイメージが強すぎなんだよ。世界的レースで大外はキツイわな。福永は普通の騎乗ってか、位置取りが悪い気はする。

福永は8~9馬身も後ろにいて、何がやりたかったんだ?他の日本馬2頭が差し追い込みで最後方なのに。あの騎乗は頭を使ってない、ただの基本騎乗。3頭出しの意味が無いよね。

福永はただの公務員騎乗、20頭出しの欧州の馬場で、後ろからそうそう容易く抜けだせると思ってたんだろうか。ただでさえマークされてる馬なのに。だから、平場は勝てても、ダービーが勝てない騎手。

ポツン後方の大外回しは話にならないってか、ノリはあまりにも一発性を狙い過ぎ。棚ボタ狙い競馬。ま、この人馬じゃ、やる前から判ってたことだけど。

ハープスターはなぁ、、、良い脚見せているのに、もったいない。鞍上はもっと頭を使うべきだったと思う。

#凱旋門賞 ・・というわけで、ま、想像通りの競馬だったね、悪い意味で。 休み明け2400mとか、自分で競馬が作れない騎手とか、熾烈なレースで不利すぎるわ。

あと、付け足してくと、ジャスタウェイ は休み明けだからとか距離不安とか言われてるけど、 今回は それ以前の問題です。(それらもそれなりに問題だけどさ・・・)

基本、福永は仕掛が単調で他人任せ、 長距離戦の馬 とか 休み明けの馬 とかの仕掛け方が判ってないと思う。 それと坂路調教でビシバシやられてる馬でマイルを走る馬と、凱旋門賞の馬とでは、違うんですよ、馬が。 あいつは、馬を自動車と同じ感覚なんだよ。いつでも「アクセルを踏めば ニトロジェットが吹く」程度の認識としか思えない。競馬はPSのゲームじゃないんだよ。

インベタ後方で、休み明けの馬に、末脚一手を、勝負勘も根性も無いおぼっちゃん騎手が勝負できるわけがない。

言うまでも無く、横ノリの乗り方も問題ある。というか、もうこいつは老害の域です。騎乗論の問題ではないので、語る気にもなりません。

川田は 、ああ、今のままじゃダメです。この敗戦を自分の失敗と認めるならば、それなりに未来がある。 けれど、「自分なりの競馬をしました、悔いはありません キリッ!」なら、永遠に「ただのJRA騎手」です。 ただのJRA騎手ってのは、ヨシトミとかユーイチみたいなやつね。それで良いってなら、それで良いでしょうけど。 お金 稼げるしね。

たぶん、池添とか 岩田とか、そういう狙いに行く騎手の方が向いているよね。

まぁ、今回、最大の問題は、「日本の騎手は ド下手くそ」と欧州に宣伝してしまったことでしょうなぁ。 馬と運営が世界レベルでも、騎手が腐ってます。そこらへん、JRAもそろそろ本気で考えてね。

凱旋門賞を勝つときがあるとすれば、そのためには、 こういう世界の一発に勝てる度胸と運を持ってる騎手が きっとJRAの中に居ると思うから、 そういう素質を開花させてあげる機会を与えて欲しいね。

それは、ただ リーディングだとか、騎乗数とかで評価するのではなく、 その人間の特質、それは才能とか天賦って言ってもいい。

何かの巡り合わせで そいつが騎乗するようなことになったとき、そして 優れた馬と出会ったとき、それが凱旋門賞に挑むとき、そこで初めて勝機が訪れるような気がしてる。

スポンサーサイト

↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/836-b2eba66a

生存報告:超お久しぶりです

2014/07/28 00:49 運営メモ

お久しぶりです。みぷるです。

あれから、色々ありまして、競馬と関わらない状態になってしまいました。

どこから 何を話せばいいのやら、判りませんが・・・。

競馬の世界も、それなりに時代の変化もあるようですね。有り得ないと冷笑されていた馬券の課税問題まで私の危惧通りに現実になりつつまります。

さて取りあえず、書くことが無いのです。

春夏の競馬シーズンも終わり、こんな静かな時期なら、ちょっと顔を出してみようかと思っただけで。

そこで、実にツマラナイ話なのですが、ケジメとして、競馬と距離が出来てしまった理由でも綴っておきますか。

そもそも私は、調教(診断)というものを、徹底的に追及してみよう、他が追従できないほど専門的に、そういう世界を伝えよう・・・と考え、このブログを綴ってきました。

ただ、数年間 続けてみても、あまり反応が無くて、 これが果たして 需要があるのだろうか?という不安を抱いておりました。

・・・JRAの中には、真面目に改革に取り組もうとする方は居るとは思います。

というのも、厩舎のメリット制の撤廃、新人騎手の限定レース、無気力騎乗への制裁、競馬の広告の質向上、そういうことに取り組んでいるな・・と感じたからです。

しかし、一方、競馬の面白さを生むような、競馬の魅力を阻害している部分に切り込むような、そういう改革がなかなか行われない・・のも事実。

そんな競馬会にファンの立場から意見を言える立場があるとすれば、競馬雑誌・競馬マスコミです。

しかし、競馬雑誌に失望しましたね。どの雑誌なのか名は伏せておきますが、一縷の望みであった競馬雑誌に失望したのです。これがトドメのキッカケになりました。

ただでさえ、中央競馬会に批判的なことは なかなか語ろうとしない。何か問題があっても、批判しない。しかも騎乗批判はやめようと来た。何なの、こんな編集方針で、競馬が良くなるのか?・・・と疑問は持っていた。

そこに、とうとう、質の良くない馬券ライターを採用するようになった。 特にレベルの高い話でもない、読むに値しない馬券作戦の理論でお茶を濁すようになったのか。

日本の競馬を良くするためにも、そして競馬の人気が復興するためにも、 私は、競馬マスコミの質の向上は必須だと考えています。それには騎乗や調教に批評が出来る自由さと高い見識が必要です。遊びはあっていいし、下らないネタもあっていい。けれど、競馬村の太鼓持ちは要らん。

そもそも良し悪しが判らない 良し悪し語れないヤツに、競馬を良くすることなんか、出来るわけないじゃないか・と思うのですが。競馬会が悪い悪いと私は言ってきたけど、競馬の現状や競走に諫言できるぐらいの競馬観も持ち合わせない人たちが競馬を語っている媒体も悪い。そのために、ファンも競馬を見る見識も育たないわけです。競馬の見方も育たないから、面白さも判らないし、競馬がどうなればいいのかという考えの手段も持てない。

そんでもって、私は いつのまにか、競馬に文句ばっかり言ってて・・。これじゃ、ほんとに競馬が好きなのかどうか、見ている人も書いている本人も判らない状態みたいになっちゃって。

・・・とまぁ、そんな競馬の現状と付き合うのに、私はちょっと疲れたのです。 それに、何かと忙しくなって、週末を競馬に没頭することも 難しいようにもなってしまいました。

でも、そのうち、ちょっとだけかもしれないけど、競馬のことを綴ってみようかな・・とか思っています。

それでは、また・・・。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/835-e0dcad29

PAT維持の? 有馬記念の馬券

2012/12/23 07:35 競馬雑記

とても久しぶりの更新です。 今年は個人的に多忙なこともあって、このブログの2012年 後半仮死状態でした。 すみません。

気が付けば、有馬記念の前夜でございました。 調教分析どころか予想さえ ままなりません。

2012有馬記念の馬券

PATの維持もかねて、有馬記念は適当に馬券を買っておきました。

競馬界も今年 色々とあったようですね。 私は まだ 競馬を捨てたわけではありませんよ。

ただ、JRAさん、本当にここらへんで、本気で 頑張らないと、日本から競馬が無くなっちゃいますからね。 アリバイ的に有馬記念の馬券 買うけどさ。 先人が苦労して築いた 日本競馬の立ち位置や隆盛を 食いつぶさないようにね。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(2)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/834-1820cb71

〔東京優駿〕反省会~騎手の脳力と能力

2012/05/28 23:33 競馬雑記

更新が遅いわ、大して当たらないわ・・で、恐縮な思いでございます。 さて、今回は 難しい理屈ではなく、競馬オヤジ的に好き勝手な言い草を書かせてもらいます。

さて、優勝したのはディープブリランテですね。

まず、「元気一杯に稽古を走る馬は、実力と共に気力で走る」という基本的なこと。 これは調教を診る基本だと思う。私は 色々考えすぎたかもしれない。

騎手が馬を手の内に入れれば、折り合いは付くし、折り合いが付けば マイルもマイル半も大差ないのである。

そこでやはり、騎手の腕も大事なのだと改めて思う。 今回のダービーだけではない、今年のGI戦で 幾度も感じていることも含めて。

「折り合い」とは本来、馬と意思疎通が出来ている事を指す言葉で、 「喧嘩してまで抑えることを差す」のではないのに、 いつしか 折り合いを付けられずに ブレーキを強引に掛ける馬鹿騎手の目立つけれども。

岩田騎手は、騎乗停止の間、この馬の稽古を志願して付けていたと聞いた。 人馬一体になれたのは、このことも大きいだろうと思う。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/833-34bf9e14

【東京優駿(日本ダービー)】調教通信2012 (外枠編)

2012/05/27 15:18 調教診断通信 [ダービー 調教診断 トーセンホマレボシ グランデッツァ ]
  1. クラレント(指数 (90))
    中2週で 通常の調教で、とくに変化などは無さそう。 前走の指数が 90で、今走は86 ですが、中2週で この程度の上下動は 容認の範囲です。 (△)
  2. トーセンホマレボシ(指数 90)
    前走よりも 追い切り時計を詰めていて、良化気配なのでしょう。(○)
  3. ブライトライン(指数 84~90)
    指数が曖昧なのは この馬が実は 距離が長い方が得意な馬なのかもしれません。 切れ味ではなく、ジワジワ伸びるタイプ。2400m戦で先行好位策が出来れば、面白い存在。 なんか気の悪さがありそうで、伸び伸びとした走らせ方で良いタイプか。(△)
  4. モンストール(指数 (88))
    中2週の追い切りとして時計はこれでも良いのですが、 元来 走りやすいポリトラックで、追っ付けながらの時計としては、ちょっと心配な感じもあります。 疲労残りや調教不足などがあったのかも。(△)
  5. グランデッツァ(指数 91)
    追い切りの時計はいまいち不満ではありますが、これは実戦練習かもしれません。 一週前調教は それなりに評価できるものです。少し走り方が雑な印象もありました。 道中の折り合いの状況は映像では判りませんでしたが、重め残りや入れ込みなどの点検はしておいた方が良いでしょう。 (△)
  6. アルフレード(指数 86-92?)
    追い切りの馬ナリでの好時計は良いです。 ただ、却って 馬ナリでそこまでの時計が出ることで 折り合い面の不安と、 調教量が少し甘い点が気になります。(△)

≪通信後記≫

出走 30分前、大変、遅くなり申し訳ありません。 パソコンの調子が悪いこともあって、正直、後半は 少し 手抜き気味になり曖昧になってます。

ワールドエーストーセンホマレボシが併せ馬してますが、 ワールドエースとの併せ馬で、こちらの方が攻め役の手応えは良さげには見えます。

これは、出来の良し悪しというよりも、ワールドエースが実戦から間隔があった上に、 調教で3F以上 速いラップで走っていなかったことによることで、馬が走るのを嫌がった面があるのかなぁと思いました。

ただ、確かに 出来の良し悪しが 手応えに表れている可能性は否定しません。 調教を診る、そしてそれを比較して 良し悪しを格付けするってのは、難しいものですからね。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/832-609e26e3

【東京優駿(日本ダービー)】調教通信2012 (中枠編)

2012/05/27 12:32 調教診断通信 [ダービー 調教診断 エタンダール ワールドエース ]
  1. コスモオオゾラ(指数 89)
    第一印象が 綺麗に走っているなぁという素朴なもの (私が眠気に襲われていて 頭が動いていないせいもあるかもしれないが・・・)。 中5週で この調教過程ということは、外場で仕上げてきたのでしょうか。 とくに語るようなものは無いのですが、良い印象です。 調教指数も勝負圏間際ですね。(○)
  2. ワールドエース(指数 91)
    当週追い切りのCWコース7F調教は良いのですが、どうせなら もうちょっと工夫が欲しかったところ。 ただ、高い能力を調教で出していますし、とくに問題点のようなものは見当たらなかったです。(○)
  3. エタンダール(指数 94)
    併せ相手を抜き去ったあとでも 気を抜かないようにと稽古していますね。 確かに稽古駆けする馬ということはあるかもしれませんが、私としては好調教という印象を持っています。 調教指数が異様で、算出方法に何らかの欠点がある可能性がありますが、これが正しければ 指数94は 非常に高い値です。 (○)
  4. ディープブリランテ(指数 88)
    坂道を元気一杯 ガムシャラに走ってて、思わず笑ってしまいますね。 首をバタバタ動かしているので、これ、距離伸びたら 下手に疲れちゃうんじゃないか?と心配にもなります。 確かに こういう性格だと、折り合い面でも課題があるのでしょうね。 そこは騎手の腕次第かと。(△)
  5. フェノーメノ(指数 88(~92))
    前走よりか調教時計は良化しているのだけど、中身がそこまで伴ってないと思う。 併せ相手を交わしてから 走りが緩みすぎた印象。 幾分かの良化はあるが、数字ほどのものでは無いという見方。(△)
  6. ト リ ッ プ(指数 84)
    攻め役の上体の大きい動きの方が気になってしまうところですが、馬の動きも大きいですね。 時計が速くない調教ですが、気性がズブくなっているのか、稽古だと馬が加減しているのでしょうか。 長距離戦適性の高い先行馬にあるパターンに似ていますので、悪くは無いかも。 要するに、よく判りません・・ということです。(^^;

≪通信後記≫

18頭も調教診るのは久しぶりなので、時間が掛かってます。 時間が掛かるので、食事を挟んだり、お菓子タイムを挟んだりで、 さらに延び延びとなってます。

ただ、遅れているのは それだけじゃなくて、 人気の盲点になっている馬が好調教だったりすると、 正直 あんまり公表したくない気持ちもあったり・・・(^^;)


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/831-edb6bed2

【東京優駿(日本ダービー)】調教通信2012 (内枠編)

2012/05/27 09:07 調教診断通信 [ダービー 調教診断 ヒストリカル ]
  1. スピルバーグ(指数 84)
    映像では一見 伸びが良いように見えるけども、併せ相手のレベルが低い気がします。 中間では 厳しく追うところも あまり無いので、あまり良い印象は持てません。 運動量をこなしているので悪くはないのでしょうが、調教の観点からは 材料に乏しいところ。(〓)
  2. ヒストリカル(指数 91)
    休養明けですが仕上がりは良い方だと思います。 華奢な馬で タッタカ・タッタカ という感じの走りで、軽快でした。 課題は 輸送後の馬体の状態で、「前走のガタイ減り~今走の再仕上げからの輸送」の結果は、当日の馬体確認が必要でしょう。 この時期はクラッシックの出走が度重なり、成長する余裕がないのでしょうね。(○)
  3. ゼ ロ ス(指数 86)
    前走には指数 90が出ているので、今回 もうちょっと 時計なり距離なり 調教で攻めた方が良かったように思います。 気性の問題を抱えているので 攻めきれないというのはあるのでしょうけども、それなら調教の組み立てに もう少し知恵を使うべきかな。(△)
  4. ジャスタウェイ(指数 (88))
    正直、私は馬体が見れないのでハッキリとは言えませんが、走法や集中力がまた固まっていない印象。 これで芝の中長距離が走れるのか、ちょっと疑問もあります(馬場が荒れるなどすれば別ですが)。 前走から一叩きでの上積みは見込めそうですが、調教での強調材料には乏しい感じ。(〓)
  5. ベールドインパクト(指数 (86))
    使い詰めで中間も余裕が無いので、緩い時計で折り合いや勝負を学ぶ調教ぐらいしかできないですね。 それでも調教量は消化してますし、抑えながらも終いに11秒台を出せているのですから、 調子は維持していると思います。(○)
  6. ゴールドシップ(指数 86)
    大型の葦毛馬で、跳びも大きく ダイナミック。 ただ、調教の消化量は豊富でも、調教過程の進行に ちょっと遅れを感じます。 指数も本来より低く、一週前調教では 映像ほど 馬には余裕が無かったのかもしれません。 仕上がりが良くないというわけでは無いですが、仕上げが間に合ったかどうか?・・・という不確実な感じ。 (○~△)

≪通信後記≫

かつて関係者にとって 出走に漕ぎ着けただけでも幸運と言われたくらいの 生産者の甲子園 日本ダービー。 このときぐらいは 出走祝いの意味でも 全ての出走馬の調教を見て綴っておこうと思っています。

でも、ここって 競馬サイトの中では、おそらく 最も発信の遅い 調教診断 ですよね。。。。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/830-59a78812

【優駿牝馬】調教通信 2012

2012/05/20 11:43 調教診断通信 [調教診断 オークス 優駿牝馬 ヴィルシーナ ミッドサマーフェア ハナズゴール ]

例によって あまり見れていませんけども、 新聞の予想印の上位馬の調教だけでも診てみました。 (12:15 ハナズゴール 追加)

アイムユアーズ・・・(調教指数 86:評価 並) 緩い併せ馬でもペースを保てており、距離的な不安は感じない。 ただ、能力的に掲示板クラスなので、最内枠と騎手の機転次第か。

ミッドサマーフェア・・・(調教指数 91:評価 良) 調教で示している能力としては ウオッカ・ブエナビスタ 級と言える。 ただ、前走で仕上げていることや今走の距離を考えると、今回の追い切りは ハード過ぎると思うので、 馬体重の減り方の点検と、イレこみや気力減退が無いか 点検が必要だろう。 つまり俗に言う 「勝負仕上げ」ということになるが、今回の場合 副作用の危険性は低くないので注意。 最高評価ではなく 良評価としているのは、そこが理由。

ヴィルシーナ・・・(調教指数 (88): 評価 良) 中5週で 緩めの調教は いささか不安になるところはあるが、 430kg台の馬格ということと、調教量をしっかりこなしていることから、中長距離戦としてなら これで良い。 この場合、消極的な騎乗をしたら 負けるので、先行好位から早めに突き放す競馬をして欲しいところ。

ジェンティルドンナ・・・(調教指数 90:評価 良-) 力強さとしては 高いものがあるのでしょうが、2400m戦の調教という感じでは無いんですよね。 道中で脚を溜めて末脚勝負という展開に嵌れば 勝負圏に加わると思うけども(というかJRA騎手お得意の日和見スローペースになる確率は高いのだけど)、 多頭数外枠で末脚勝負の馬で乗り替わりの騎手だと、大外を周ることになりそうなことも。 評価は ギリギリの良で、調教構成などの点で ネガティブの付加評価。

トーセンベニザクラ・・・(調教指数 84?: 評価 疑) 前走 なぜ あんな厳しい追い切りをしたのか、まだ理由を聞いてもいないが、理解も出来ない。 あれでは馬体重を減らして 馬がイライラするのは 当然 考えられることなのに、そういうミスをしていた厩舎。 おそらく外厩(育成)で仕上げてもらってきているようで、動きは悪くないと思う。 ただ、今度は調教の数量が却って少なすぎると感じるし、これなら馬体は維持できるだろうけど、調教はしっかりやっておかないと 2400mは厳しくなる。 調教の評価うんぬんというより、陣営を含めて あんまり信用しにくい感じ。

メイショウスザンナ・・・(調教指数 86:評価 並) 調教量は豊富で距離適性の不安は無いが、もう少し ポテンシャルを引き上げるように 1秒くらい強くした方が良かったと思う。 中長距離戦として 間違って居ないのだけど、これだと 先行馬としてのペース対応力も 差し馬としての切れ味も、中途半端になっているような印象。 自分のペースで走れれば能力発揮できても、ペースが荒れたときに 馬が付いていけなくなる脆さが残っている。


(12:15 追加)

ハナズゴール・・・(調教指数 90:評価 良) 前走は馬体立て直しと仕上げの両立が出来ていなかったことが敗因だと思われる。 420kg未満の馬格で中1週のGI戦というのは、本来は 有り得ない選択という考え方もあるが、 調教は理に適った内容であり、また能力の片鱗も見受けられた。 ただ、私見勝手で言わせて貰えば、 前走までの坂路調教というのは悪く無いのだが、ここでは美浦Wの12秒~12秒5くらいのトラック調教の方が良かったと思う。小型の牝馬で距離延長の強行連戦なのだから、いまさら急に切れ強化の調教よりかは、体調充実化と距離対応性に重点を置くべき局面だと私は思う。 以上のような脆さを孕む不満はあるが、良評価としてみた。


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/829-e9299c91

〔天皇賞・春〕孤立のオルフェーヴル(2)

2012/05/05 12:37 「競走馬」個論 [オルフェーヴル 天皇賞 調教再審査 ]

さて、オルフェーヴルは、春の天皇賞に向けて どのような調教を消化してきたのか。 そこについて 述べたいと思います。 ただ、調教に不慣れな方にも 判ってもらえるようにしたいので、或る意味 言及するのは限られた範囲になります。

調教とは(自称?プロでも 人により見方はマチマチで 理解能力も ピンキリあるぐらい) 判断が難しい世界でありますし、 ましてや現場に行った訳でもないので、一ファンの妄想虚言ではあるのですが、そこを敢えて書いていきます。

そもそも 関係者や競馬記者にさえ、調教が判ってないような人も普通に居るぐらいですし、 たとえ 判っていても 厩舎村の人間が公に話したり著したりすることは、まず あり得ないのです。 ならば、知ったかぶりのファンが 過ち覚悟で仮説を述べるしかないのです。

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/827-35959850

〔天皇賞・春〕 孤立のオルフェーヴル(1)

2012/05/02 16:53 「競走馬」個論 [オルフェーヴル 天皇賞 阪神大賞典 ]

圧倒的1番人気で 今回のレースの主人公であった オルフェーヴル。 それが 惜敗でもなければ、足下を掬われたわけでもなく、 それは自滅といっていい負け方でした。

私が感じたことは、 「あの乗り方には異議あり」「こんな調整は問題あり」・・・という ふたつのこと。

すなわち「騎乗の失敗」と「調整の失敗」です。 それは オルフェーヴルにとっては、[実力でない部分で大きな不利を負った]という 悔しい限りのレースだったことでしょう。

今回、普通に回顧を書こうとしたら、すんごい長文になりそうなので、 ひとまず 天皇賞の前哨戦 阪神大賞典 の部分で 一括りしました。

おそらく この天皇賞の惨敗に関して、きっと このブログを気になった方もいらっしゃることと思います。 そこで私の考えている範囲で 好きに書いてみることにしました。

(19時 一部修正)

・・・ 続きを読む ・・・


↑「拍手」が励みになりますので、よかったらお願いします m(_ _)m
Trackback(0)》 【Comment(0)Trackback URL http://meuple.blog3.fc2.com/tb.php/826-bef5677d
←Index Page ↑Page Head↑ * Page Bottom *

VOTE

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ blogram投票ボタン

WORD SEACHER

RECENT ENTRIES

「馬」グッズを探すなら▼
調教帰りの逍遥馬道で
「馬」グッズを探してみる
・・・のページへ

BOOKMARKS

RELICS OF MEUPLE

PROFILE

ミュープル

  • このブログの運営人は、「調教で馬の調子が判る気になれる」という特異な能力(?)を武器にした(痛い)執筆活動をしています。


COMMENTS

CATEGORY

MIPUL's WORDS

弁解の
うまい人間
はずれっぷりの
いい人間

TRACKBACKS

LINKS


Powered By FC2ブログ

ARCHIVES

記事 全項目表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。